シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ドッグフード
2017.07.02 (日)

ドッグフード

このところ、ドッグフードは、Chewyというネットのお店で買っている。
安いし、バラエティーは広いし、2日で届くし、という事で殆ど、ペットショップに行かなくなった。
そうしたら、PetSmartからメールが来た。
3日間だけのクーポン。
店の中のどのブランドのドッグフート4.5パウンドまで、タダで上げます。
というのだ。
何も買わなくてもいいらしい。
普通は、50ドル買ったら、一袋タダとかいうのはあるが、どのブランドでも好きなのをあげますというのは、太っ腹な事である。

そして、フラフラとそのクーポンを握りしめ、寄ってしまったのだった。

どのブランドでもOKなら、一番高いの頂戴よ。
とオバはん根性丸出しで、Blueの一番高いのが、バッファロー、ウサギとトラウトのミックス、24ドルにしようかと思ったが、待てよ、と見つけたのがCoreの新製品。
ラム肉のフリーズドライが入っているというのだ。
これは、20ドル。

CIMG6389.jpg
 
これに決定し、その後、これだけもらって帰るのも何だなあ、とお店の魂胆にまんまと乗せられてしまい、オヤツでも買おうかと思ったが、Chewyで同じものが安く買えるので、躊躇した。
そして、これを見つけてしまったのだった。

クリアランスだった。
お店の人と話をしたら、契約で数か月間置いたが、売れなかった場合、他のブランドが棚に並ぶことになっているため、売り切りだというのだ。
オバはんも名前を知らなかった。
殆ど、宣伝していないから、誰も買わなかったらしい。

CIMG6390.jpg
 Dog for dog
売れたら、同じ分量をシェルターに寄付するというコンセプト。
カリフォルニアのマリーナデルレイの会社だと書いてある。
グレインフリーだし、袋を確かめたが、アメリカ産で中々良さそうなのだ。

49ドルバッグが50%引きで、24.5ドル。
買う!
グレインフリーは、コーンや小麦やそのほかのフィラーというもので嵩まししていない為、一般的に割高だ。
このフィラーというのがアレルギーのもとになったり、病気の原因になったりするので、出来れば、グレインフリーにしたい。

缶ミートもクリアランス。
賞味期限は2019年。
OKだ。

CIMG6391.jpg
 野菜とチキン、野菜とダックの2種類を10缶づつ。
これもグレインフリー。

2ドル以上の物が77セント。

買う!

と、結局、ドライフード24パウンド。
缶ミート20缶も買ってしまった。
缶ミートは普段は使わないが、私がいない時、JPAPAがこれを上げてくれれば楽だ。
それに、もし、フレッシュミートを料理したものが無くなった時にも、一時的に使える。

ただ、知らないブランドだったので、帰ってきてからグーグルしたところ、4スターを貰っていた。
そのほかリコールも今まで起こしていないようだし、大丈夫だ。

要するに、宣伝しないと売れない。
どんなダメフードでも、テレビや色々な媒体で宣伝していれば、人は名前を知っているから、それを買う。
どんなに良いフードでも、宣伝をしていなければ、名前を知らし、人は手を出さない。

こういう場合は、口コミがいいんだろうね。
全国区規模の大きなペットショップの棚に並ぶのも、熾烈な戦いがあるらしい。

オバはんは、安く買えて良かった。
そのうえ、絶対に買わないような、お高いフードも頂いた。

という、オバはん根性丸出しのドッグフードショッピングだったのでございます。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1951-579c4a27