シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ARCHIVE > 2014年01月
2014.01.31 (金)

春用お散歩バッグ

小林カツ代さんがお料理の先生だけではなく、動物愛護に寄付し続けたと言う話は、本当にその道の人しか知らない事だと思う。。
名声を得た方が、色々なチャリテイや動物愛護を支援すると言うのはあるのだが、日本では、それを自分の売名行為に利用したり、本物ではないため、時々胡散臭さを感じてしまう。

そして、カツ代さんのように、静かに動物愛護を続けている方は、その功績に誰も触れず、結局は表に出ないのだね。

この世には、立派な方が沢山いる。
だが、私はその情報を得る手段がない。
こうやってアニマルクラブ石巻の支援者になったから、阿部代表から情報を貰える。

私は無職なので現金をポンとは寄付できないが、物を作る能力はあるのだからそれで、支援を続けて行きたいのだ。
市井のオバはんでも何か貢献できる事はないか?といつも考えているのだよ。

例えば、家のJr.とチチはシェルタードッグだ。
この子たちをレスキューしてくれる人たちがいなかったら、この子たちは今現在、この世には存在しない。
と考えれば、一番先にありがとう、で支援するのは、自分の犬達の出身シェルター。

もし、自分の犬をブリダーやペットショップから買ったとしたら、犬の世界はそこだけでないことを知ってほしい。
大半の犬猫たちは、シェルターに収容されていて、それは、別に自分には関係ないと目を背けないでほしいのだ。
その子たちだって、昨日まで貴方の犬猫のように、愛情を溢れるほど貰って、コタツに入り、グルーマーに連れて行ってもらって居たかも知れないのだ。

それがある日、飼い主の心変わりで、あっという間に捨てられて、シェルターに収容され里親を探してもらえるのは非常にラッキー。
殆どの犬猫はガス室送り。。。。

ちょっとだけでもいいから、
身近なシェルターを支援してあげて。
貴方の助けで一匹でも、助ける事が出来るなら、100人が目覚めれば100匹助かる。

と言う訳で、寒いので家に籠もっていたため、アニマルクラブ春コレクションが完成した。
テーマは、南国にバケーション。
30枚限定。ドピンク。

CIMG2585.jpg

これは、やはりビンテージの生地なのだが、プリントがトランクや旅行に関するデザイン。

CIMG2586.jpg

ポケットには去年見つけたやはり、旅関係の足跡プリント。
これだったら、犬猫関係なく行けるじゃない?

CIMG2583.jpg

これもまたビンテージの生地だが、ハイビスカスなんかなので、ハワイアン。

CIMG2584.jpg

ポケットは同じ旅足跡柄を使った。

もう二月ネエ・・・
3月に石巻に到着するように発送したい。
今回は全品ショルダーバッグよ。

CIMG2580.jpg

そうそう、昨日ちょっとドクタージョンソンのオフィスに寄ったら、クリスマスに差し上げたジャックラッセルのまこと君はその前任のももちゃんと一緒に、しっかりお仕事しておりました。
スポンサーサイト