シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ARCHIVE > 2017年02月
2017.02.28 (火)

2月最後の日

今日は2月最後の日。
年が明けたと思ったら、もう明日は3月。

昨日は予想に反して、物凄くいい天気になった。

ドッグパークの後、シェルターに寄付に行った。
猫の抱き枕を30個ほどとその他諸々。
売れるようだったら、連絡して、また寄付するからと伝えてきた。
その帰りには、Dr.WyattのオフィスにJrのX-rayのデイスクを届けた。
どうも、獣医さん同士の連絡が上手く行かず、3週間近く診断が遅れた。
とにかくは、12歳になるJrに手術はさせたくないので薬で痛みを取れる方法を選ぶという方針をDr.Wyattとしてきたのだ。

CIMG5816.jpg
帰ってきてから、湖に散歩。

これは、2月の絵じゃないでしょう!
このまま、氷点下やブリザードなんて戻ってきませんように。

さて、毎朝、ドッグパークに行くときに聞いているラジオ番組があり、何度もこのことは書いたけれど、昨日の番組を聞いて、そりゃだめだ、と思わず叫んでしまったのである。

この番組は、男女のどちらかが、知り合ったのに、メールも電話も来ない。どうしてだか知りたい、と相談する。
すると、番組のパーソナリティが相手に電話をかけて、番組上でどうしてか?と話をするというものなのだが、毎回思うのは、最近の若い男女っていうのは、自己愛が強く自己中心的、俺様、わたくし様に連絡を取ってこないというのは、怪しからんみたいな感じなのだよ。

大体、相手が連絡を取ってこないというのは、会いたくない、もう結構という事なのに、自分の方は、物凄くデートは上手く行った、こちらに落ち度は考えられない、それなのに、何故?となるらしい。

昨日のは、可愛らしい女性の声だったが、列車の中で知り合った男性。
話をすると、共通点が沢山あって、意気投合。
こんな気持ちになったのは初めてで、きっと運命の人だと思った。
まるで映画のワンシーンのようで、絶対に運命の人。
食事を一緒にして、物凄く楽しい時間を過ごしたのに、もう2週間も連絡が来ない。
どうしてか知りたい。と言うのだ。

そして、パーソナリティが相手の男性に電話を掛け、00と言う女性を知っているね。どうして連絡を取らないのか?と聞くと、
「僕は公共の場で相手の事をどうのこうのいうのは嫌な人間だ。でも、そんなに聞きたいのなら、言うけれど、彼女は、食事をして5分で”あなたと私は結婚する。あなたは未来の私の夫”って言い出したんだ。僕は彼女と列車の中で会ったばかりで、何も知らない。確かに共通点はあったけれど、5分で”未来の夫”だなんていわれたら、赤信号が大点滅だよ。例えば、付き合って2-3か月してお互いの事を良く知って、そこでの発言だったら判るけれど、丸きっり、僕の気持ちは無視だ」
「それは、ダメだね。そんな性急にあなたは私の未来の夫、なんて言われたら、引くよ」
ここで相談者の女性が口を挟む。
「何言っているの!貴方はまだ、気が付いていないのよ。私には未来が見えるわ。貴方と私は結婚するのよ。これは、運命なのよ」
。。。。
「また会いましょうね」
パーソナリティが
「それはどういう意味か分からないけれど、とにかくダメだってさ」

で番組は音楽に切り替わった。
ストーカーになるんだろうな。
付きまとって
「貴方は、また気が付いていないだけ。私があなたの妻になるの。私たちは結婚するのよ」

怖いじゃないの!!
思い込みの激しい女。
よっぽど、映画の様な出会い、一目ぼれで運命の人に出会う、夢のようなラブストリーにドップリ憧れていたのかもしれないけれど、独りよがりで舞い上がるのは、相手に引かれますよ。
がっつかない!
飛びつかない!
嫌がられるんやでー、こういう女は。
賢くなりなはれ。

PS.飼い主と犬が似ているという話は、そういうケースが多いという話で、必ずしも、全部がそうだという事でありません。そして、科学的な根拠は全くない、ただのオバはんの与太話です。でも、周りを見回すと、飼い主と犬がそっくりなケースが多く、不思議であると感じるのであります。
スポンサーサイト