2017.11.07 (火)

ビックリのギフト

こういのに、非常に弱い。
昨日、郵便受けを開けたら、小さなパッケージ。
なんだろう?
日本からお願いしているものは、もっと大きいはず。
と開けてみたら!!NONママからの素敵なギフト。

CIMG1167.jpg


おおーーー、エコクリーナー。
以前いただいたものは、可愛くて使えないと言いつつ、余りにも汚れを落とすので、キッチンのあちこち、バスルームに常設となった。

水だけで、汚れが落ちるのだから、安全であるし。。。

その優れものの新作を送ってくださったのだ。
感謝感激、雨あられ!

新作はすいかー。
CIMG1168.jpg CIMG1169.jpg

ポケットになっているから、手が入るのよー。
便利だねー。
素晴らしいアイデア。

サンクスギビングに先日未亡人になってしまった友人をデイナーに招待しているので、彼女に見せてあげよう。
日本では、こんなに可愛い優れものを愛を一杯盛り込んで編んでくれる方がいるのよ。と一つだけ、分けてあげたい。

きっと、大喜びするはずだ。

ありがとう、ありがとう。

この小さなパッケージは、オバはんを驚かせ、幸せな気持ちにしてくれました。
オバはんも。。。何かビックリさせちゃうことを考えよう!
 
2017.11.06 (月)

やれやれ😥

さてと、もうすぐサンクスギビングで終わるとすぐにクリスマス。
あっという間に今年も終わる。
ギフトショーは、お客さんたちがユニークなギフトを探しに来るのだ。
おばはんも、昨日の晩から、今年は何を配るか考えていた。

スマホケースは間に合わないな。
何しろ、JPAPAのオフィスの女性たちが10人。
Dr.Johnsonのオフィスのナースたちが10人。
Dr。Wyattのオフィスのナースたちが10人。
歯医者さんは受付の女性が2人にハイジーニストが1人
そのほか、友人たちもいるしなあ。。。

ざっと考えただけでも、40個はギフトがいるのだもの。
ショーで残ったら、ギフトに回せばいいやなどと、考えて居たが完売してしまったし。。。

そこで、もう、持っているビーズを全部ペンダントにして、配ることにした。
それなら、猫好きだ犬好きだと関係なく、配れる。

というわけで、現在持っているビーズをぜーーんぶ使って、40本、これから制作に入ります(出来るかどうかは判らないが)

ああー、貧乏性。。。
ジーッとしていられない

もう二度と、ビーズ遊びはしないと思われるので、遊び倒して、整理です。
引き出しの中も整理しないと、やることは山積。
オバはんも終活を考えようと思う。

Jr.もチチも元気いっぱい。
今日もこれからドッグパークに出動でアール。

aki 002
 
2017.11.05 (日)

ギフトショーー

今日は、年に一回だけのギフトショー。
ここのリクレーションセンターの中であった。
まあ、ソーシャルな場で、オバはんのように、犬の散歩を一日4-5回するような人であれば、湖のパスで会ったり、散歩途中で会うが、殆どの人達は、外を歩き回らない為、生きているのか、死んでしまったのかさえも判らなかったりする。
あの方は、元気かしら?と思っても、別に付き合いはしない為、情報は入ってこない。

その為、皆がこの日に集まってくるのだ。
金曜日の夜は、ワインとチーズやオードブルを振舞うパーテイが6時から9時まで。
別に買い物をしに来なくても、ワイワイとタダ酒がのめるのであーる。

本当に一年ぶりに顔を合わす方々が殆ど、元気でしたか?とハグハグだ。
この中では、オバはんは若者の部類(と自分では思っている)なため、皆さん、急にお婆ちゃんになってしまっている人もいた。
ショックだったのは、5-6年前まで、ここで年一回の歌って踊ってのラスベガスショーみたいなのがあり、毎年、オバはんはゲストシンガーで出演していたが、そのプロデユースをし、踊りの振り付けから、ショーの構成をしていた女性がいた。
彼女は昔ラスベガスでダンサーだったとかで、素晴らしい踊りをする人だった。
このところ体調がよくないとは聞いていたのだが、昨日の晩、久しぶりに会って、本当にショックだった。
肌は茶色の牛皮のように変色し、足は、棒のように細く、ヨタヨタと歩いているのだ。
同じ人とは、信じられない変貌だった。
「元気でしたか?」
「ガンにかかったの。メラノーマでそれが肺に転移して、治療中なのよ」
彼女は、いつも陽に焼けていた。
こっちの人は、日に焼けて小麦色が物凄く美しいと思っているらしいのだが、結構な年で日焼けすると、シワだらけになり、老化ももっと進み、決して綺麗にはナラナイ。
そして、彼女は、メラノーマが発症したのだ。

来年は。。。もう会えないだろうな。
あの溌溂と、華麗なダンスをしていた彼女。
何だか、物凄く寂しくなった。

さて、オバはんのテーブルは、この間百均で買ってきた招き猫のフラッグを沢山飾り、猫2匹を飾った。

CIMG1154.jpg


どうかなー、麗しの百億君を作ろうと思ったら迫力不足の一億君、
それから、ちょっと肥満気味の白猫雪ちゃん。
CIMG1155_LI.jpg
テーブルをセッテイングを始めて5分。
まだ、全部物を出していないのに、白猫雪ちゃんは売れてしまった。

買ってくれた方の義理のオカアサーマが昔、雪ちゃんにそっくりの猫をたいそう可愛がっていたので、クリスマスにプレゼントしてビックリさせたい、というのだ。

でも、直ぐに持って行かれると、デイスプレイが無くなってしまうので、ショーが終了するまで待ってくれ。
ちゃんとSOLDのサインを張っておくから。

そして、一億君も、お母さんと娘さんの二人が来て、
「うそでしょー、マジー?」
みたいな感じで、一億君を見て叫び、
「私が持って帰る」
と買ってくれた。どうも、飼っていた愛猫にソックリだったらしい。

というわけで、2匹は人様のお宅にアダプトされていきました。
「これは、縫いぐるみじゃないんですよ。木で骨組みを作って、それに生地を巻いて形を作って、その上から、毛皮を張ってあるのです。だから、抱いてみると判るけれど、重いんです。私は実物大の犬猫を気が向いたら作るのですが、基本的にドッグ ラバーですので、出来上がった猫たちをどうしようかと思っていました。気に入ってもらえて、良かった!」

オバはん、気まぐれで色々なものを作る。
作っている最中は、夢中になってしまうのだが、出来上がると、もう興味がナクナッテしまうという、飽きっぽいのか、馬鹿なのか?

CIMG1158.jpg
50くらいのテーブルが出ていて、面白いものも沢山売っておりましたが、今回、オバはんは、知り合いが初めて出したというテーブルに釘付けとなりました。

彼女は!バービーコレクターだったのであります。
人は見かけによりません。
物凄いコレクションを放出していたのです。

CIMG1159.jpg CIMG1160.jpg
オズの魔法使いのドロシーバービー。
箱に入っているバービーたちは、スペシャルエデイションの物ばかり。

CIMG1162.jpg


これは、オバはんが小学生の時に持っていたのと同じだ!
扁桃腺の手術をするのに、母がバービーの洋服買ってやるから、手術を受けろと言って受けたのに、手術が終わってから何と、知らんぷりされ、嘘つきだ!とこの年になるまで、母に対して”バービーの恨み”を持ち続けている。
あの、バービーじゃないのさ!!
この話をしたら、とにかく皆バービーがらみの面白話を持っていて、彼女は五万と聞いてきたという。

CIMG1161.jpg


40周年記念のコレクターエデイションのゴージャスなバービー。
見ているだけで、昔がよみがえる。がー、買えない!!
今身辺整理をしたいのに、バービーは買えないよう。

でも、彼女が
「ちっとも売れない」とぼやくので、
そうかー、じゃ友達の孫に買ってあげようかな。
でも、まだ4歳だから、バービーは早いかしらね。
バレーを始めたと聞いたのよねー。
と言ったら、これを勧められた。

CIMG1163.jpg

これは、バレーリーナのバービーで、ちゃんとバレーシューズを履いているんだそうだ。
クリスマスに、送ってあげよう。
コレクターズエデイションだから、滅多に手に入らない代物だ。

届いたら。。。びっくりするかなー。
 
2017.11.03 (金)

セクハラについて

アメリカは、今毎日セクハラ問題で大騒ぎなのだよ。
超有名映画監督、プロデユーサー、有名映画俳優、政治家までをセクハラされた有名女優を含む女性たちが告発を始めている。

私も、ずっと思っていた。
何故、こんなことが当たり前のように行われてきたのか?

パワーを持った男たちが、当り前のように女性たちをセクハラする。

私は若いころ、10年ばかりゲーノー界におりました。
毎日毎日、セクハラされてきた。
「悪いようにはしないから」
「判っているだろう」
「子供じゃないんだから」

口が臭くて足が臭くて脂ぎったジジイたちに自分たちの言う事を聞かなければ、業界では生きてはいけないと毎日のように迫られたよ。
嫌で嫌で、あっという間に円形脱毛症になり、一次はカツラ生活になってしまったほどだった。

だが、誰にも言えない。
皆、そんなことは当たり前だと考えているんだから。

オカシイだろう??

ゲーノー界だけはなく、一般の仕事場でも上司に迫られたり、仕事先で迫られたり、でも、誰にも言えずに苦しんでいる女性たちは沢山いる。(男性たちも)

嫌な目に合わされても、訴えるところがない。
嫌だと言えば仕事が無くなる。
生きていけなくなる場合もある。

今まで女たちは、その辛い気持ち、屈辱感、挫折感、悲しみを自分の心の底深くにあるドアーの中に閉じ込めて、鍵をかけて口をつぐんできた。

人に話せない。
恥ずかしい。
きっと自分に隙があったからだ、と自分を責め、
それは、一生の心の傷となる。

私は、どんどんと自分のパワーで弱い立場の女や男たちを意のまましようとしてきた男たちが摘発されて、ああ、やっと世界が変わるのだ!と拍手喝采だ。

今日はケビン スペイシーがやり玉に挙がっている。
(好きな俳優だったのになー。残念だ。両刀だったけれど、やっぱりゲイにすると言ったらしい)
30年位前に14歳の子役をベッドに押し倒したと今は成人した俳優に告発された。
14歳の彼は、きっとずっと同じように誰にも言えず、秘密を持って生きてきたんだと思う。
だが、押し倒した方は、「覚えていない。酔っぱらっていたのだろう」としらを切る。
(放送予定だった番組も打ち切りなるらしい。)
この間は、超有名硬派のテレビキャスターが摘発されて、番組降板の上、被害者女性たちに、何十億と慰謝料を払った。

虐めもそうだけれど、虐めた方は忘れても、虐められた方は、心の傷になって一生忘れられないのだ。

パワハラ、セクハラをしてきた、している男たちよ。
次は、君が告発される番かもしれないよ。

なにしろ、世界が変わって、SNSで体験を共有できるようになり、”Me Too”と私も、私もと被害者たちが、もう黙ってはいないからだ。

冗談じゃないよ、全く!!
(今は、オバはんですので、誰も、セクハラ致しませんが、昔受けた屈辱は、心の奥底に澱んでおります)


 
2017.11.02 (木)

ビーズで遊んでます。その2.

明日の夜、ギフトショーのオープンパーテイ。
今日は準備をしなければ。
ビーズをやりだすと、テーブル一杯になってしまうので、飽きるまで遊んで、また何年も触らない。

だが。。
細かい作業だから、きっと数年後には、目がチカチカして出来なくなるんだろうな。
最近思うのは、自分が好きで集めたもの。
もし、私が居なくなったら、どうなるんだろう?という事だ。
集めるのは楽しい。
今持っているビーズたちは、香港時代にジェイドマーケットにハマってしまい、JPAPAが殆ど出張でいなかったので、一人でフラフラと通っては、アンティークの石を買いまくったのであった。
地下室に沢山ある。だが、この価値が判る人でなければ、きっとゴミなんだよね。

そこで、フレッシュウオーターパールとラピスとアンティークの七宝の球が出てきたので、使った。
放っぽいて置いたら勿体ないもの。

まず、パール。

CIMG6880.jpg

白と黄色とピンクのパールを混ぜてみた。

CIMG6882.jpg


headはブラックパールの大粒が3つ出てきたので、ブルー、グレー、パープルの小粒なのを混ぜてみた。

CIMG6883.jpg


この丸いヘッドは中国のアンティークの銀の七宝。
多分この大きいゴロゴロしたものがネックレスだったんだと思うのだが、それをバラシて、ヘッドに使った。

CIMG6884.jpg

こんな風にヘッドの上で外せます。
留め金をヘッドのデザインの一部にしていますのよー。
だから、手を後ろに回す必要もなく、長さを調節できるのでございますわ。
長く使ったり、チョーカーにしたり、前で止めるので、楽なんでございます。

ちょっと、参考にしてみてね。
それから、ビーズも石も新しいものを買う必要はありませんでござる。

お婆ちゃんやお母さんが使っていた古いものでも、バラシてリメイクするのです。
今、店で並んでいる新しいものより、味があったりユニークだったり、自分だけの、
ONLY ONEが出来ますよ。

作ってみてねー。

PS.これに使っているスワロフスキーは、JPAPAのお婆ちゃんがジュウリーを作る趣味があったとかで、段ボールにひと箱出てきた。
カバママが、10数年前に、渋々くれたものでござる。
多分100年以上前の物なんでござるよ。

 
2017.10.31 (火)

ビーズで遊んでます。

お誕生日に沢山のお祝いコメント、本当に有難う。
お一人お一人にお返事できないので、この場を借りて、
「感無量です」と叫びます。

さてと、寒いのであります。
先週の頭は、10月としては記録的な暖かさだと言ってたのが、一転、真冬状態になり、土曜日には雪もチラチラ。
もう、寒くて寒くて、暖房入れても動きたくない状態となり、日本旅行から帰ってきて疲れた体を休ませるにも、動けないという状態は良いチャンス。
寒くなかったら、またあっち行ったりこっち行ったりが始まるからでござる。

そこで、カラーセラピーをしようと思い、
ビーズで遊び始めました。
地下室には材料は店を開けるほど持っているのに、すぐに飽きてしまい、ほっぱらかし。
最後にビーズをいじったのは。。。。もう4年くらい前だったかな。。

で、こんなものを作っておりますの。
今週末はギフトショーにも出店するので、クリスマスが近いし、いいんじゃなーい。

CIMG6866.jpg

取り敢えず1ダースほど出来上がった。
が、まだ材料はたんまりあるので、今日もテレビを見ながら、チマチマ作ろうと思う。

CIMG6867.jpg CIMG6868.jpg CIMG6869.jpg CIMG6870.jpg

それで、つけてみるとだね

CIMG6875.jpg

ペンダントなんだけど、二重にすると、

CIMG6874.jpg

チョーカーになるのでござる。

CIMG6876.jpg CIMG6877.jpg

オバはんは明るい色が大好きだ。
バラバラなものを組み合わせて形になるのが大好きだ。

物凄く簡単に作れるので、もし、お家にビーズを持っていたら、お母さんやおばあちゃまにクリスマスプレゼントでお一つ、作ってみませんかい?

ご要望があったら、一から作り方アップしまっせ。

以前作って自分でつけていたら、「素敵ねー」と声を良くかけたられた。
じゃ、どうぞ、ってみんなプレゼントしたところ、物凄く喜ばれたんでござる。

手作りは、変わったデザインのものがいい。
店で売っていないような、面白いものを作るのが醍醐味ねー。
 
2017.10.29 (日)

お誕生日でございました

もう、ちっとも嬉しくないのだ。
数年前、いや10年前から、引き算することにしている。
奇しくも、Jrの引退式のハロウィーンパレードの日が誕生日でござった。

朝、起きるとテーブルの上にカードが2枚。
25年間、JPAPAが欠かさずくれるのだ。
だから、全部取ってある。
わたくーしの宝物。
火事になったり、大地震が来たり、天災に見舞われても、25年間にくれたカードは持って逃げる。

JPAPAの愛の塊だから。
毎回カードを読んで泣く。
このカードをスーパーマーケットのカード売り場で一生懸命に選んでいるJPAPA.
思い描くだけで、泣けてくる。
日本にも毎年行かせてくれる。
友達と沢山楽しんでおいでと今回は小遣いまでくれた。

愛されておる!といつも感謝であるよ。
世の中のパパさんたち。
奥さんたちは高いものが欲しいわけじゃない。
貴方の気持ちが欲しいのだ。
カード一枚、小さな花束。
なんでもいい、ちゃんと覚えていてくれること。
貴方が、愛してくれていることをちょっとだけ、確認したいのだよ。

Jr達からのカード
 c1_convert_20171029234927.jpg 

c2_convert_20171029235203.jpg 
昨日の晩は、特別にオヤツをあげました。

c3_convert_20171029235313.jpg c4_LI_(2)_convert_20171029235431.jpg
まーーー、セクシーだって?
心にもない事でも、I’m so lucky!で
判っていればいいんだー、と思いましたわ。

そして、ハロウィーンパレードからの帰り道、ダンキンドーナツからお誕生日だからと、クーポンを貰ったので、寄ったのだ。
イケメンの若い男の子がカウンターにいて、
「ねえ、これ持っているんだけれど、フリーコーヒー貰えるの?」
「あ、OKです。ミディアムサイズの飲み物ならなんでもいいですよ」
「いいサービスよね。お誕生日だからってクーポンくれたのよ」
「あ、Happy Birthday!じゃ、大きいのじゃなくちゃ」

彼は、XLのパンプキン スパイスコーヒーをくれました。

何だか、物凄く嬉しかった。

見ず知らずのオバはんのお誕生日をお祝いしてくれたのだ。
この子はいい子なんだなー。
ハンサムの上、こんなに気づかいが出来て、オバはんをとっても幸せな気持ちにしてくれた。

君は、きっと大物になる!とオバはんは彼に魔法を掛けてきた。

ま、そういうわけで、又年を取ったが、気持ちは20年前のままだ。
足首まで棺桶に突っ込んでいる状態だが、
オバはんは、これからも、活動し続けるのだ!!


 
2017.10.29 (日)

ハロウィーンパレード

遂にその日がやって来た。
今日が本当にJrのリタイアの日。

14匹の犬たちがパレードに参加したが、何だか地味だった。
CIMG6846.jpg
出発前からお疲れのリプリイ。

CIMG6851.jpg
こっちもお疲れらしい。

CIMG6852.jpg
CIMG6847.jpg

皆で集合写真。
CIMG6853_LI.jpg
お母さんも赤い法被を着ました。
でも、Jrの事をみんなが、”侍か?刀はどこだ?”と聞かれて、
これは侍のコスチュームじゃなーい。
お祭りの時に着る、ハッピーコートというんだ。
とお母さんはムキになって説明いたしましたわ。

やっぱり、Jrが一番凝ったコスチューム。

CIMG6861.jpg
途中のフロアーで、撮った写真。
法被の前がはだけちゃったのね。
一寸セクシー?

この子が一番人気でした。

FullSizeRender.jpg
そして、看護婦さんたちには今日でJrが引退だというニュースは広まっていて、どこのフロアーでも、引退を惜しむ声をかけてもらいました。

こんなカードもくれました。

CIMG6865.jpg
 
この間会えなかった看護婦さんたちにサヨナラを言い、ハグはぐしてもらい、
Jrのセラピードッグ犬生10年間の幕を閉じたのでありました。

まだまだ、やろうと思えば出来るけれど、
やっぱり潮時というものがある。

これからは、ハッピーリタイアメントでゆっくりのんびり生活に突入であります。

ただし、来月のクリスマスの写真撮影にはぜひ、Jrに参加してほしいとお願いされたので、それには出演予定でおります。

Jrよ、ご苦労であった。
最後のコスチュームがお祭り小僧で、みんなにかなりインパクトを与えたと思う。

きっと伝説のセラピードッグとして末永く語り継がれるであろうぞ。
 
2017.10.27 (金)

医者に行ってまいりました!

しかし!スマホのGPSは凄いなーー。
新しいドクターオフィスだったので、グーグルマップをプリントしたが、文字が小さすぎてどこの道を曲がったらいいのか、さっぱり判らん。
JPAPAがスマホのGPSの使い方を教えてくれて、今日それを使いながら行ったら、方向音痴のオバはんでも、ちゃんと目的地に着いたよ。
物凄く簡単に着いた。

ああー、ダイナソーを卒業してよかった。

さて、皮膚科のスペシャリストの所に行ったが、予約を入れようと電話したら、ドクターは忙しいので会えるとしたら、11月の後半しかダメだというのだ。
今、困っているのにそんなに待てない!と言ったら、アシスタントならすぐに会えます。
ちゃんとトレーニングしたアシスタントだから、薬も出せるというので、11月末までは待てないから、アシスタントでいいと今日行ったのだ。

初めに若いアシスタントのアシスタントが問診して、そこにアシスタントが来て、もう一度説明したら、すぐに、あれだと判った。
病名は書かないが、5年まえのと同じ奴だ。
ただし、発疹はまだひどくなく、初めに口の中に出たのだ。
だが!アシスタントは初めて見たらしく、「私のスペシャリテイではない」とか言っちゃって、どうしていいのか判らない。
オーバー ザ カウンターで買えるので、塗るとマヒするのがあるからそれを塗れと言い出した。
「あのねえ、それじゃあ、治療にならないでしょう?」

発疹にはオイットメントを出すから一日2回、塗れと1パウンドもクリームだしやがった。

CIMG6842.jpg
ステロイドのクリームだ。
何年も使えるほど。
何でこんなにだすんだよ!

口から飲むステロイドは、後で骨に異常が出たり、幻覚見たりすることがあるので、出してほしければ出すけれど、Up to you.

ここでオバはん、頭に来た!
「私はここに、薬を出すのにUp to ypuだなんて言われるために来たんじゃない!こんなにひどい症状が出ているんだから、それを改善してくれと言っているんだ」
と鼻から火を吐きました。

「えええええーと、それでは、ドクターに話をしてから、後で電話します」

もーーー、時間の無駄!
なーにがアシスタントだ。
ドクターと同じ料金取りやがって、バカヤローとオバはんは帰りの車の中で、悪態ついたよう。

ストレスでなっているのに、またストレスだ。
ホームドクターに電話して、酷い所だったと言ってやろうっと、と帰って来た。

Jr達を連れて散歩して帰ってくると、電話2本ミスしていたが、皮膚科からだった。
ドクターと話をしたら、口の中に塗る薬と、特別製のマウスウォッシュを特別なファーマシーが売っているからそれを使うようにと言っている。
経口ステロイド剤は、初めて使うのは良いが、今回は2回目で今後もまた数年後になる可能性があり、使わない方がいい。
体の中の免疫システムが暴れるのを止めて鎮静化するのを待つしかない、という診断だ。

要は。。。。
年取ったのねー。
気持ちはまだまだ、若いつもり。
あれもやりたいこれもやりたい、と頭は先走るけれど、老体が追い付かないんだろうねー。

色々なストレスがあって、発病しそうだった所、日本に行って時差があるのに、遊びまわり、帰ってきてからも、忙しかったからなあ。。。
体が悲鳴を上げたんだろうな。

大人しく致します。

免疫さん、いつもご苦労さんだけれど、自分で自分を攻撃するなんて、
辞めてくださいなのだ。
 
2017.10.25 (水)

病気が再発したらしい

日本に行く前から、おかしいな、とは思っていた。
歯医者さんでクリーニングの時に、歯茎にイレテーションが出ているとも言われていた。
それが、帰って来たから、もの凄いことになって来たのだよ。

先週、ホームドクターの所に行ったら、皮膚科の専門医を紹介されて明日行ってくる。

今から5年くらい前だったが、ご近所の17歳と8歳の犬を預かったのだ。
自分達が明日から旅行に行くのに、誰も預かってくれない(要は、お金を払ってどこかに預けたくなかった)と泣きつかれた。
お人よしのオバはんはそれでは、私が面倒を見ようと安請け合いしたところ、3週間だったのだ。勿論、タダだよ。
真冬で、毎日雪の中、近所の家に通い、昼間は家で面倒を見て、全く躾が出来ていなかった2匹をトレーニングし、お座りも待てもできるようにした。
17歳の方の犬は、右足を骨折したまま、放置されていてぶらぶらでかなりの痛みに耐えていたのだが、家で面倒見る前は、ヨレヨレの犬だったのだが、Jr達に刺激を受けたのか、2週間後には、家の中を走り回るようになった。

問題は、犬ではなく飼い主だったのだ。
帰ってくるという日、何の連絡もなく、次の日スーパーに行ったら、旦那の方がレジで買い物をしたものを清算中に遭遇。
「どうして電話一本出来ない?もう二度と貴方の犬の面倒は見ません」
とあまりにも失礼なので、言ったのだ。
人の目があるから、静かに冷静に言った。
すると、数時間後、奥さんが家に怒鳴り込んできたのだ。
「あんたは世界で一番意地悪で嫌な女だ。家の旦那はスーパーで恥かかされたと泣いている。あんたがどうしてもというから、犬の面倒をみさせてやった」
とヒステリーを起こしている。

オバはんは。。。3週間も自分たちの犬の面倒を見てもらってありがとうと言われるわけでもなく、ヒステリーを起こしているこの人を見て、ガッカリしてしまった。

そして、オバはんは全身に湿疹が出て痒くてかきむしったら湿疹は火山の火口のように穴が開き、毎日着ているものが血まみれになるという凄いことになってしまった。
皮膚科に行くと、強烈なストレスがトリガーになって、自分の免疫システムが自分を攻撃するという厄介な病気になってしまっていることが判明。
ストレスの原因になっている近所の夫婦は平気な顔をしていてそこにいる。
顔も見たくない程嫌なのに、散歩に出ると、オヤジがそこにいる。

オバはんは苦しんだ。
ステロイドを沢山出されたが治らず、また違う皮膚科に行き、えらいこっちゃだったのだ。
そのうちに、あのクレージー夫婦は離婚した。
旦那の方がウソつきで嘘ばっかりついていて、州をまたがっていたため、逮捕されていなかったが、勤務先のナーシングホームからドラッグを盗んで自分で使うジャンキーの上、未亡人や離婚した女性で家持を狙って次々と結婚離婚を繰り返していたのだ。

あのヒステリーを起こしてオバはんを怒鳴りつけた奥さんは捨てられてしまったのだ。
若い未亡人を見つけたので、鞍替えされてしまったのだ。

そうだろうな。
オカシイ非常識な夫婦だもの。

そしてオバはんの病気は治った。

が、また体に発疹がちょっと出て、今回は口中が凄いことになった。
ストレスはないはずだと考えたが。。。多分、ドッグシッターさんが急死して、東京に行くのに新しいドッグシッターさんを探すのに、大騒ぎとなり、友人の旦那が肺がんでどんどんと病気が悪化し。。。
あれしか考えられない。

今口中が腫れあがり、辛いものは食べられない。
熱いものも食べられない。

明日病院で検査してもらう。

人間の体は、ストレスに弱いのだよなあ。