シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > 今日のセラピードッグ達
2017.04.16 (日)

今日のセラピードッグ達

今日は、代打でお仕事だった。
検便で陽性が出たセラピードッグが働けないので、Jrが代打。

物凄くいい天気。
やっと春らしいというか、飛び越えて初夏のように暖かい。

病院の駐車場に水仙が咲き始め、今年はどの花も遅いから、きっと一気に咲くんじゃないだろうか?

今日のメンバーは、チャーリー。

CIMG1147.jpg
 
そして、オーストラリアンゴールデンドウードルのマレイ。

CIMG1149.jpg
 
ブリーダーがオーストラリアにいるので、オーストラリアンと呼ぶだけなんだとさ。

そして、
CIMG1148.jpg
 Jr.なのだが、カメラを変えて持って行ったら、良く撮れない。

沢山の患者さんを回ったが、この患者さんは私と同じくらいの年。
綺麗にお化粧していて、身だしなみに気を付けているのだと思う。

CIMG1150.jpg
 色々話をして、最後に折り紙のツルのGet well soonのカードを渡すと、感極まったのか、泣き出してしまったのだよ。

病気をして入院するという事は、やっぱり心細い事。
手術をしたり、ガンであれば連日のキーモや治療。
検査だ薬だと、きっと、色々考えてしまうのだと思う。

そんな時、セラピードッグが訪問して、傍に寄り添ったりすると、そんな不安な気持ちが溢れて来たり、癒されたりするのだと思う。

そして、オフィスに戻ると、デスクに大量のドッグクッキーのギフト。
教会の子供たちがJr達の為にパンプキンのクッキーを焼いてプレゼントしてくれたのだ。

CIMG1151.jpg
パッケージに手作りの骨の形のカードが添えられ、そこにそのパッケージを作った子供の名前も書いてある。

可愛いねえ。

家に帰ってJrとチチに与えたら、相当に美味しいらしい。
大喜びでありました。

今日もいい日でありました。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1884-f6457853