シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ラーメンを食べに行ったのだ。
2017.06.22 (木)

ラーメンを食べに行ったのだ。

の話の前に、トートのトリミングの写真をアップ。

生成りにトリミングを使うとこうなります。
CIMG6340.jpg
CIMG6342.jpg
CIMG6341.jpg

生成りもいいのよ。
足跡を描いたり、ちょっと言葉を描いたり、色々デザインできるからね。

さてと、ラーメンの話。
シカゴ界隈にも次々と日本からラーメン屋さんが進出してきているらしい。
というのも、出かけて食べに行かないから判らんのよ。

NYなんてほんとかウソか知らないけれど、10歩歩くとラーメン屋に当たるとか?

今回はセラピードッグの仲間だった故プリンスのママが
「一緒に食べに行って、説明してほしい。何が何だか分からない。一緒にランチしよう」とお誘いがあったのだ。

その店は味噌ラーメンの専門店だった。
そういえば、フリーのスーパーに置いてある情報誌に宣伝が載っていた。
ラーメンかあ。。。日本に行ったときしか食べないし、家でお昼にインスタントラーメンを作る位だなあ。。。
と出かけて行った。

この白人の女性二人はどうやってこの店を見つけたのか?と聞いたところ、友人が連れて行ってくれたというのだ。
何だか辺鄙なところにあったが、午後1時に行くと大混乱はしていなくて、テーブル席にプリンスママとお友達は先に来ていた。

そして、メニューを見て、みそとは何ぞや、と説明し、3人とも違うものを頼んだのだった。

CIMG6322.jpg

オバはんは、とんこつ味噌ラーメン。
だが。。。オバはんは醤油ラーメンが好きなんだ。
確かに、美味しかったが、おばはんの味覚のツボに。。。ハマらなかったのだ。

自分の人生を顧みてだ、ラーメンと考えると、子供のころに食べた近所の蕎麦屋のラーメン。
ここは、鄙びたちっぽけな蕎麦屋だったが、近所から出前には一番近かったため、母親がズルするときに、時々出前を取っていたと記憶する。

そして、蕎麦屋なのに、ラーメンがあって、これが最高に美味しかったのだ。
いわゆるシナそばというので、鶏がらスープが濃厚で醤油味。
シンプルだが、「うまーーーい」と言わせる威力があった。

ただ、子供のころの美味しいものをまだ知らない時分の事だから、思い出というのは、まあ、適当な世界だと思うが。。

もし、あの蕎麦屋のラーメンを食べれるチャンスがあるのなら、神様、お願いだ、もう一度食べさせておくれよ。

というわけで、オバはんにとってのラーメンは醬油ベース。

それにしても。。。ラーメン一杯12ドルプラス、ゆで卵だ、チャーシューだとトッピングは別料金。
高いなーーー。
ラーメン輸入しているわけじゃないだろうに。
やっぱり、材料は日本からなのか?

ああああーーー、
美味しい醤油ベースのラーメンが、食べたーーい。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1943-a1124aea