シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > もう、秋だね
2017.08.23 (水)

もう、秋だね

随分前から、秋だと思っていたが、もう、8月も後1週間くらいで終わってしまう。
何だか夏らしい日が極端に少なかった。

昨日の朝はドッグパークに行き、午後は湖に散歩。
朝は厚い黒い雲が出ていたので、これは嵐になるのかと思ったら、午後はピーカン。

CIMG6681.jpg
 涼しくてもう、夏じゃない。

CIMG6683.jpg
 Jrは今日も男前

CIMG6682.jpg
チチは今日もブスカワ

CIMG6684.jpg
木陰を歩いて深呼吸。

ああ、お母さんは24時間勤務のお犬様たちの召使。

そうそう、Jrはハロウィーンで引退すると通達したところ、今年最後のクリスマスカードの撮影会には出てほしいと言われた。
そうだよね。Jrのいないクリスマスカードはパッとしないんだから。

10年間で一度だけ出なかったことがあった。
それは、ガン手術をしてまだ傷が残りお尻の毛を剃られてしまっていて、とても写真撮影に臨めるような状態ではなかったからだ。
あの時、生きれるかどうかも分からなかった。。。

あれからもう3年もたつ。ガンの再発もなく元気なジーさん犬になれて本当にお母さんは嬉しいよ。

あのJrなしのクリスマス写真は、皆そっぽ向いていて、纏まりがなく、詰まらない写真だった。

そうだ、また中心に陣取って、最後のクリスマス写真を華やかにしてあげよう。

と思ったのでございます。

それに、昨日の夜。
JPAPAがさっさとベッドルームに引っ込んで犬たちは普段はパパの後ろをついて行列してベッドルームに行く。
だが、お母さんがちょっと調べ物をして
「Jr、ネンネするよ」と声をかけると、
何とJrはリビングのソファーの上で大きなぬいぐるみの犬を相手にペコペコしている最中だった。
「え?」
お母さんとJrの目が合った。
バツの悪そうな顔をした。まるで中学生の男の子がHな雑誌を部屋に持ち込みウハウハしている所を突然母親がドアーを開けて見つけられてビックリと恥ずかしいを混ぜたようなそんな顔だ。

「まだ。。そんな気になるの?」

お母さんは見なかった振りをしてベッドルームに行くと、10分くらいでJrが部屋に入って来た。

人間年齢91歳。
まだまだ、現役のJrなのでありました。
EGD(エロジジードッグ)健在です。

こりゃあ、長生きするだろう。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1999-02e36176