シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > 疲労困憊
2017.03.07 (火)

疲労困憊

ああ、疲れたわ。どうして、こんなに忙しいのか?

昨日はJr達の年に二回のチェックアップの日。
8時半の落としだったので、一時間前に家を出て、森に行って散歩し、出すもの出させ、ダンキンドーナッツで看護婦さんたちのため、ドーナツを買い、獣医さんオフィスへ。

Jrの寄生虫の話をし薬を出してもらう事、チチの背中に小指の頭ほどの出来物を見つけたのでその検査をしてほしいなど、全部要請を伝えて、車に戻った。
さて、二匹がいないのだからショッピング?と思ったが、まだ、9時前で店は開いていない上、買いたいものなんかないので、時間の無駄だと家に戻った。

そして、ずっとやりたかった大掃除。
家具を動かすと毛が溜まり、ソファーの下からは9つもプラステックのスプーンが見つかり(チチが舐めたもの)ちょっと模様替え、だの整理だの、とやっていたら、あっという間に午後2時さ。5時間も掃除していたのだ。
その間に夕飯はどうするか?

ハンバーグが食べたかったが、手間がかかるので、チリにして煮込み、そこにドクターから電話があった。
チチの背中の出来物は腫瘍でないから大丈夫。Jrの検便をしたけれど、寄生虫は出なかったが、病院での検査で出たのなら、薬を出す。前足の調子もすごくよくなっている。血液検査も大丈夫。と健康に問題はないという結果。

Jrは12歳なので、足の手術はしたくない事。セラピードッグの引退も考えたが、もう一年頑張りたいと言ったところ
「Jrは普通の12歳の犬じゃないよ。見かけも体も、もっと若い犬だから、続けるのはいいと思う」
と言われたのだ。

どひゃーーー、Jrよ、君は美魔ジジー犬だ。
そして、これからも、EGD(エロ ジジー ドッグ)として生きるのだ。

そこで、5日間の寄生虫駆除の薬が出されたが、チチもグースププをたんまり食べたので、両方とも治療をすることになった。
しかし、病院の検査で出たのに獣医さんの所の検査で出なかったというのは、どういう事なんだろう。
かなりセンシテイブなものらしい。
そして、五日間投与の後、再検査は3週間くらい待てと言われたのだ。
直ぐに検査すると、また陽性って結果が出るんだって。

体から完全に排出されるのにそれだけ時間が掛かるという事。

気を付けてね。鳥の糞。
鳥インフルエンザだってある事だし、どんな未知の寄生虫だのバクテリアだのを持っているか分からない。

そして、どうして、犬はグースププが好きなのだろう?
美味しいんだろうか?

CIMG5837.jpg

お母さんは、疲れてグッタリ。
子供たちはパパを待っている。

今日は、どこにも行かないぞ。
次はリビングの大掃除。
スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chicagodoghouse2.blog103.fc2.com/tb.php/1855-114c62f2