シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > 怖い事が起きている!
2017.07.21 (金)

怖い事が起きている!

昨日、JPAPAがガンの疑いがあるので、組織検査を受けた。
近くの施設まで送って行って、終わったら迎えに行くことになっていたので、そのまま買い物に行ったら、電話が鳴った。
出ようと思ったのだが、幾らやっても出れない。
横にスライドしないと出れないことを知らなかった。
直ぐにかけなおすと、もう終わったから迎えに来てくれという。

30分もたっていない。
10分で終わったんだという。

「麻酔掛けたの?」
「掛けない」
「ええー、じゃ、針をタ0にぶちって刺したの?」
「違うよ、お尻の穴からだ」
「痛かった?」
「ウン。。。。でもドクターは何もヘンなものは見つからないと言っていた」
「大丈夫。あなたは大丈夫。でも年だから、ちゃんと検査した方がいい」

そして、午後はベッドで休んでいたが、5時になり、犬たちがパパと散歩したいとおねだりしたので、出かけたのだ。
「大丈夫?」
「ゆっくり歩けば大丈夫」
そして、帰ってくると
「ルーシーの所のハズバンド、肺癌だって」

ええええーーーー、一体ここで何が起きているのだ!!

私の知っている人たちだけで、今年に入って5人、肺癌。
それも、症状が同じなんだよ。
咳をして肺炎だと言われて、検査したら肺癌。

まず、友達の旦那。
今年に入って右腕が腫れて、病院で検査を受けたら肺右上にガンが見つかったが、治療できる種類だという事で、化学療法と放射線治療を開始。
一時は、車の運転も出来るようになったと言っていたら、家の中で何度もつまずき、倒れて救急に運ばれたら、キーモをしたときの針が汚染されていて、血液インフェクションを起こしてしまい、そのあと、毎日大量の抗生物質を点滴で打つことに。
それが終わったと思ったら、今度はおしっこが出なくなり、腎臓がやられてしまい、おしっこを排せつする処置をしたら、何リットルも出たという。
今はバッグをつけて、出している。
そして、数日前に友人と話したら、”予防の意味で”脳に放射線をかけるというのだ。

ええええーーーー、確かに肺癌が脳に転移するという話は聞いたことがあるが、まだ転移していない健康な脳に放射線を掛けるって、おかしくないのか?

そして、その次はドッグシッターさんで、咳をして病院に行ったら肺炎だと言われ、検査したら肺癌で、たったの一か月なのに、治る見込みはないという。彼女はタバコは吸わない。

そのあとは、ここのいわゆる町内会長みたいな人。
冬の間にフロリダに行っていて、咳を始めて肺炎だと診断されたが収まらないので帰ってから検査したら肺癌で、もうすでに脳に転移。

ハス前の夫婦。
フロリダに引っ越しすると言っていて、引っ越し前に奥さんがすい臓がんになった。

そして、今度は、ルーシーというワンコを飼っている方の旦那さんだ。
やっぱり、咳をして肺炎だと言われて、検査したら肺癌。
彼はゴルファーで犬の散歩も毎日していた。
20年前までタバコを吸っていたという。

一体、何なのだ!
近所の人達だけで、これだけ今年に入ってから病に倒れている。

何が原因なんだろう。
水だろうか?
それとも、裏のゴルフ場に撒かれる農薬か?

怖い話じゃないか。
 
変だ!~
私が知っている人たちだけでこれだけいるんだから、
知らない人たちの中でも、病に倒れている人が沢山いるのかもしれないじゃないか。

怖い。
JPAPAの検査が、何でもありませんように。
(JPAPAは酒もたばこもやりません)

タバコは、止めた方がいいよー。
何十年も経ってから、影響が出たりするんだね。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1971-7333f5ce