シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ARCHIVE > 2012年01月
2012.01.31 (火)

当たらない宝くじと映画

先週、MEGAという宝くじを買った。
賞金は77ミリオンドル。
3ドルしか買わないんだから、当たるわけがない。
だが、1000ドル買ったからといって、当たるとは限らない。
限りなく運の問題だから。

まあ、毎回、この巨額の賞金を当たる夢を見る。
アメリカの宝くじは、大きいのは300ミリオンドルを超えるのも出る。
一回に賞金を貰うと、大体半額。
全額欲しい人は、20年位の分割払いをされるそうだ。
当たれば、半額でもOKだね。
私は、当たったら、どうしてもしたい事があるのだ。

1.は勿論、JPAPAの名前を冠にした動物シェルターの建設。
新しい組織を作るのではなく、今活動している組織に土地建物を贈与したい。
これがあれば、家賃を払わずに済むし、契約が切れた時に、動物を抱えての右往左往がなくなるからだ。

2.は数年前、テレビで知ったのだが、日本人の技術者が家庭ゴミのプラステックからオイルを作る装置を開発した。この方に、巨額の投資をしたい。
どんなプラステックのゴミでも、装置の中に入れると、それが、オイルに戻ってしまうのだ。
この技術が、もっと応用できるようになれば、世界中のプラステックゴミをオイルに戻すことが出来る。
家庭用ゴミ処理機が出来れば、外に出すゴミは減るし、大体プラステックは埋めてもそのままだから、消えることはないのだ。
そして、石油はいつか枯渇する。
もし、私に宝くじが当たったら、絶対にこの会社に投資したい。
東南アジアで子供たちがビニール袋をゴミの山から拾っているのを見たが、あれだって、この装置があれば、オイルを作れるのだ。

今回は誰かが当てたらしいから、また、賞金が大きくなったら、3ドル買おう。

そう言えば、日本は宝くじが売れなくなったから、賞金を5-6億円に引き上げるというニュースを見たけれど、宝くじ売り場に並んでいる人たちが百万円の束を持っていたのには驚いた。
そうかー、百万円も宝くじを買うのか。
どういう確率で、当たるものなんだろうねえ。

そうそう、週末に図書館からDVDを2本借りた。
1本は”Rise Planet Apes"
これは、アバターの時と同じに、人間が演技したものの上にCGを掛けているが良く出来ていた。
猿の惑星の時は被り物で、口も動かなかったのだから、テクノロジーの進歩は凄いものだね。

そして、”Cowboys & Aliens"
これは、公開当時、Harrison Fordがやたらにテレビ番組にでて悪役やるんだと宣伝していたが、別にどうしても見たかったわけではなかった。
題名も、なんだか、B級映画みたいだしねえ。

ali 001

所が、予想に反して面白かった。
ロン ハワードとスピルバーグがエグゼクテブ プロデューサーだって言うから、それは、面白い筈だ。

カウボーイがライフルでUFOを撃つっていうのは、へーだったが、考えても見れば、古代からUFOが地球に飛来してきていると考えれば、カウボーイがライフルで撃つっていうのも、アリよね。

ただ、出てきたエイリアンは気持ちが悪かった。
まあ、よくああいうエイリアンをデザインするものだと感心した。
体はグリーンで流す血もグリーン。
目が気持ち悪いし、もっと、気持ち悪かったのは、お腹がパカッと開き、2本の腕がニョキーと出てくる。
この手が、人間の手のような肌色なのに、3本指。
要するに、普通は二本腕があるんだけど、もう、2本体から出てくる訳。
首が背中の甲羅みたいなのに、めり込んでいるようで、これは、亀からヒントを得たんだって。

流石に、ギャー気持ち悪いやつだ。と思った。

まあ、エイリアンによる拉致はある、キャニオンに宇宙船を埋めて基地にしちゃうし、そこにカーボーイが乗り込んで拉致された人たちを救出したり、エイリアンと戦ったりとまあ、盛りだくさん。
後で、ボーナスフィチャーを見たら、この話はコミックブックの漫画だったんだって。

結局、エイリアンは地球の金を取りに来ていたという話。

そう言えば、古代マチュピチュやインカなんかに宇宙人が接触してきたと思われる壁画や宇宙船を摸した装飾品が多数見つかったが、皆ゴールドを使っていた。
それは、ゴールドはレアメタルで、その頃地球に飛来していた宇宙人はそのゴールドが目当てだったに違いない。
そのため、ゴールドを希少なものとして、古代文明では大切にしてきた。
その名残が、現代もゴールドに価値を付けているのだ、という話。

ふーーん、映画でもその話が反映されているのね、と思ったのだ。
エイリアンたちは、盗賊が盗んだ金貨や金製品をヒャーと上空から吸い上げて、ついでに、人間もワイアーみたいなので、釣りげてしまう。

まあ、ちょっと、遅いけれど、大活劇で面白かったので報告します。

スポンサーサイト