シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > 今日のセラピードッグ達
2017.09.17 (日)

今日のセラピードッグ達

本当に。。。今日が最後になってしまった。
セラピードッグは辞めないけれど、病院での患者さんのセラピーは今日で最後です。

CIMG6782.jpg
 駐車場の木たちは黄色く色づき、秋だよね。
この写真をアートで撮ると、

CIMG6783.jpg
随分感じが変わる。

 CIMG6784.jpg
CIMG6785.jpg
これが最後の病院前の出勤写真。
10年間通った。
雨の日も風の日もブリザードの日も。。。
良く頑張りました。

 今日のメンバーは、ゴールデンのコーデイ。

CIMG6787.jpg
今日で最後だと言ったら、コーデイはJrに何か話していた。

そして、名前は思い出せない子
CIMG6789.jpg
CIMG6788.jpg
今日で僕はリタイアするんだよ。と言ったのかもしれない。

Jr.は毎朝JPAPAとはしり、週末には森で鹿を追いかけている。
検診でも健康だし、食欲もあり、💩も立派なのが沢山出る。

元気いっぱいのジーさんなのだ。
だから、このまま続けても、続けられない事はない、と思う。
が、先日、肺癌の患者さんをセラピーしたときに、もう、これ以上はJrをプッシュできないと思ったのだ。
女性だったのだがリンパに転移して右腕が丸太のように腫れあがり、痛みを訴えていた。
家族が、セラピードッグが来れば、彼女の痛みが和らぐだろう、と要請があり、Jrをベッドの横に椅子に座らせた。
患者さんが手を伸ばして、Jrを触った時に、Jrの様子がおかしくなった。
セラピーを終えると、ノロノロと歩き、外に出たいと意思表示をした。

患者さんの痛みを全部感じてしまったのだ。

若かったら、直ぐにリカバリーが出来たのに、この日のJrは疲れ切って倒れそうになった。

「ああ、もうこれ以上Jrは耐えられないんだな」と感じて、
引退をしようと決めたのだった。

今日も患者さんたちは大喜びだった。

CIMG6790.jpg
CIMG6791.jpg
CIMG6792.jpg
CIMG6793_LI.jpg
 一番のベテランセラピードッグだもの。

セラピードッグたちは、患者さんの痛みも悲しみも辛さも全部感じ取る。
それを感じ取って、セラピーをするのだよ。

これが最後なんだなあ、とオフィスに戻ると、思わず泣けてきてしまった。
10年間、千数百人の患者さんに会って、忘れられない人がいる。

一番忘れられないのが、
女性の患者さんで、ジャーマンシェパードのトレーナーだという。
Jrを見てすぐにシェパードが入っていることを見抜いたのだが、話をすると、彼女の犬たちは警察の捜査に沢山協力してきたというのだ。
警察の委託犬のようなんだと思うのだが、彼女の犬たちはあの有名なジョン ゲイシー事件でも出動したという。
ジョン ゲイシーというのは、アメリカ犯罪史上5本の指には入る連続殺人鬼。
若い男性ばかり、何十人も殺したのだ。
そして、その遺体を家の下に埋めていたのだが、何と発見したのが、この方の犬たちだというのだ。
話を聞いたときは、ビックリもし、そして、このトレーナーさんに会えて光栄でもあった。

Jrが沢山起こしたミラクルの中では忘れられないのが、60歳の男性で、お風呂場で夜中に倒れて、それ以来コーマの状態が続いていた。
看護婦さんが「患者さんは2日間意識がないが、ファミリーがセラピーが必要だから部屋に行ってほしい」と言ってきたのだ。
リストには入っていない患者さんだったが、特別にエクストラで訪問することも沢山ある。

部屋に入るとお父さんがベッドの上でジーと動かない。
2人息子さんがいて、若い方の息子さんが
「父は2日前に倒れてコーマの状態だ。僕はもうすぐ結婚するのに。。。」
と言って泣き始めた。

Jrをベッドの横の椅子に座らせて、頭をベッドの上に載せた。
そして、意識のない男性の手を取って、Jrの頭をゆっくりと撫でる手伝いをした。

息子さんたちは傍に立ってユニゾンで
「ダデイ、ダデイ。犬が来ているんだよ。Jrっていうのだよ。犬が大好きだろう。起きて、起きて、犬が来ているんだよ」

すると、患者さんがうっすらと目を開けて、モゴモゴ何か話し始めたのだ。
子供のころに犬を飼っていて。。。モゴモゴ。。。
ちゃんとJrの頭の上に置いた指も動いた。
傍に立っていた看護婦さんもビックリした。
「えーー、目が覚めたの?ミラクルだ」

その後、すぐにまたこん睡状態に戻ってしまったのだが、
「明日から違う犬が訪問するように手配をするから、セラピードッグが来たら、また同じようにしてみてください。薬よりも、セラピードッグの方がお父さんには効くかもしれないから」

こんな話は山ほどあった。
Jrはミラクルを起こす犬だったのだ。

このボランテア活動も、Jrと巡り合わなければしなかった。

まさに、たったの一匹の犬が私の人生を変え、そして、千数百人の人達に少なからず、影響を与えたのだから、お母さんは胸を張って、うちの子だーと世界に叫びたい。

これからは、美味しいものを食べ、森で鹿を追いかけて、
ドッグパークで遊び、好きな時昼寝して、引退生活を満喫してほしい。

君は凄い犬だよ、Jr!!
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/2016-530898e1