シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > すっかり疲れた
2017.09.21 (木)

すっかり疲れた

何なのだろうか。。。
Jrの引退を決めた途端、やる気が無くなってしまった。
そのうえ、夏に戻ったように毎日暑く、一昨日はよく眠れなかったので、昨日の晩はメラトニンを飲んでさー、ゆっくり寝るぞう、と思っていたら、夜中の1時にチチがピーピー泣いて起こされた。
一日中、💩を我慢していたらしく、散歩のときに出さなかったので、夜中に出したくなったのだろう。
そして、その30分後、またピーピー。
ええー、またなの?と起きてドアーを開けると外に出て立ち尽くすだけ。
すぐ戻り、またその後、今度はベッドまで来て、濡れた鼻ずらをお母さんの顔に押し付けてきた。

一体どうしたのよ?と外に連れ出そうとしたが、外に行きたいわけではないらしい。
調子悪いの?とそのままチチのベッドで少し添い寝したが、馬鹿者!眠れないじゃないか!!

朝起きて、JPAPAのコーヒーを淹れ、犬たちにご飯を食べさせ、パパが出勤した後、寒気はするクシャミは出る。でそのままベッドに戻って二度寝。

こんなことは滅多にない。
すると、チチが傍に来てベッドの横で心配そうに横になっていた。
「悪いと思っているのかー」

まあ、そんな訳で、ブログを書く気にもならず、掃除に明け暮れております。

Jrに沢山のリタイアに対する暖かいお言葉、有難うございました。
これからは、長生き長生き長生きを目標に健康管理に力を注いでいこうと思っちょります。

さて、週末に映画を観たのでその話。
最近詰まんないのよねー。
本当に映画どうしちゃったんだ?

でも、これは良かった。
犬が出てくる映画は、殆どが感動もので、結局最後は涙涙になるが。。。

CIMG6800.jpgMegan  Leavey

多分日本に行くと全く違う題名をつけられてしまうんだろうけれど。

これは、実話を基にした映画で、
テイーンエイジャーの女の子が、何をしたいというわけでもなく、家庭は複雑で、とんでもない母親と暮らしているが、ある日、街中で海軍のリクルートを見つけて、海軍にはいる。

初めは色々失敗をするのだが、突然軍用犬のハンドラーを命じられる。
犬の事など何もわからない彼女には、男性隊員でも手に負えなかった獰猛な大きなジャーマンシェパードの担当を命じられる。

この犬は爆弾探知犬で訓練に訓練を重ね、戦場に送られる。
そして、爆弾の爆発で、ハンドラーの彼女も犬も負傷する。

その後、離れ離れになるのだが、彼女は犬の事が忘れられずに、自分が引き取りたいと申し出るのだが、前例がないのと、犬がかなり獰猛だから、引き取ることは出来ないと軍から断られる。

そして、犬を取り戻すために、彼女の戦いが始まる。。

この後は、映画を観てね。
最後は涙涙。。。
このジャーマンシェパードの目がJrにそっくりで。。。

さて、話は変わるが、Jrのセラピードッグ10年の記録を、整理していたら、膨大な写真が出てきたのだ。
それを紙焼きしてアルバムを作ろうかと思ったが、Shutter flyという会社が、本を作ってくれるので、じっくりと写真を選び、写真集を作ることにした。
お母さんは、次から次から、やりたいことが出てきて、休まる暇もないのでアーる。

せめて、今晩は、夜中に💩の為に起こさないでおくれよー。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/2018-fe4ec57e