シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ARCHIVE > 2015年07月
2015.07.30 (木)

オバはん、怒ったよ

もう、7月も終わってしまうのね。
あっという間。楽天を見たら、30,31日だけの大セールで帽子が出ていたので、思わず2つ買ってしまい、美人女将に借金だ。
前も書いたけれど、このあたりの人達は帽子を被らない。
だから、オバはんがドッグパークや買い物の時に、大きなつばの帽子を被っていると、
「何処で買ったんだ。それが欲しい」と良く声を掛けられる。

だが、皮膚がんになろうがなんだろうが、オバサンおじさん達までもが、帽子を被らず、太陽に直射されている。

どうして、自分の体に無頓着なのか不思議で仕方が無い。

2-3日前、あのご近所超肥満夫婦の家の前を夜散歩して通ったら、夫婦がいた。
何処かに出掛け帰って来た所らしいのだが、旦那がウオ―カ―を使っている。
あの、赤ちゃんの歩行器のようなものよ。
大体が高齢者で足腰が駄目になって、ウオ―カ―を使ってよちよち歩くのだが、彼はまだ60歳前。

後ろ姿が、頭が真っ白の上、3分の1位痩せている。

病気したんだ。。。。
そうだろうなあ、超肥満だもの。
物凄くお爺さんだ。

やっぱり、超肥満、運動不足は病気になる。
若いのに、80歳位に見える。。。
関係ないけど。。。

前に住んでいるおじさんも、ここ10年以上は働かず、ガールフレンドに食わせて貰っている。
ガールフレンドはコンピューターの仕事をしているとかで、自宅で仕事。
おじさんは、元料理人だったらしいが、働かない。
毎日酒浸り。
昨日散歩の途中で、つりざおとバケツを持って歩いていたので、
「夕飯の魚釣ったの?」
「時間つぶし」

お腹だけ前につきだしていて、臨月の妊婦みたいだし、その上、前歯が全部無くなっていた。。。。

彼も50代。。。

ううううむ、まだ若いのに。。。

そう言えば、昨日のニュースで歯医者がアフリカに行って、現地で有名なライオンを射殺したと大ニュース。
もう、なんだ、こいつは!とオバはん激怒した。

5万ドル払って、トロフィーアニマルとか言って、野生動物を殺して回っていやがった。。。

お金を積めば、何やってもいいのか?

彼が殺した大型野生動物は数知れず、それを写真に撮って、銃抱えて、にんまり笑っている。
一体、何の為にアフリカまで行って、大型動物を殺して回るのか?

このライオンも、初めは矢で撃って傷を負わした後、執拗に追跡して射殺したと言う。
有名なアイドルのようなライオンだったと知らなかったという。
有名だろうが無かろうが、何でライオンを殺すのよ。
そして、このリーダーだったライオンにはまだ、子供のライオンたちがいて、リーダーが死ぬと、新しいオスのリーダーがその地位につき、前のリーダーの子供達は新しいリーダーに殺されてしまうんだそうだ。

前のリーダーの血筋だから。
自然界というのはそう言う事になっているのだと言う。

その為、このバカな快楽ハンターの歯医者は、リーダーのオスライオンを殺した事により、群れの大崩壊を起し、子供達も皆殺されると言う大悲劇を起したのだ。

この話は、今大問題になり、このアメリカ人の歯医者は、アフリカで裁判を受ける事になるかも知れない。

もう、金持ちの快楽ハンテイングは禁止してほしい。
ただでさえ、野生動物達は絶滅の危機に直面している種も多い。
平和に暮らしている所に行って、殺戮するなんて止めてくれ。

金で何でも買える世界はおかしい。
スポンサーサイト