シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ARCHIVE > 2017年03月
2017.03.27 (月)

雨の週末

土、日と雨でうすら寒く、どこにも出かけなかった。
あの赤いレインコートも活躍。
出掛けてみてわかったが、XXLでも良かったかもしれない。
こればかりは、着てみて歩いてみないと判らない。
が、今まで次々と買い替えたものの中では一番だと思う。

この辺り、ジジババばかりなので、夜の散歩は怖い。
若い者はスピードを出しすぎの上、携帯いじりながらの運転。
ジジババは夜になるとよく見えないらしい。
ので、夜は大きなライトを首から一つ、手に一つ。
Jr.とチチの首に一つづつつけてクリスマスツリーのようになって散歩だ。
これで、雨の中真っ赤なレインコートが加わった。


さてと、先週また毎日ドッグパークに行く途中で聞いたラジオの話。

最近の若者たちはデートアプリなるものを使って相手を探すらしい。
初めは、男性が電話かけてきて、「デートアプリで初めて会った彼女と凄くファーストデートが上手く行ったのに、その後全く電話にも出ない、メールも来ない」という相談だったが、彼女にラジオのパーソナリテイが電話を掛けると、
「ファーストデートで、初めて会ったのに、ストリップクラブに連れていかれた」
えええー、オバはんだって行った事ないよ。
スタジオの全員が「それはまずい」と言うと、男性が
「食事だって美味しいんだ。ロブスターだってある。お金払うんだから、ショーが見れてお得だ」

この男性はストリップクラブで自分は楽しい。ロブスターだって食べれる(この人のご馳走はロブスターらしい。何度もロブスターと言った)どうしてファーストデートで女性をそこに連れて行ったら悪いのか、判らないのだ。

誰が、他の女の裸を見ながら、食事したいんだ?

次は、女性からの相談。
やっぱり、デートアプリを使って初めて会った男性と楽しいデートをしたのに、二回目がない、どうしてだか知りたい。
また、男性に電話を掛けると
「僕はアプリのシークレットなのを使った。相手の希望を呑んだら、その晩は僕と寝るという約束があるんだ。それなのに、彼女は僕をファミリーリユニオンに連れて行ったんだよ。彼女の親戚一同が集まっている所に連れていかれておじさんたちに色々質問されたが、僕は彼女の事は何も知らない。もう二度と彼女とは会いたくない」
(どうも、そういうシークレットなアプリがあるらしい。。考えてみれば、不倫したい人が集まるクラブがあって、そこのアプリを使ってダブル不倫をする人が何万人もいると聞いた。世も末だ)
そこに相談者が割り込んで
「何言ってんの。物凄く楽しかったじゃない?」
「それは君だけだろう!」

それは、ダメだ!きっとこの女性は親戚一同に、「私だって付き合っている男がいるんだ」と虚勢を張りたかったんだろうな。
彼はそれに利用されたのだが、気が付いた。

ふーーん、今時の若者はデート一つするのに苦労するんじゃのう。

その次はやっぱり、男性からの相談。
凄く上手く行ったデートだったのに、二回目がない。
相手の女性に電話を掛けると、
「私はバーで働いているの。バーテンダーなのよ。彼はお客なのに、店に2ダースのバラを送って来た。部屋に花束が届く。大体どこに私が住んでいるのかどうやって調べたの?会ってから10日も経っていないのに、気持ちが悪い」

男性が割って入り
「僕は花を送れば女性は喜ぶと思ったんだ。君を尊重している。どうして嫌がられるか判らない」
「あなたはやりすぎなの。短期間にこんな事されるのは気持ちが悪い」

花を次々と送りつけられて、気味が悪くなったらしい。
これで、女性の方も彼に気があれば、嬉しいんだろうけれど、好きでない場合は、薄気味が悪くなるんだよなあ。

オバちゃんにください。
お花を貰ったら、小躍りします。
出来れば、花よりもペットショップのギフトカードなら、もっと喜びます。
ほっぺにチュー位してあげるけど、オバちゃんじゃ、相手にならんか?
スポンサーサイト