シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > Jr.行方不明になる!(一時的)
2017.07.18 (火)

Jr.行方不明になる!(一時的)

おおー、ショッキングなタイトルだ。

今朝も涼しかった。
半袖Tシャツではうすら寒かった。

ドッグパークに行ったのだ。

CIMG6484.jpg

こんなにいい天気なのに、風が涼しく、ワンコたちは大喜び。

CIMG6485.jpg
 
こんなに涼しいのは異常だが、今日はロングで行くか?と何時も行かない拡張したエリアに行った。

CIMG6486.jpg
 前を歩くのは、毎朝会うポーランド人のご夫婦。
仲がいいのよ。
今日も手を繋いでいる。
マルチーズのチャーリー君を連れてくるのだけれど、毎朝、二人で一緒。

夫婦は仲がいい方がいい。
見ていてもほっこりする。

追いついてしまったので、奥さんとお喋りをし、彼女が私に毎日何を食べているのだ?と聞いてきたので、
「毎日、色々なメニューで料理している。買ってくると、塩が大量に入って居たり、砂糖が大量に使われていたりで私は食べられない。自分で料理すれば、どんな肉、どんな野菜を食べているのか安心できるからだ」
「ライスを食べるのか?」
「白いライスは、何にでも合う」
「ライスクッカーを使うのか?」
「日本のライスクッカーは優秀だ」
「買いたいのでアマゾンで見たが、どれがいいのか判らない。どのブランドを買えばいい?」
「例えば、象印とか、日本の会社のならどこでも大丈夫。日本人はライスを毎日食べるから、物凄くファッシーなんだから」

とお喋りをしていて、足元を見ると、チチしかいない。
あれ?Jrはどこ?

ここから、大捜索が始まったのだった。

「ジュニアー、ジュニアー、バイバイーーー」と叫んだが、出てこない。
このポーりッシュのご夫婦も、一緒に探してくれたが、忽然と姿が消えた。

誘拐された?
もしかすると、認知症が始まった?
耳が遠くなって呼んでいるのが聞こえない?

ええー、今、1分前まで、いたじゃない?
一体どこに行ってしまったの?

このご夫婦に、大丈夫ですから、先に行ってください、と言ってお母さんは一人で行ったり来たり。

ま、ここに通って10年以上だから、もしかすると、自分で駐車場に戻ったかもしれないと思い少し歩き始めると、後ろから誰かが叫んでいる。
何を言っているか判らないけれど、また戻ると、
「ここにいるわよー、Jr.!」

後ろからJrが出てきてお母さんの所に駆け寄った。

「この人の帽子と貴女の帽子を間違えて、彼に付いて行ってしまったらしいわ」

オジサンがお母さんと同じようなベージュの帽子を被っていて、途中でそのおじさんをお母さんと勘違いして追いかけて行ってしまったらしい。

おーーーーーーーい、目も悪くなったのか?
お母さんの匂いも判らなくなったのか?

この時は太陽が急激に照り付けて、灼熱地獄だったのだ。

認知症の始まりかもしれない。。。

そのまま、暑いので森に入り、
「何やっているのよ?どこに行っちゃったのよ」と説教をしたら、

CIMG6487.jpg
 聞こえない振りをしやがりました。

もーーー、心配かけやがって、ジーさん犬!!
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1968-88dde129