シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > 犬の誘拐事件
2017.07.18 (火)

犬の誘拐事件

Jr.の行方不明事件にコメントを沢山頂き、有難うございました。

本当に、犬の誘拐事件はあるので、それを心配しました。
何しろ、Jrは子犬の時から優等生なので、自分でフラフラ好き勝手をする子ではないのです。
チチの方が、可能性がありますが、お母さん大好きなので、絶対に離れません。

先週も、誘拐事件がありました。
隣町で2歳のロットワイラーが横付けされた白いバンに連れ込まれて、誘拐です。
身代金などの要求はないようです。

それは、以前ドッグパークで多発していた誘拐と同じ理由だと思う。
ドッグパークでは、犬を連れてこない若い男たちが、駐車場のあたりで犬を物色。
大人しそうな犬を取り囲んで、’あっという間に連れ去るという手口。

これは、闘犬を訓練するときの”噛ませ犬”というベイトに使うため、大人しそうな犬を誘拐するのだそうです。

昨日は、もしかしたら、とこの事が頭をよぎり、ジーさんでマイルドで、大人しいJrがそんな闘犬の噛ませ犬にされたら、悲劇です。

ま、昨日のJrはお母さんがポーランド人のご夫婦とお喋りして動かなかったのが気に入らず、じゃ、自分でどっかに行っちゃうよ、という事だったんだと思う。

それでも、人間年齢91歳のJr.
耳が聞こえなくなったり、目が見えなくなったり、混乱したりすることは、これから起きるかもしれないので、
よく観察しながら、目は離せなくなったという事なんでございます。

妖怪年齢まで長生きしてほしいので、
頼むよ、Jr....

PS.私が毎日夕飯を作る話。
実は料理も掃除も家事は苦手なのであります。
仕方がなくやっておりますが、決してピカピカな掃除は出来ず、犬の毛がフロアーに溜まるので、掃除機をかけるくらい。
料理は、”素材の味を利かす’とかなんとか言っちゃって、手をかけない(掛けられない)殆ど料理とは言えないようなものばかり。
旨けりゃいいんだ、とテキトウなものばかりを作っております。
面倒な手のかかることは嫌いだ。なのでございます。
他に、やりたいことが沢山あり、それを考えると、飯は栄養バランスが取れて、安くて、簡単で美味しいものを食べるという、そういう方向性なってまいります。

出来れば、メイドさんがいて、全部やってくれればなあ、と夢見る毎日でございます。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1969-33cfdb04