シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > 今日のセラピードッグ達
2017.04.09 (日)

今日のセラピードッグ達

Jr.は3月は丸々休んだため、久しぶりの仕事だった。
だが、メールが来て、他の犬たち、4匹テストして3匹が陽性結果が出て、仕事を休まなくてはならなくなったという。
こんなに一度に大量の犬たちが検便で陽性になるという事は今まで一度もないのだから、自然界で、何か起きている可能性がある。

Jr.が働けなかった時に、他の犬たちがカバーしてくれたので、今度はJrの番。
来週も、他のメンバーのカバーをすることになった。
4月は毎週忙しくなった。

さて、いつも一緒になるイエローラブのマリーが同時に到着。

CIMG5933.jpg
やっと、少し春らしくなった。
コートなしでOKは嬉しい。

CIMG5934.jpg
今朝も5-7時で、JPAPAと走ったので、少しお疲れ気味のジーさんドッグ。

CIMG5935.jpg
オフィスに着くと、もうすでに、Cubbyというゴールデンリトリバーが来ていたのだが、全身の毛を夏カットで、超ショートにしてあるため、ラブラドールか?それとも新種のミックス犬か?と思うほどの、容貌。

でも、可愛くて、思わず頬が緩んでしまった。

そして、もう一匹は、オーストラリアン シェパードのMara.
CIMG5936.jpg

CIMG5939.jpg
おーい、元気かい?とJrが傍に行った。

この子は目が一つない。
「以前Maraの話、聞きましたっけ?もう一度聞いていい?どうしたの片目」
「この子は、私が初めてフォスターした子だったのよ。4歳で、心臓に虫が付き、目は多分生まれつきの片目。そのうえ、耳が聞こえないのよ。フォスターしている間に、心臓に付いた虫は、シェルターがお金を出してくれて、駆除したんだけれど、預かっているうちに、離れられなくなってしまったの。生まれつきの片目で耳が聞こえない犬をアダプションに出しても、なかなか里親は出てこない可能性がある。もう、家に数か月いて、Maraも自分の家だと思っている。それで、正式に引き取ったのよ。物凄く頭がいい子で、こうやってセラピードッグにもなれたのよ」
「まあ、それは凄い。ところで、耳が聞こえなくて目が片方しか見えないのなら、どうやってトレーニングしたの?」
「ハンドサイン。こちらを見てくれれば、ハンドサイン。でも、見ていない時は耳が聞こえないから、感覚かしら?」

本当に感動した。
目が見えて、耳も聞こえて、五感全部が揃っていても、セラピードッグになれない子たちは沢山いる。
こんなにハンデイを背負って生まれてきて、前の飼い主にハートウオームの薬も与えられなかったから、心臓に虫が付き、こんなに苦難の連続を乗り越えてきて、今は、病院で働いている。

人間も、見習わなくては行けないね。

CIMG5938.jpg
ゴールデンは先に出発したので、3匹で、出発前の会議をした。

今日もジーさん犬は頑張った。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1879-db7647ad