シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > 結婚ラッシュ!
2017.04.21 (金)

結婚ラッシュ!

今朝、起きてすぐにメールをチェックすると、美人女将の息子のG君が、シテイホールで結婚したと報告が!
おおーー、オバちゃんにとっては、G君はおしめ姿がまず浮かぶ、そんな僕ちゃんだったのが、お嫁ちゃんを貰ったというのだ。
ああ、何と時間の流れのはやい事よ。

そしてJPAPAのシンガポール時代の友人の息子君も結婚するから式に来い、と招待状が来た。
ワシントンでするそうだが、行けない。
家を空けられない。

皆大人になっていく。
そのうちに、子供が生まれれば、皆グランパ、グランマだ。

ごめんねー。ダウンタウンシカゴに行くのも、メンドーになっているので、年に一回の日本行以外は、飛行機に乗りたくないんです。

この場を借りて、本当におめでとう。

それに、このところ、皆様のブログで、結婚22周年25周年というのを見て、オバはんは、20年以上も同じ人間と暮らし、そのうえ仲がいいなんてーのは、奇跡としか言いようがない!と思うのでございますよ。

自分の親と一緒に居た時間よりも、もっと長く一緒にいて、そのうえ、家族の歴史を作り続ける。
凄い事じゃ、あーりませんか?

オバはんとJPAPAも、今年で25周年を迎えます。
家も未だに仲良しフーフですが、これは、この出来た賢い妻の毎日の努力と忍耐の上に成り立っているのであります。
と、自分で思っておりますが、JPAPAも一生懸命働いていてくれて、毎日の感謝は忘れません。

新婚の君たちよ、
これから結婚する君たちよ。
育ってきた環境も、時には文化も違ったりするのだから、二人でそれをすり合わせ、自分たちのルールを作り、幸せになってほしい。
決して相手に対する感謝を忘れず、”ありがとう”は自然に言えるようにしなちゃいね。

自分が嫌な事は相手にしない。
大好きだ、というのは、ちゃんと伝える。
言葉で伝えなければ判らないことも沢山ある。

ありがとう、ありがとうと言うのは一銭も掛かりません。
タダで夫婦仲が保てるのなら、こんなに良いことはありまへんでえ。

そうそう、昨日の黒猫に対する、貴重なご意見、有難うございました。
オバはんは平らなものを見ていると、形にしなくてはいられない、そういう人間なんでございます。
まあ、一種の中毒です。
だから、自分では’きゃー、可愛い”と思って作りますが、それが、他人の目にはどう映るかは全く分かりません。
あの猫の抱き枕も、喜ばれていることが判った時点で、’おおー、それじゃ、もっと作ろう’となり、数百個、とか作ってしまう訳なのであります。

とにかく、シェルターに寄付やJrのセラピードッグのファンドレイジングに使うので、社会にほんの少し貢献できていると思う心が、まあ、原動力なのでございます。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1889-b3e8d445