シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ARCHIVE > 2012年10月
2012.10.31 (水)

石巻アニマルクラブから本が届いた!!

その前に、私にブログランキングの登録しないか・と誘って下さったまゆみさん。
お気持ちは嬉しいのだけれど、私はこのブログを書き始めた時から、ランキングには参加しないと決めているの。
訪問者の中に”随分前に百万回アクセスを達成”したとか言う方もいるけれど、興味がないのです。
私のブログは、シカゴ郊外の田舎オバはんの一人言、日記なので、縁あって探し当ててくれて、面白いと思ってくれた方々が、またバカしてんのね、と読んでくれればそれでいい。
そう言う訳で、登録はしません。
ゴメンナサイネ。

しかし、ランキングが上がったの下がったので一喜一憂したら、ストレス溜まるんじゃないの??

さて、今日の話は、石巻アニマルクラブの阿部さんから御本が届いたのだ!!
何と言う素早さと、心使い!
こういう人だからこそ、小さなシェルターを頑張って存続させているのだ。

もう、脱帽。
そして、微力ながら、彼女の助けになる事をしてあげたい。

本1

この本は、アニマルクラブでボランテアをしていた”五井美沙”さんがシェルターに収容されていた犬猫を描いたものの作品集。

あの日、阿部さん達は、五井さんのイラスト展をする為に、市民公会堂(違ったら御免なさい)で展示の準備をしている真っ最中に、大地震にあい、その後津波が来た事を知って、シェルターに大急ぎで戻ったけれど、普段1時間で到着するところ、5時間掛かった。
家の中の犬猫たちは津波の土砂で埋まり、それは大変な惨状だったのだ。

そして、阿部さんは、ボランテアの人達や友人知人の安否を確認するが。。。
五井さんは自分のお婆ちゃんを助ける為に家に戻って、津波の犠牲となってしまったのである。

阿部さんが五井さんの素晴らしいイラストを作品集として、まとめあげたのがこの本なのだ。

本5

イラストのネコや犬のお話も書いてある。

本3

皆さま、お願い!
買ってあげて下さい。
勿論、それは、シェルター支援になります。

素晴らしい本です!!

本4

アニマルクラブ石巻
a-c.sub.jp

ホームページで購入方法を調べられるはず。

やっぱり、お散歩バッグを送ってよかった!
もっと、送ってほしいと御依頼が合ったので、幾らでも送ってあげましょう。
今日はショッピングに行って生地屋を4軒回り、犬猫生地を買ってきた。

本5

この生地でアニマルクラブ石巻のお散歩バッグ、作らせて頂きます!!
スポンサーサイト