シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ARCHIVE > 2012年06月
2012.06.30 (土)

陰湿すぎる犬話

いやー、昨日の灼熱地獄は凄かった。
ずっと家に籠っていたので、良かったけれど、外で働かなくてはならない方々は、大変だったと思う。
それが、一転して今朝、ドッグパークに行くと気温28度。
10度以上下がり、それでも日差しが強くて、すぐに帰って来た。

明日はJr.のセラピードッグの日だから、お風呂に入れて外を見ると、急に真っ暗になった。

sky1.jpg

sky2.jpg

トルネードでも発生しそうな雲行きだ。
雨が降って来たが、ネコのオシッコみたいな雨。
ストームは家の辺りだけ、避けて行ってしまった。

でも、凄く涼しくなったのでいいか。。。

所で、昨日の晩、先日東京のS女史が送ってくれたARK  A voice of animals
という2012年夏のニュースレターを読んだ。
(ARKはAnimal Refuge Kansaiの略)


そして、まさに、私の知っている陰湿犬虐待話のNo.1になりそうな話を読んだのだ。
陰湿すぎで、一体日本はどうなっちゃたの?と悲しくなった。


ニュースレターからの抜粋
最近あった事件では、ゴミ置き場にゴミを捨てに行った若い女性が、黒い袋の中で何かが動いているのに気がついた。重ねられた3枚の黒い袋を開けてみると。。。中には小さいパピオンが。両の前足をテープで結び、泣き声を抑えるために口はテープでふさいであった。女性は殆ど死にかけている犬を病院に連れて行った。それから、自分のアパートでは犬は飼えないので、パピオンを貰ってくれる近所の親切なお婆さんを見つけた。でも、哀れな子を助ける事に必死で犬の写真を撮るとか警察を呼ぶなど考えもしなかった。アークは後からでも警察に届けるように彼女に勧めた。明らかに動物虐待だから、処罰されて当然だ。でも、動物の苦しみに無関心な人が多い日本にも、こんなに優しい人が居るってことは、嬉しい事だね。
*動物虐待のケースで告発出来るのは、警察、個人、または動物福祉団体だ。保健所や地方自治体は一般的に冷淡で関わるのをいやがる。だけど、行って調べて欲しいとお役人に頼み事は出来る。たいして役にたたなくても、それで「悪い奴」が慌てて、状況が良くなる効果はある。」



何と言う、陰湿な事をする人がいるのだろうか?
犬の足を縛り、口をテープでふさぎ、ゴミ袋3枚重ねに入れれば、窒息死する。
ゴミ捨てに行った優しい女性が見つけてくれたから助かったものの、生きたままゴミ袋の中で苦しみ、ゴミとして処理される所だった。

これが、アメリカで起きた事なら、即、警察に逮捕され、裁判にかけられる所、日本では、きっと、通報してその捨てた人間が捕まった場合、「余計な事しやがって」と逆恨みを受けるかもしれないから、通報しないんだろう。。。

日本人ってこんな事をする人たちだったのか?

また、これも、
「ハワイに旅行に行くんだけどー、ペットホテルが高いから―、捨てちゃう。また欲しくなったら、ペットショップで新しい子犬買えばいいんだし―」
「別にいいじゃん、バッグに飽きたように、この犬に飽きて、面倒みるのがかったるい。友達がもっと可愛い犬連れているから、あたしもあの犬が欲しい。だから、このパピオン、捨てちゃおう。何が悪いのさ。自分の物捨てたっていいじゃん」

という程度のオツムの弱い女の子にペットショップで買われて捨てられた可哀そうなケース何だろうけれど。。。

本当に。。。
子供のころから、悪い事をすると地獄に落ちて苦しい目にあうんだぞと、教えた方がいい。
自分のやった事は必ず自分に戻ってくる、因果応報と言う事を教えた方がいい。

このパピオンを捨てた女性は(パピオンなので、きっと若い女性だろうと、勝手に決め付けた)、いつか子供を持ち、チャットに夢中になって、子供が自分の後ろで死んでいるのを丸1日気がつきませんでした、何て事を平気でする母親になっていくのだろう。。。

絶句です。
オバはんは信じられません。。。
陰湿すぎます。。。
スポンサーサイト