シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ARCHIVE > 2015年04月
2015.04.30 (木)

ホラー映画

昨日、ドッグパークから戻ると、JPAPAがいなかった。
お昼過ぎに電話があり、新しい会社に行って、雇用契約を結んだと言う。
午後には、2社目からメールが来て、オファーが来た。
こちらの方が、ちょっと給料が高かったが、もう、1社目と契約をしたので、お断りする事になった。
こんな事ってあるのだろうか。。。

今までも、香港に居た時に、勤めていた会社が香港撤退を決め、仕事を探しに1年。
あの時は香港返還がまじかで、混沌としていた時期で、仕方がなかった。
それで、JPAPAも香港撤退を決めて、アメリカに戻ったのだった。

若かったり子供がいたりしたら、不安になるだろう。
それは、当たり前の事だ。
オバはんが太っ腹に構えていられるのは、子供もいないし、これから家を買ったり、将来どうするか、という悩みが無いからだ。
悩みと言えば、これから、どう死ぬかになって来ている段階なので、鷹揚にしていられるのだ。

ただ言える事は、旦那を大切しなさい、と言う事だな。
旦那を大切にすると自分も大切にして貰える。
専業主婦は旦那が金を運んで来て、自分は何もせずにお菓子食べてテレビ見ているとう事ではないのだよ。
外で働くと言う事はそれは、大変な事なんだから、旦那が毎日働いて、家族が路頭に迷わず生きていけるとしたら、それは、お父さんのお陰なのだから。


と言う訳で、全く関係ないが、昨日2本ホラームービーを観てしまった。
1本目は、

DSCN3054.jpg

これは、他の図書館からのローンだったので、カバーにべたべたとステッカーが貼ってあってカバーが見えないが、


”The possession of Michael King”

という題名であった。。
結構面白かった。。

出だしは奥さんと女の子と旦那が春麗のパークでピクニックしているのか、ハッピーファミリーのビデオ。

そして、何がどうなったのか判らないのだが、どうも奥さんが6カ月前に亡くなったという話になっている。
どうして亡くなったかは最後まで判らない。
この主人公のマイケル キングが、
「これからこの世に悪魔もあの世もないと言う事を実証するドキュメンタリーを撮る」と言って、友人を伴って、ビデオ撮影をする。
基本的に、その類を全く信じていない。
サイキック、霊能者、悪魔崇拝者などの所を回ってインタビューするのだが、ちょっと小馬鹿にしながら薄笑いまで浮かべている。

所が、その悪魔崇拝者の所で、
「あんたに憑いている悪魔の種類を突き止めよう」
とちょっと催眠術のようなものを掛けられて自動書記でカニのようなものを書き殴る。
本を開くを、その種類が描いて有り、それも信じない。
そのあと、地下室の拷問部屋のような所に連れて行かれ、手足を縛られて儀式を受ける。

そこから、マイケルキングは変わってしまう。
自分が知らないうちにトンでもない事をしたり、鼻の辺りが何かが詰まっているとわ―と声を出すと、それが、何人もの声が重複していて、その音を専門家に聞かせると、一人の声帯からこんなに色々な音が一度に出るはずがない。機械が壊れているのだ、と言われたり、段々とおかしなことが起こり、遂には、愛犬を殺し、周りから声が聞こえてきて、「娘を殺せ」と命じられる。
嫌だと抵抗するのだが、ずっと幻聴があり、頭がおかしくなっていく。
インタビューした牧師の所に行って、エクソシストしてくれと言うと、その牧師は死んでいたり、自称サイキックも、悪魔崇拝者も皆、彼と会う事を拒否する。
精神科の医師は、奥さんが亡くなったのでそのグリーフの気持ちがストレスになっているといい、全く助けが無い。

そして、マイケルキングは憑依されたまま、まともな自分は止めようとし、憑依された自分はトンでもない事をしでかし、終わりに突入していく。

とまあ、こんな話。

要するに信じようが信じまいが、こういう世界に興味本位で近づくなと言う事だな。
良く肝試しとか言って、その手の所に面白半分で遊びに行く人がいるけれど、まあ、こういう事も起きるよという、話だ。

二本目は、
DSCN3055.jpg

これは、写真を何回アップしても、横向きなってしまった。
 Out of the dark

夫婦と女の子が奥さんのお父さんが製紙会社を経営しているコロンビアに行く。
将来お父さんの仕事を継ぐため、仕事をしに行く。
用意されたのは大きな家。
回りにはジャングルがある。

どうも、この街には数百年前に侵略者が子供達500人位を焼き殺したと言う話があり、その昔の惨殺事件の話が見え隠れ。

子供をベビーシッターに頼んで、夫婦でパーテイに出ている間に家の中で色々あり、その内に女の子は誘拐されてしまう。
そして、女の子を探しまわる間に、20年前に起きた事件が浮かび上がってくる。

最後は、そんな可哀そうな事件が元だったのか、と判ってオバはんは涙ぐんでしまっただ。

まあ、この2本。
最近のホラーの中では、まあまあだったな。

あ、横でJr.が咳を始めた。
コフコフと空咳だ。
大変だ!すぐに獣医さんに電話して診て貰わなければ。。。
遂に、インフルエンザが移ったか?!!
スポンサーサイト