シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > 人間は最低の生き物だ
2017.09.23 (土)

人間は最低の生き物だ

今日も記録的な暑さだった。
カメムシとの戦いは熾烈を極めている。

朝から気温は上昇し、ドッグパークに行こうと家のドアーを開けたら、ムッという熱波。

ドッグパークには新しい立て看板が沢山立っていたのだが、

CIMG6806_LI.jpg

これだ。
これは、車上狙いの泥棒が出没していて、車の中から貴重品を盗まれるようになった。
ドッグパークには12年通っているが、こんなことは、最近になってから。
この辺りの郊外は治安が良いので有名だったのに、悪い奴らは、高速を使って郊外まで足を延ばすのだそうだ。

リモートでドアロックをすると、そのシグナルを読み取られて、簡単にドアーを開けられてしまうし、トランクの中にバッグを隠しても、それを見ている奴がいれば、あっという間に盗まれる。
本当に油断も隙もあったもんじゃなくなってきている。

トイレの壁には、
CIMG6807.jpg

これだ。
ドッグパークに銃を持ってくるようなアホがいるから、こういうサインが貼られるんだろうね。

暑かった。。。。暑かった。。。
Jrはめっきり暑さに弱くなったので、森の中を歩いた。
やぶ蚊が心配だったが、殆ど雨が降らないので、やぶ蚊もいなかった。

CIMG6808.jpg
CIMG6810.jpg
CIMG6812.jpg

昨日の晩はチチの夜中のピーピーがなかったので、やっぱり何か自然界の変化に反応しているのかもしれない。

さてと、最近つくづく思う。

人間は最低な生き物だ
 先日さとごろうさんのブログに、”年取ったから要らなくなった犬”についての記事が書いてあり(さとごろうさんも悲しんでおられる)、オバはんも、一緒に怒りまくった。
シェルターに3度も戻されて、3度目に戻された理由が、年取ったから要らない、というものなんだって!!

一緒に暮らした10数年は一体なんなのだ?
顔が白くなって白髪になって、動きも遅くなって、病気にもなるだろう。
それでも、その子に変わりはない。
例えば、人様の為に一生懸命働いたJrを年取ったから、もういらない、新しい若い犬を飼うから、殺処分にしてくれなんて、死んでも言えないし、そんなことを考えもしない。
パピーの時から10数年間も一緒に暮らした愛した子じゃないか!
年取ってたとえ可愛くなくなったって、最後まで最後まで、面倒を見て見送ってやるのが、飼い主の使命だろう。

こちらでも、ちょっと前までは、ドッグレースで散々こき使われたグレーハウンドは、レースで走れなくなると殺処分だったらしい。
それをそのリタイアしたグレーハウンドを最後までご苦労様と面倒を見る団体が出来て、レスキューされるようになったという。
セラピードッグの仲間でもレースドッグのリタイアした子がいた。
ハンドラーさんは、何匹もレースドッグを引き取って最後まで面倒を見ていた。

盲導犬だって、警察犬だって、一生懸命に人間のために働てくれたのだ。
リタイアして死ぬまで幸せにしてやるのが、人間の道じゃないのか?

ペットとして家族になった子を”年取ったから要らなくなった。処分してください”とは鬼のような人だとオバはんは思う。

この間、ドッグパークで物凄くハンサムな子に会った。
体つきはボクサーなのだが、顔が長い。
ボクサーと何かのミックス犬なのだろう。
だが、尻尾が短い。

「何犬ですか?」
「シェルターから引き取った子だから正確には判らない」
「物凄くハンサムですが、尻尾が短いですね」
「シェルターで会った時には、尻尾が切られていた。兄弟6匹居て、その子たちも皆尻尾が切られていた。子犬をシェルターに持ち込んだ元の飼い主が、パピー達の尻尾をハサミで切ってしまい、感染症を起こしていて、この子も引き取ってすぐに、獣医さんの所で治療しなければならなかった。多分ボクサーのミックスなので、尻尾を切ってしまおうとしたらしい」

パピーの尻尾を麻酔もかけずにハサミで切れるか??

本当に、人間は最低の生き物だ。
地球上で一番質が悪い生き物だ。

そして、老犬を年取ったから要らないと言った人間も、年を取る。
そして、同じ目にあうだろう。
「醜くなって年取ったからもういらない」

平気でパピーの尻尾をハサミで切断した人間は、きっと同じような目に合うに違いない。
因果は巡る。

お天道様は、黙っちゃいないぜ。

スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/2021-86b35c7f