2017.05.12 (金)

昨日観た映画。

ずっと観たかった映画だった。
マーテイン スコセッシ監督のSilence


CIMG6124.jpg
 原作は遠藤周作先生の”沈黙”だというので、とても楽しみにしていた。

スコセッシ監督も好きだが、見終わって思ったことは、あまりにも残酷な拷問の場面ばっかりで、クリスチャンが迫害を受けたという話は、まるで拷問の話のようだと思った。

ポルトガルから日本に来た宣教師が手紙を教会に送ってから行方不明となり、二人の若い牧師が、日本に密入国する。
日本はまさに鎖国の最中。
外国から入ってくる異教は毒だと、隠れクリスチャンを排除する。
隠れクリスチャンたちは山の中で村を作りそこで隠れて生活しているが、政府は摘発にやってきて、踏み絵をさせる。
そのほか、隠れクリスチャンと認定された者たちは残酷な拷問の上殺されてしまうのだ。

その拷問の数々が残酷すぎる。

原作をもう一度読みたい。
昔読んだはずだけれど、断片的にしか思い出せない。
この拷問の数々は、本当に原作でもでてくるのだろうか・・・

最後まで観たが、涙も出なかった。

確かに、数百年前の日本は、鎖国までして外からの文明も宗教も全部拒否していたのだから、こんなことが起きたのかもしれないが、それよりも、数百年前に何故、鎖国している小さな島国に、宣教師達は無理やり行ったのか?
アマゾンの未開地まで宣教師はいっていた。
何故なのか?
宗教というのは、人間をコントロールする手段として大昔から使われてきている。
この神を信じろという教えで大衆、国民を束ねてきたのだ。
あの頃、もしかすると教会は、世界制覇を狙っていたんじゃないのか?と考えてしまった。
文化が違う。土壌が違う。
そこに異文化異教を持ち込めば、今までコントロールできていたものが崩壊する恐れがある。
幕府はそんな恐れから、異教であるキリスト教の侵入を激しく拒んだのだと思うのだ。

あれから数百年たって、日本は神も仏もキリストも全部混ぜ合わされて混沌とし、何を信じていいのか分からないそんな国になってしまったような気がする。

神とは何なのだろう。。。
どうして、国や文化によって、違う神々が存在するのだろう。
以前大学の女性教授が「神は一つ。みんな違う呼び方をしているだけだ」と発言して首になった。

本当に考えさせられる映画だったよ。

それよりも、日本の映画で”植物図鑑’というのを観てオバはんは切なさに泣いてしまった。
不動産会社に勤めるOLは周りはみんな幸せなのに自分ばっかり不幸せと思って築30年の古アパートに一人暮らし。
ある日家に帰るとアパートの前に若い男が倒れていて、どうしたの?と声をかけると、
「お腹がすきすぎて動けない。僕を拾ってください」という。
家に連れてかえって、カップラーメンを食べさせ、その夜泊める。
朝になって立ち去ろうとする男に
「どこにも行くところがないのなら、ここにいてもいいよ」
「じゃ、6か月だけ置いてほしい。長いですか?」
「6か月後の8月15日は私の誕生日」

そして、苗字もしらない男との同居が始まる。
何故か雑草に詳しい彼は、彼女を連れて河原に行って、雑草を摘んでは、それを料理して食べさせてくれる。
彼女の生活は一変し、彼を好きになってってしまい、
「6か月たっても傍にいて。どこにも行かないで」と心の中で思い続け、そして、丁度6か月後、彼は姿を消す。

切ないのだ。
サヨナラも言わず、テーブルにカード一枚残して消えてしまった彼を探し求めていくの。

ラブストーリーとか甘いのは苦手だけれど、この映画は最後まで観てしまった。
そして、不覚にも切なくなって泣いてしまった。。。

いい映画だった。
これは、日本ではヒットした映画がなんだろうか?
 
2017.05.10 (水)

犬の話 その2.

まめたお母ちゃま。
犬たち、猫たちは、飼い主の体調不良、心の動きを察知しています。
体調が悪い時に傍で寝てくれるのは、貴女を心配してくれているから。
決して偶然傍に寄り添うわけではありません。

体が痛ければ、犬たちもその痛みを感じています。
心が苦しければ、その苦しみも感じています。
小次郎君は、貴女のセラピードッグです。

Jrがセラピードッグになって今年で10年。
セラピードッグ協会からまたライセンス更新の書類が届き、お母さんはテストを受け、Jrの健康診断書を獣医さんからもらってこなければなりません。

こんなに長く、務まるとは、予想もしなかったことですが、10年間1千数百人の患者さんを回って犬は凄いのだとつくづく勉強しました。
犬たちは、私たち人間が察知できないことを、察知できるのです。
患者さんの痛む所、悲しくてやりきれなくなっている気持ち、不安、全部判ってます。

ホスピスに行くと、患者さんがこん睡状態で、家族が付き添って、別れが来るのをじっと待っているとき、部屋の中に10人、人が居ても、その中で一番セラピーの必要な人を見抜いて、その人の所に行きます。
「悲しい気持ち判ります」とそっとその人の体に頭を擦りつけて、
「僕を抱きしめてください」と告げるのですよ。

ハンドラーの私が、この人の所に行きなさい、と指示しているわけではないのです。

家族になった犬猫たちは、飼い主さんのセラピードッグ、セラピーキャット。

大事にしてあげれば、ちゃんと応えてくれる。

さてとね、近所の犬事情について。
家の4軒隣に2年くらい前に引っ越してきた家族。
旦那はかなりマッチョで車はハマーが2台。大型バイクをブオンブオン。
何を商売にしている人たちか判らないのだけれど、黒い9歳のラブとピットブルがいた。
ピットブルはフォスターで預かっているとかで、里子に出されるまでこの家にいるという事だった。
だが、、、、一度もこの二匹を散歩させていない。
外で見たことがない。前を通ると、ピットブルが物凄い声で吠えたてて来るのだが。

去年の夏の話。
JPAPAがJrとチチを連れて夕方の散歩でゴルフコースを歩いていたら、この家ではバーベキューをやっているらしかった。
前を通りかかったら、このピットブルが飛び出してきてJrを襲ったのだ。
それを数メートル離れた所で見ていたチチが、ロケットのようにすっ飛んで行って、
「私のお兄ちゃんに何するのよ」とピットブルの首に噛みついて、そのまま地面に仰向けにピンダウン。
ピットブルは、反対にやっつけられたので目を白黒させて、ビックリして腰抜かしたのだよ。
チチは本気で噛んでいないので、流血にはならなかったが、それ以来、このピットブルは、Jrもチチも相手が悪いと気が付いて、襲ってはこなかった。(チチはロットワイラーのDNAなのか、教えもしないのに、喧嘩の仕方を知っている。タフなのだ)

だが、もし、襲われたのがポメラニアン、ミニチュアプードル、チワワなんかの小型犬だったら、一体どうなっていた事だろう。
大けがを負うか、最悪のケースは、死んでしまったかもしれない。

この後このピットブルは姿を見なくなったのでどうしたのか聞いたところ、シェルターに帰してフォスターを止めたと言っていた。

そして、もう一人のご近所さん。
やはり、シェルターからピットブルを引き取った。
まず、近所の人達は、ピットブルが近所にいるという事だけでも決していい気持になっていない。
ピットブルが悪いのではないのだが、余りにもレピュテーションが悪くて犬を知らない人たちは眉を顰める。

このピットブルはメスでいい子だったのだ。
散歩途中で出会うと、鼻をヒーヒー言わせながら、Jr達の傍に来ようとする。
挨拶させようとすると、飼い主さんが嫌がる。
彼女は怖がっているのだ。
「きっと喧嘩する。きっと吠える。きっと噛みつく」と先に自分が不安になって怖がっているのだから、それはダメだよ。
だったら、なぜ、ピットブルを引き取った??

そのうちに、飼い主さん一人で散歩するようになった。
「あら、あなたの犬はどうしたの?」
「もう散歩したくないらしいから、連れて出ない」

散歩したくない犬なんていない。
病気でもない限り、外に出て太陽を浴びて、草のにおい、他の犬たちの残したおしっこの臭いを嗅ぎ、他の犬たちと情報交換したり、季節を感じたり。。。それは、彼らが生きているという実感にもなるはずだ。

犬をシェルターから引き取るとき、良ーく考えて、自分のライフスタイルと犬が合うかどうか、見極めないと、自分もストレスになり、犬たちも惨めな生活を送る事となる。

とオバはんは思うのです。

所で。。。。ビデオをアップしているが、ビデオのセクションを見てみたら、オバはんにはフォロワーというのが3人いると書いてあった。凄いなーーー。3人もフォアローしてくれる人達が居るんだね。
数千人だの数万人だのと言ったら、別世界だけれど、3人とか言われると、どんな人達なんだろう。。と興味がわいてしまったよ。
ありがとう、3人!
 
2017.05.09 (火)

シェルターに寄付

昨日はチチを獣医さんの所に連れて行ったのだが、時間が4時40分というアポイントで遅かった。
早めに家を出て、エンジェルウィングスというシェルターに寄付に行った。

CIMG6118.jpg

7匹の福猫と猫の抱き枕。
今回は段ボール一箱。

CIMG6119.jpg
今年は10周年なんだそうだ。

いつも、犬猫を見て帰ってくるのだが、

CIMG6120.jpg
こんな子がいて、オバはんをジーと見つめている。
とっても小さいのだが、3歳で、キルシェルターから助け出された子だ。

良かったねえ。見つけてもらわなかったら、今頃ガス室送りだった子だ。

CIMG6121.jpg
 連れて帰りたくなってしまった。

その横にも

CIMG6122.jpg
こんなパピーが。
生後3か月だというのだが、Jrが子犬の時もこんな風に落ち着いていた。
子犬とは思えない何だか全部悟ったような不思議な子。
頭がいい子だと思う。

連れて帰りたい。このかつらを被ったようなマーキングもいい。

だが、外の車の中には、2匹老犬が待っている。

オバはんは手が2本しかないので、3匹目は面倒が見れないな。

そして、獣医さんオフィスへ。

CIMG6123.jpg
 ドクターは手術の日だったので、午後は患者さんが押しかけてきていて、診察室でかなり待たされた。

今回はチチの背骨の上のニキビみたいなものを見てもらった。
Dr.JohsonはこれはCystだから放っておいて大丈夫と言っていたのだが、段々と大きくなり固くなっている。
本当に、放っておいても大丈夫なのか?
セカンドオピニオンを貰いに行ったのだ。
Dr.Wyattは注射器で中身をとってガラス版になすりつけ
「あ、これはCyst。 悪い物じゃないからこのままで大丈夫だけれど、成長して大きくなることもある。人によっては切ってくれという人もいる。もし、嫌だったら切れるけれど、このサイズなら様子を見たら?」

足にも小さいのが出来ていて、それは違うものだった。
チチは注射器を突き立てられても、お尻の穴に体温計を突っ込まれても、じっと大人しかったので、看護婦さんが
「チチ、凄いね。大人しくていい子だね」と褒めてもらった。
その代り、Jrは自分も何かされるのかと怯えて、ブーブーと文句を言い続け、お母さんと先生が話している間も、Jrのブーブーという文句が煩くて、集中できない程だった。

ま、とにかく、二人のドクターが同じ診断だったので、一安心。
背骨の上だから、万が一変なものだったら、大変な事になる。

と、そんな一日でございました。
 
2017.05.09 (火)

猫バッグと犬の事

週末頑張ってその辺に転がっていたものを全部フィニッシュいたしました。
オバはん、自分で言うのも何だけど、この年になっても、集中力は自慢できます。
やりだすと、終わるまで止めれなくなる。
一番怖いのは、いつかこの集中力も無くなり、針に糸が通せなくなり、細かい作業が出来なくなる事。

まず、猫のミニバッグ。
犬のはお散歩バッグだけれど、猫飼いさんは猫とお散歩はしないので、ランチバッグでどうでしょう。

CIMG6115.jpg


ライトブルーのこの生地。オランダのものだそうです。
刺繍のような織り込み生地。

CIMG6116.jpg

 これが12個できました。

CIMG6111.jpg

トートバッグ。この生地はラスベガスで見つけて買ってきて、去年アニマルクラブに送ったものの残り。
2つ分だけ、放置。きっとベルトの分まで生地が無くてどうしようかと思っているうちに忘れていたのだと思う。

CIMG6112.jpg
CIMG6113.jpg

このニャンコのデザインが気に入って、店にあるのを全部買い占めたため、まだまだ作れるのであるよ。
このショッピング用のトートバッグは6つ。

というわけで、土日で20個フィニッシュした。
やれやれ。

さてと、犬の事。

一寸参考になったらと思って書きます。
もし、外で他の犬と出会うとワンワンぎゃんぎゃんと騒いでしまう犬の場合。

犬は興奮します。
興奮は瞬間湯沸かし器の様ではなく、興奮していく過程があります。
よく観察すると、その兆候はこれかな、と思うような行動をします。
例えば唸る、歯を見せる、背中の毛が逆立つなど。
それを放っておくと、興奮は急激に高まって絶頂に達したときは、止めれなくなります。
もし、背中の毛が逆立って反対側の犬をガン見しているときは、すぐに、横腹を指でチョイとつついて、その集中しているものから気を逸らす。
その場にお座りをさせて、相手が通り過ぎるまで、じっとさせる。
お座り出来て、動かなかったら、褒める。
初めは、ポケットに小さいオヤツでも持って出て、出来たらいい子、いい子と褒めます。

決して、ワンワンぎゃんぎゃんとやっている犬を抱き上げてはいけません。
抱きあげたら、それは、飼い主が、ワンワンぎゃんぎゃんやっていることを容認していることになります。
そのうえ、いい子いい子したら、「あ、自分がワンワン騒ぐことは良いことで飼い主は喜んでいる」と思ってしまいます。

それから犬は飼い主をなめます。
バカにしくさることもあります。

近所に悪魔のマルチーズ達と呼んでいた犬たちが住んでおりました。
飼い主は”可愛いから躾は必要ない”と甘やかし放題させたため、外で散歩しても、一匹は右方向、もう一匹は左方向と、一定の方向に歩くことも出来ず、家の犬たちを見ると、チャージしてきました。
チャージとは喧嘩を吹っ掛けてくるわけです。
うちの子たちは厳しいトレーニングで、これを無視できますが、もし他の大型犬に喧嘩を売ったら、一噛みで息の根を止められてしまうか、大けがを負う事となります。
何度も、「ちゃんと躾て」と忠告しましたが、「マルチーズはこういう犬だから」と全く取り合わず、( 犬種は全く関係ありません!)この犬たちは、飼い主をなめて掛かっているため、”No"と言っても、全く聞きません。
そのうちに、家のチチに噛まれたとデマを飛ばして、家を攻撃してきましたが、ご近所の人達は、Jrがセラピードッグ、チチはナーシングホーム慰問犬なのを知っているので、取り合わず、そのうちに引っ越して出て行ったわけです。

何故、小型犬でも躾が必要かというと、大型犬との喧嘩の切っ掛けを小型犬が作ることが多いという事があるのです。
大きくても小さくても、ちゃんとマナーを守って躾をされていれば、無駄なトラブルは避けられます。

そして、外で誰にでも触ってもらえて、仲良くでき「なんてこの子は良い子なのでしょう」と褒められるのと、「一体この飼い主、この犬をどうやって育てているの?酷いわね」と思われるのと、どっちがいいですか?

トレーニングは、一回、二回で劇的に結果は出ないけれど、毎日毎日、根気よく教えなければなりません。

それから、飼い主の心の動きはリードを通して、犬に伝わります。
飼い主が「あ、前から大きな犬が来た。怖い怖い」と思えば、その気持ちは犬たちに不安となり伝わります。

犬のトレーニングに行くのなら、飼い主も一緒です。
自分もトレーニングしてもらう積りで、一緒にトレーニングしてください。


犬の問題は、飼い主に問題があります。
犬は、飼い主の心を反映しているのです。
決して、力や暴力で従わせるが躾だと勘違いしないでください。
殴ったり蹴ったりで犬は従いません。
人間の子供と同じです。
 
2017.05.08 (月)

新しい番犬

新しいおもちゃを買いました。
家の獰猛な番犬です。

[広告] VPS


チチを執拗に追い回し、すっかり嫌われてしまいました。
[広告] VPS




仕方がないので、里子に出します。

獰猛なので、取扱注意。
食事もしません。散歩もいりません。

バッテリーだけで家を守ります。
 
2017.05.07 (日)

ショッピングでハッピー

レオママ、アメリカにもオレオレ詐欺あるんですって。
この間、友達に「日本では、息子の振りして電話してきてお金を毟り取る詐欺があるのよ」と話したところ、
「あら、アメリカにも同じような詐欺は沢山あるわよ。老人をターゲットにして子供や孫の振りをしてお金を盗む詐欺」
と言っていました。

どこにでも、こういう詐欺はあるのよねえ。
それに最近の税務署の振りして電話を掛けてきて、
「訴えるから金払え」っていうのは、アメリカ国内からの電話ではなく、インドとアフリカからで詐欺犯を捕まえるのがすごく難しいと言っていた。
この間のは、「貴方のウィンドウズは契約が切れました。すぐにコンピューターを閉じて、この番号に掛けろ」というものだった。
何で、家のウィンドウズが契約切れるのよ。
何で家の電話番号知っているのだ!
無視したらそれっきり掛かって来なくなった。

結局、電話に出ないのが一番。
コールIDがあるんだから、知った人間以外は、皆詐欺師だと思って、出ないことにしている。

あのフリーデイナーの件も昨日の夜9時過ぎまで、家の電話、JPAPA携帯が鳴り続けていたわ。
JPAPAはメールで行かないと伝え、二回電話で行かないと言っているのに、手を変え品を変え、違う人間が次々とそのフリーデイナーに来させようと必死な訳です。
それはそうだ。
皆コミッションを貰うんだもの。
10万ドルの契約させたら、その10%で1万ドル、20%で2万ドル。
こんなに美味しい話はない。

まだ、株だ金塊だと不動産というのなら大きなお金が動くだろうが、たかがタイムシェアーのポイントを買わせるのに、10万ドル以上というのは、誰も買わないし、ぼったくり。

何考えているのだ?
この会社もそのうちの倒産か?

と色々、離婚の危機まで招いた事件も、奥さんの大抵抗によって未然に防げて、本当に良かったと胸をなでおろしております。
が、まだまだ、油断はできないので、ぼけ老人の夫に代わり、変なものが近づいて来たら、噛みついてやるつもりの狂犬妻となり、家を守ろうと思います。

さて、この間からのAmazonのショッピングで、なるほど、便利だけれど、そこには落とし穴が沢山あり、Amazonを信用して買い物しても、面倒なことに巻き込まれるというのを勉強したので、プライムはキャンセルしたのであります。
その前にJPAPAが走るときに履いているソックスがボロになって来たから、新しいのを買いたいと言い出して、アマゾンで検索したのだが、皆高い。
そこで、色々グーグルしたところ、Sierraという会社が、アウトドアーの商品を売っていて、安い。
中には、訳アリ商品もあって、これが物凄く安い。
でも、75ドル以上買わないとフリーシッピングにならない。
と、そこには、家の近くのショッピングモールに、店がオープンすると書いてるじゃアーりませんか?
「JPAPA、ネットで買わずに、店に行って商品を見てみた方がいいよ。触ってみて好きか嫌いかあるじゃない?オープニングに行ってみよう」
と提案し、今日、土曜日朝8時のグランドオープニングに行ったのでございます。
CIMG6090.jpg

大体店のオープン二ングに行くと、お店のロゴの入ったTシャツや小物をくれたりするのだが、この店は、大盤振る舞い!!
入ると店の人が待っていて手にはトランプのようにギフトカード。
「一枚好きなのをどうぞ」

オバはんは$30、JPAPAは$20のギフトカードをひいた。
「これ、今日使えるの?」
「はい、使えます」

凄くいい店で、色々店の人と話したら、TJMAXの系列会社なんだそうだ。
小売業は大変な過渡期に直面しているけれど、ここのようにアウトドアーの商品は身に着けてみないとフィットするかどうかは分からない。アマゾンでもそれが問題になっていると言っていた。
もしネットで買っても、合わなかったら、店に返品できますよ、というので、それは便利。
そのうえ、犬用品も充実していたので、Jr達にもおやつを買った。

CIMG6091_LI.jpg
JPAPAはこれだけ新しいソックスを買った。
定価18ドルのソックスが3.99,5.99ドルというのにはビックリ。
アウトレットみたいなもんだね。

CIMG6092.jpg
Jr達にもおやつを沢山。

CIMG6093.jpg
ショッピングバッグもくれて、お勘定の時に、貰ったギフトカードを出したら50ドル引き。

JPAPAは25ドルだけ払った。

おおおおー、今までで最高のショッピングだ。
とまたアウトドアー商品が必要なときは、この店に行こうと帰りの車の中で、大喜びでございました。
現金なものだ。


 
2017.05.05 (金)

花のかんざし

その前に、家の熟年離婚は回避されましたで。
JPAPA大反省で、フリーデイナーを断りました。
とにかく、フリーデイナーだの、フリーバケーションだのフリーの船旅だの、そんなただの物は存在しないのでございます。
餌ですから、それにくらいついてきた魚は、捕まえられてしまうのです。
逃げられなくなってしまう恐ろしい罠なのですから、決して、”タダ”というものに飛びつきませんように。
必ず、裏がございます。

家にもほとんど毎日のように、やたらにハイパーな男や女からメッセージが残されます。
「おめでとうございます!カリビアンクルージングが当たりました。すぐに連絡を」
無視すると、ハガキを送ってくるところもある。
「いくら電話をしても連絡が取れないので、この番号に電話をしないと、貴方の当選は打ち消されます」

所が、どこの会社でなんの抽選なのか何も書いてない!
バカか?こんなものに引っかからない。

本当に、詐欺か詐欺まがいの事ばっかり。。。
年寄りたちはそんなことは知らないから、どんどんと引っかかっていく。
世知辛い世の中よのう。。。
そして、奥さんたちはしっかりと、旦那が引っかからないように目を光らせなければなりませぬ。

昨日、花簪を作ってみた。

CIMG6088.jpg
作ってあった花を全部使った。

CIMG6089.jpg
こんな感じです。
浴衣を着て髪をアップにし、一寸こんなのをさしたら、可愛いいんじゃないだろうか?

6月3,4日は日本祭りなので、そこにテーブルを出しますで。
良かったら、見に来てね。
 
2017.05.04 (木)

離婚しようかと思った

ちょっと長い話なので、興味のない方はスルーして。
でも、美人女将は、参考にしてください。

事の始まりは、数日前、留守番電話にメッセージ。
「00リゾートですが、投資の話があるので、電話を下さい」
無視すると、次の日、中年の女が偉そうに
「昨日メッセージを残したのに電話が来ない。電話して来い」
なんだ、このババ!無視していると電話はそれっきりかかってこなくなったが、昨日JPAPAが帰ってくると、
「フリーデイナーを土曜日にサインアップしたから」
「何なの?どこのフリーデイナー?」
「00リゾート」
「馬鹿か、絶対に行かない。向こうが何欲しいか判っているのにノコノコ出かけてくのは大馬鹿だ。絶対に行かない。なーにがフリーデイナーだ。世の中にフリーの物なんてない。」
「しつこく電話をかけて来たから、面倒だった。デイナーして2時間話を聞けばいいんだ」
「何だてー、この20数年間、ラスベガスに行くたびに、ハラワタ煮えくり返っているのに、馬鹿じゃないの!貴方がYESと言ったのだから、貴方が断れ」

そこにコンファーメーションのメールが入って来たのだが、JPAPAは何も行動を起こさないので、食事が全部テーブルに並んだところで「I can't take it anymore! やってられないわよ」とオバはんは激怒してそのままに二階のベッドルームに籠った。

さて、この00リゾートなのだが、今をさかのぼる事20数年前、ラスベガスでタイムシェアーなるものを買った。
毎年、アメリカにクリスマスの時に戻りその帰りにラスベガスに寄るので、これは、いいとJPAPAが買った。
その当時は安かったのと、ネバダ州の法律で、タイムシェアーは一部屋を50数週に分け、その人数分しか部屋を売ってはいけないことになっていた。
50数人がその部屋の持ち主という事だったのだ。
所が、このタイムシェアーの会社は、何度も何度も身売りし、現在の会社が00リゾートとなった。

そして、買った会社が考え出したのが、ポイント制。
一部屋を50数人にしか売れなければ、もうセールスは出来ない。
だが、ポイント制にすれば、ポイントを売りまくれるのだから無限に売ることが出来る。
だが、家はもうとっくにオーナーだから、そんなポイントはいらないのだ。
何年か前に嘘つかれて「あなた達だけだ。ポイントに移行していないオーナーは。これからメンテナンスフィーはなどは沢山掛かってくる」と脅されて、仕方がない、システムが変わったのだから、とJPAPAは2000ポイントを買った。

そして、毎年毎年、行くたびに、”アップデートの説明”と称して、2時間また強烈なセールスを聞き、バカヤローとオバはんが激怒することになったのだ。

去年のクリスマスの時も、嫌だというのに、JPAPAがアポイントを入れてしまい、向こうが言うには、
「もっとポイントを買えば、ゴールドメンバー、プラチナメンバーになれ、VIPだ。ポイントは高騰して今買うとたったの10万ドルだ(1200万円)。このオファーは来年の6月まで。それ以降はもっと高くなる」
オバはんは、開いた口がふさがらなかった。
ポイントという実体のないものを10万ドル以上で売りつけようとしている。
ラスベガスだったら、10万ドル出せば、家が、コンドミニアムが買える値段。

もう、詐欺だろ!
要は、今時タイムシェアーに喜々としてお金を出すような人たちがいなくなり、そのうえ、マリオットやヒルトンもタイムシェアー産業に進出し、売れない。
だから、もうメンバーになっている人たちにもっと売りつけようとしているのだ。

オバはんは激怒したので、その話はそこで終わったが、このフリーデイナー誘いは、6月にオファーが切れるという、10万ドル分のポイント買えというものなのだ。

何故、それが判らない!!

「貴方は、ぼけ老人?向こうは、貴方のそのソフトな部分を見抜いているのよ。もしフリーデイナーなんかにノコノコ出かけて行ったら、10万ドルがダメなら、多分半分、いや10%でも買えっていうわよ。10%だって1万ドル。大体、貧乏なのに、どこにそんな金がある?何故判っているのに、フリーデイナーに出かけていき、私はまたハラワタ煮えくり返って、セールスマンと喧嘩しなければならないの?もう、離婚だ。あなたは賢い人だと思っていたけれど、きっとぼけ老人になってしまったのね。ああ、悲しい、悲しい。実家に帰らせてもらいます」

。。。。JPAPA,貴方は一体どうしたの?

「あのね、半年先の事も判らないのよ。私だって子宮がんだ乳がんだ、何とかガンかが発見されて、半年後はもういないかもしれない。あなただって、判らない。JIMだって去年のサンクスギビングで一緒に食事したときは元気だったのに、腕が腫れて病院に行ったら肺癌。治療が効いていると言っていたら、キーモの時のハリかバッグが汚染されていて、血液のインフェクションを起こして大変な事になっているじゃない?たったの6か月で、人生なんて大激変よ。こんなバカバカしい詐欺のようなものに、引っかからないで。全くもう!!」

と本当に一瞬離婚しようかと考えたが、日本に帰っても、年金を貰える年でなく、貰えるようになったとしても月1万円だって。
うーーん、極貧バーさんは決定しているのだから、難しいなあ。。。。
いっそ、お金持ちのお爺さんのバーさん後妻の口でも探しておいて、さらば、JPAPAか?
(金持ちじーさんだったら、後妻は若くてピチピチしたのを選ぶだろう。何を勘違いしているのだ。チャンスはゼロだ)
と出来もしない妄想をしたのであった。
 
2017.05.03 (水)

やり掛けが嫌い

とにかく、何かを作り出すと、何十個も作ってしまうため、何時も飽きる。
飽きて放ってしまって、次の面白いことに移る。
所が、掃除をするとその残骸が出てくる。
今、まさに全部形にしようと決心している所なのでございます。

この間、日本から買ってきた犬生地で数十個のスマホケースを作ったのでありますが、勿論端切れが出て、小さいので、それを全部ミニバッグにしてみましたわ。

CIMG6079.jpg

CIMG6082.jpg
 手のひらに乗るサイズ。
スナップをつけたので、開け閉めできます。

CIMG6083.jpg
以前作ったものより大きいのでピンをつけてブローチは無理だから、このまま、超マイクロバッグという事にしよう。
ダイアモンドもどきのアクセントをつけ、チマチマ作ってみましたの。

その次は、この間の猫シリーズで、こげ茶のフェルトで、七つ子ちゃん。
これは、いつも支援しているエンジェルウイングというシェルターに猫の抱き枕と一緒に寄付する分。
七五三の着物を使っても価値を判ってもらえないので、市松模様風のコットンが少しあったのでそれでお揃い。

CIMG6084.jpg
CIMG6085.jpg
 残っていた白のフエルトも全部使い、
CIMG6086.jpg
CIMG6087.jpg
 三匹追加で、これで、全部フエルトを使い切ったので、打ち止めだ。
(この猫たちは着せ替えが出来るのでございます。)

アトリエの床には、作り掛けのトートバッグやお散歩バッグがあるので、それも全部フィニッシュしなけりゃな。
今日は着物で作ったお花が沢山出てきたので、全部かんざしに作り替える。

ああー、どうしてこういう内職のようなチマチマした事が好きなんだろう。

形になると嬉しくなる。

本当にお金がかからないハッピーになる薬。

そうそう、福猫は”これを持っていると婚活成就、宝くじが当たるかも?あれこれ願いを聞いてくれるかもかも猫”と呼ぼうと思う。
欲しい方いるだろうか??
 
2017.05.02 (火)

天気がおかしい

寒いと思えば、次の日は暖かく、週末は嵐。
日曜日は大嵐で、夜の散歩は暴風雨。
道は川のようになって溺れるかと思った(嘘です)

昨日も、ドッグパークに行ったときは天気が良かったのに帰りは大雨。
一日中、降ったり止んだりを繰り返していた。
春は天気が安定しないのよねえ。。。

CIMG6076.jpg
CIMG6077.jpg
 ワハハ、朝5-6時でパパと走っても、9時にはドッグパークと決めてあるんだから、来なければいけないのだ。
僕が決めたルールだから、お母さんは従いなさい。

CIMG6075.jpg
途中でスタンダードプードルと会った。
この子は同じ時間に毎朝来ている。
初めて飼い主さんと話をしたら、どうもロシアの人らしい。

「変わったマーキングですよね。珍しい」
「いえ、これがスタンダードプードルの原型です。18世紀の本にもこのマーキングで出ています。現在のプードルのソリッドな色は、改良されてできた色です」

勉強になりました。

そして、
CIMG6073.jpg
 これは、大傑作!とお母さんが一人で喜んだ一枚。
いいでしょー。この写真。自分で撮って感動した一枚。

さて、いつもお邪魔する方のブログで、高速道路のサービスエリアで4匹のピットブルがチワワを襲った事件を知った。
詳しい状況は判らないけれど、ピットブル4匹をポールに括り付けて、飼い主がその場を離れるというのは、ダメダメだ。
それと、ピットブルは、本来、昔はアメリカではナニー ドッグと言われていて子守をしていたくらいの犬だが、力が強い、見かけがごついそのうえ忠誠心が強く飼い主のいう事を聞くため、闘犬としてアンダーグラウンドで戦わされている。

今でも闘犬は摘発を受けているが、一旦そういうトレーニングをされた犬は更生が非常に難しいそうだ。

こちらでも、家から逃走して、近所の子供や人を噛んだり(殺傷力は並ではない)、人でなしがそういうトレーニングをした犬を森に捨てて、ジョッガーが襲われたりすることがある。

でも、これは、ピットブルだから起きる事ではなく、大型犬を飼う人間は、責任問題も考えて、飼わなければならない。

ドッグパークでもジャーマンシェパード二匹が子犬を襲ったり、マスチフがヨーキーを襲ったり、事件が起きる。
これは、全部飼い主の責任で、犬がやった事だから私は知らないとは逃げられないのだ。

例えば、去勢していない若い大型犬と考えると、去勢しないことによってホルモンは過剰に分泌され、運動をさせて居なければ、欲求不満となり、攻撃的になる。
この間も秋田犬に餌をやろうとしたお婆さんが噛まれて亡くなった事件もあったようだが、そういう環境にいる犬を公衆の中に放置した場合、どういう事が起きるだろうか?

私は家の犬たちが、外で問題を起こさないように子犬の時から徹底したトレーニングを行っている。
散歩に出て、他の犬から吠えられても、無視出来るように。
挑発を受けても無視できるように。
そして、万が一、どんなに気を付けていても、100%はないのだから、この子たちが誰かを噛むようなことがあれば、それは、全部私の責任となる。
その為、外に私が付いていないのに、どこかに括り付けてその場を離れる事はしないし、周りの状況にはいつも気を配っている。

カッコいいから、ピットブルを飼おうなんて、浅はかな考えは止めて!
どんな大型犬でも欲求不満や、何かの切っ掛けで怒って暴れたり噛んだりすることを知って居ろ。
充分な運動をさせられない生活環境で、大型犬を飼うのは止めて。
もし自分がその犬を手放した時、次の飼い主を見つけるは至難の業。
そのうえ、全く訓練していなかったら、事件を起こすのは目に見えている。

犬は、行儀よく自分のいう事を聞くように生まれてくる訳じゃない。

本当に、犬の事件が起こるたびに、悲しくなってしまうのであります。