シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > ARCHIVE > 2011年02月
まず、昨日報告した週末クレンジング2日目。
朝、9時半ごろ、トイレに行きたくなり、座った途端にスルっと出た。
別に沢山出た気はしなかったのだが、後ろ振り向いたら、タイシタタマゲタ!
ウソでしょう?流せるかしら?と心配になるほど、大量に出た。
3日間続けなければならいらしいが、怖くなったので、今晩はもう最後の分を飲まないことにした。
いやー、こんなに沢山お腹の中に溜まっているものなのか!
だから、WEEKEND限定なのね。
外に出かけたら、こんなの出せない。
凄かった!お陰でスッキリした。

所で、その後、また、JR達をアダプトしたWright-way Rscueに行ってきた。
メールでレントが切れるから、緊急にお金が居るので、助けてくれと言ってきたのである。
もう、2週間前に行ったときにお金の寄付をしたけれど、シェルター内で買い物をしてあげれば、
100%そのお金がファンドに回ると言うので、それだったら、ドッグフードを買ってあげようと
思い立ったのである。
その辺のペットショップで買うのなら、レスキューの寄付にした方がいい。
この間行ったときに、Jr達に食べさせているFROMMというドッグフードの会社がここをサポートしているので、大量のドッグフードを寄付してくれているので、それを買ってあげれば現金収入になる。
昨日、カバママの部屋掃除を手伝ったので、その代わりに、JPAPAに車を運転してもらって行ってきた。
6袋。多分3-4カ月分かな。
d 001
その他、Tシャツも何枚か買ってきた。
とても可愛い。
d 002
後ろに、この犬のデザインが大きく描かれている。
長袖14ドル、半袖12ドル。
週末に近所の犬仲間の奥さんの誕生日に招待されているので、彼女にも一枚プレゼントすることにした。
シェルターは6月で今現在の建物を出なければならないのだそうだ。
Jr.もチチもこのレスキューは命の恩人。
少しだけれど、これからも何とか助けてあげたい。
もし、シカゴ近郊に住んでいて、犬をアダプトしたいと思っている人がいたら、ぜひ、このシェルターに行ってほしい。
今日もそれは可愛い子犬たちで一杯だった。

Wright-Way Rescue
7136 W.Touhy Ave, Niles, IL 60714
847-972-1058
www.wrightwayrescue.net

サイトで現在貰われていくのを、待っている子犬たちを見れる。
本当に素晴らしいRESCUEなので、ぜひ、行ってみてほしい。
おやつでもドッグフードでも買ってあげれば100%シェルターを助けられる。
スポンサーサイト