シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > CATEGORY > Quilts for Hope
2011.12.02 (金)

Quilt For Hope被災地訪問第二弾

Sさんからメールが来た。
彼女は賛同してくれた何名かの方々と岩手、宮城、福島の養護施設に世界中から集まったメッセージキルトを届けに行っている。
これは、二回目の被災地訪問だ。

今朝は、福島の獣医師会に私の制作した犬キルトを届けに行ってくれたはずだ。
本当に、有難う!
段々と被災地についてのニュースも流なくなり、アメリカでは、ずっと大昔そんな事もあった位の程度にしか認識されず、きっと、日本に住んでいても、もう、9ヶ月も前に起きた地震だからと考えなくなった人たちも多い事だろう。

しかし、ちゃんと考えて想っている人間は沢山いるのだ。
Sさんは地震直後に、被災した方々にメッセージを届けようという”Quilts for Hope"を立ち上げ、世界中にいる友人たちに呼びかけた。
私も、アメリカ支部長となり、新聞社にかけ合ったり、広告を打ったり、学校や関係者との折衝、寄付集め、銀行口座開設、キルト作りとこの9箇月は、このプロジェクトのお手伝いをした。

もし、これが、Sさんでなかったら、ここまで入れこまなかったと思う。

次々と、色々な州の学校の子どもたちが30CM四方の生地にメッセージを描いてくれて、それを大きなキルトに仕上げていった。

私はキルトは作ったことがなかったが、いかに簡単に見栄え良く、短時間でキルトに仕上げるかを日夜奮闘したのであった。

メッセージを描いてくれた世界中の子供たちは、それまで、どこに日本があっるのかも知らなかっただろうに、こうして、縁が出来、いつか、日本に勉強に行ったり、何かを掴みに行ってくれるような気がする。

キルトを受け取った子供たちと、キルトを送った子供たちが、継って行ってくれたら、どんなに嬉しいだろう。

Sさんが旅先から、QUILTS FOR HOPEのアップデイトをしているので、是非、FACE BOOKを見て欲しい。

http://www.facebook.com/#!/Quilts4Hope

美女のSさんのお写真も拝見できるわよ。
養護施設の方々も、きっと、こうやって世界中からのメッセージキルトを受け取って、”愛”を感じてもらえたのではないだろうか?


そうそう、美人女将の旦那のPちゃんもすでに、数百というコタツを被災地に送っている。

決して、9箇月たったから、終わったとは思っていない人たちは、今もちゃんと地道だが活動しているよ。

福島獣医師会に寄付してもらった私の犬キルト。。。
喜んでもらえたかなあ。。。。

スポンサーサイト
 
2011.09.15 (木)

Quilts for Hope ウィスコンシン

一昨日、ウィスコンシンのSt.Martini Lutheran Schoolの校長先生の奥さんから電話があった。
11枚のキルトが完成した。つきましては、贈呈式をやるので、14日水曜日の朝、5時に迎えに来る、というのであった。
もう、急だったので、大変であった。
他の人と約束があったのだが、連絡先が判らなかったり、犬のシッタ―さんに緊急で来て欲しいと連絡を取ったり、大騒ぎ。
だが、これを神の意志とでも呼べばよいのか、私がウィスコンシンの学校に行く事が決まっていて、どんな問題が出ても、奇跡的に解決すると言う信じられない事が起こり、今朝、行ってきたのだ。

子供たちのメッセージは11枚のキルトになっていた。
これが、現物を見ないと判らないが、信じられない出来なのである。
期待を100倍ほど上回る、感動的なキルトの数々であった。
これは、一人の先生のお母さんが6月から、3カ月を掛けて、一枚一枚にテーマを決めて、デザインを変えて、丁寧に心こめて作ってくれたものであった。

チャペルで、校長先生からこのみんなのメッセージキルトが日本に行く事が報告され、贈呈式となった。
私から一言、というので、子供たちのお礼を言って、キルトは月末に日本に届けられる事を話し、お礼にと、”花”をアカペラで歌ってきた。

St.m 001

St.m 002

その後、リノベーションした構内を案内され、廊下に他のキルトが展示されているところ見せて貰い、壁から外した。
キルトショーのようで、本当に、一枚一枚が素晴らしい。

St.m 3

St.m 4

St.m 6

St.m 5

St.m 7

St.m 8

St.m 9

St.m 10

St.m 11

St.m 12

そして、キルトの裏には、刺繍で、一枚一枚違うメッセージと、学校名が刺繍されているのである。
大変だったろうなあ。
この凝り方は日本人に通じるところがあるわね。
このキルトを作ってくれた、先生のお母さんには日本から何かギフトを買ってこようと思う。
もう、素晴らしいの一言に尽きる。

st.m 013

そして、ここには写真はないのだが、一枚、先生たちや学校に勤めている人たちからのメッセージのキルトがあった。
そのメッセージに日本人からのものがあったので、
「これは、誰ですか}
と聞いたところ、ランチ ルームで働いているCHIEMIさんだと言う。
じゃ、会いに行こう、とランチルームまで行くと、陽に焼けた、ちょっと日本人離れした30前の女性が居た。
「こんにちは、チエミさん?」と声を掛けると、日本人と話をしたのが凄く久しぶり何だとかで、日本語がちょっとたどたどしい。
「私は12歳の時に沖縄から来ました」
というのだ。

ウィスコンシンには殆ど日本人がいないとかで、ずいぶん長い間、日本語で話していないという。
雑誌や本や日本のテレビのDVD欲しい?と聞くと、お母さんも日本から来たから、日本のものは凄く嬉しいというので、じゃ、整理して、校長先生に渡すから、貰ってね、とお約束してきた。

校長先生もすっかり、日本人が学校で働いている事を忘れていたのか、一言も聞いていなかった。

その後、帰り道、感謝をこめて校長先生の奥さんをランチにご招待した。
何しろ、片道2時間のドライブだったからねえ。。。。

しかし。。。感謝だね。
こうやって、色々な人の想いや時間や労力が結集して、こういう素晴らしいものが出来るのだなあ。。。

神と言うのは、それぞれの宗教によって違う。
この学校はカソリック。
でも、何でもいいと思う。
それぞれが、これが神だと言うものを信じて。
ただ、何かはいるのだ。
チェスの駒を動かすように、ここで、こうやって皆と繋がって、お礼を言って、子供たちの想いを日本に伝えなさいと動かされているのだろうな。

さて、この11枚にもう一枚、イリノイの高校から届けられたものもあるので、12枚のキルト、どうやって、日本に持っていくかな。。。
神がついているから、きっと、上手くいくのは判っているけど。



 
2011.07.10 (日)

Quilts for Hope ちょっと、打ち止め

2-3日前に、シカゴ発の日本人メッセージパッチをNさんファミリーから送って貰ったのでそれ制作した。
5枚だけだったので、Sさんの送ってくれたハワイの生地で作った。
どうしてハワイの生地を使うとハワイアンキルトみたいになるのかな?
いねえ、この黄色い生地。

n 002


n 003a

これは、CAのGlobal Village Schoolnoキルト。
そして、

n 004a

Ca,Santa monicaのBlackman family キルト。
この左下の”愛 延延”てのは、”愛 永遠”と言う意味だろうね。
”思う”はBelieveだと思っているらしい。
きっと、インターネットで日本語をサーチしてこういう風に書いてあったのかも知れない。
大変に興味深いね。


これで、手元にある全部のパッチをキルトに仕上げた、
これで、当分打ち止めと言う事で、キルト作りはお休みしたい。

もう、気持ちはバッグを作る方に行ってしまっている。

完成品は数えたら21枚。
10枚位をSさんに日本に持って帰って貰うとしても、11枚残る。
これは、やはり、小包か宅急便か?
ちょっと、調べてみよう。
私が日本に帰るときには、ウィスコンシンキルトが10枚近く出来上がってくるのだから、21枚手持ちは厳しいかもね。

ちょっと、色々算段しなければならないわね。



そうそう、また、あの近所のサイコマルチーズ婆がちょっかいを出してきたのよ。
もし、この婆の話を読んでいない方が居るかもしれないので、かいつまんで説明すると、
家のハス前に、私と同じくらいの年齢の独身オールドミス婆が白いマルチーズを2匹飼っている。

気がついた時にはいたから、10年以上前から住んでいるのだと思う。

今をさかのぼること8年位前、突然日中に家に怒鳴り込んできた。
先代のチチNO1.が彼女の犬を噛んだと言うのだ。
何言ってんだ?私も見ていないし、JPAPAも見ていない。
見ていないものは、噛んだかどうかわからない。
しかし、もし、噛まれたのなら、チチNO.1は相当腹にすえかねたのだろう。
とにかく、ギャンギャンワンワンと家の大きな犬の鼻ずらにチャージしてくるのだから。

彼女は自分の小さい犬は可愛いからしつけは必要ないと思っているようで、全く犬をしつけないため、何と、10年たっても、未だに悪魔のマルチーズのまま。

その上、もう亡くなって4年もたつチチNo.1に噛まれたと言う話(噛まれていない)を今のJr.とチチNo2にやられたと近所に言いふらしている。

この10年間、道ですれ違うたび、私も犬達もこのバカ飼い主と悪魔を無視続けてきたが、道路の向こう側から、ギャーギャーワ―ワ―ギャンギャンと全く手に負えない野放図状態。
Jr.もチチも一度も、外で他の犬に吠えかかった事はない!

私の家の前にうんこして、それをピックアップしたのを、私の家のガレージに捨てようとしたり、もう、信じられない婆なのだ。

躾なさい、と何度も言ったが豆腐に釘。

それじゃあ、無視しかないじゃないか?

それが、先週末、JPAPAが車を洗っているると、また、文句言ってきた。
"I am not comfortable with your dogs"
Jpapaが
”Why do'nt you train your dogs?"
”The way it is"

バカやロー、何が”The way it is"だー。
人の敷地内に入って来て、何を言っておる!
Uncomfortableなのは、こっちの方さ。

近所に引っ越してきた若いジャーマンシェパードに噛まれたんだそうだ。

そりゃそうだ。

喧嘩を仕掛けてきているのが悪魔のおめえさんのマルチーズだ。

Jr.もチチも私は徹底的にトレーニングしてある。
Jr.は病院のセラピードッグを4年も勤めあげている。
ハッキリ言って、最高のトレーニングを施しておるのだ。

それを、自分の犬を満足にトレーングしないで、人のうちに怒鳴り込んでくるとは何事さ。

大嫌いだ、こういう人間。

多分、リタイアをしたか、レイオフになり仕事なく、男なく(こういうメンタリテイだから、男が出来ない)自分の人生が面白くないのか、不満なのかは知らんが、何故、しつこく、家の犬達をターゲットに嫌がらせをするのか?
ここには、沢山の独身ジジがいる。
皆連れ合いを亡くして一人。
近所でハッピーなババ達は、性格がいいから、すぐにジジ達と仲良くなり、カップルになったり、一緒に住んだり、旅行したり楽しんでいる。

それが、50代なのに、全く声が掛からないのは、性格が悪すぎるからだ、と私は勝手に断定している。

私は基本的に皆好きだ。
いい人は大好きになる。
小さい犬も大きい犬も、犬は全部大好きだ。
だが、この人だけは、10年以上、大嫌い。
この悪魔のノ―タリンマルチーズは触りたくもない。

クソ―、どこかに引っ越してくれ!と燃え上がる怒りで念じたら、さっき近所の人が、あのサイコマルチーズ婆が近々、引っ越すような事を言っていたと話してくれた。

ああ、早く居なくなってほしい。
もう、二度と家に来ないでくれ。
これは、切なる願いなのだ。。。
もう、うんこを家の前でさせないでくれ。
拾ったら、自分の家に持ち帰ってくれ。
お願いだー。









 
2011.07.07 (木)

Quilts for Hope LA3

ここ数日で4枚ばかり、仕上げたので、その写真を載せる。
まず、Mt.Washington Elementary Schoolの2ND Grade classの2枚。

was 1

was 2

面白いのは、一クラスは鳥とチョウチョウがテーマだったらしく、殆どがそれ。

そして、CAのSan Mateo、North Shore View Montessori School のキンダ―ガーデンクラスの2枚。

was 3

was 4


後2枚分グローバルスクールのパッチが来ているので、それも、やっつけようと思っている。
そろそろ、ブレイクを貰って、私の好きなものを作りたいな。


そうそう、数日前、初めてテレビショッピングしそうになってしまった。
朝、5時6時はちゃんとした番組はやっていなくて、大体が企業が枠を買って1時間とか30分自分の商品のコマーシャルを延々と流すのよ。
朝、起きてテレビをつけたら、シンデイ クロフォードが広告塔の化粧品の1時間コマーシャル。
これが、フランスの皮膚科の先生が、フランスのとある地方でしか取れないメロンから取り出した酵素を使った特別な化粧品だー。と言うのだ。
はい、これがシンデイが28歳時の写真、はい、これが40歳の現在。
この化粧品のお陰で全く変わりませんーーー。
とそこに、ベタフランス訛りのドクターが出てきて、あーでもない、こーでもないと効能を延々と説明。

さて、お値段です。通常価格200ドル以上の所、39ドルで。基礎化粧品4点セット。
その上、先着500人にフリーギフトでセラムだ、パックだを3点付ける。
店じゃ買えない。すぐに、電話掛けろーー。

欲しいなー。38ドルかー。買っちゃおうかな?
でも、電話を掛けるのは恥ずかしいなあ。
そうだ、インターネットでこの会社のホームページを見てみよう。
と見てみた。TryMB.com

何だー、先着500人にくれるフリーギフトは買えばだれでも貰えるのだ。
そこで、買う、という所をクリックしたら、今度は、サプリメント3カ月分だかをフリーギフトでくれる、YES か NOか?というのでYESとクリック。
そしたら、送料込みで全部で45ドル位。
安いじゃないの。。。と思ったのだが、良く読むと、そのサプリは毎月3か月ごとだかに、自動的に送られてきて、自分でNOと辞めない限り、ずっと、買い続けなければならない事が判明。

いらない。

化粧品の方は、このセットは1か月サプライで3か月サプライの方は139ドル。
と言う事は、トライアルサイズみたいなものだわね。
でも、サイズが書いていない。
その上、カードナンバーを入れろと出たが、そのページにはセキュリテイのロックがどこにもない。
ええー、無いの??
それで、クレジットカードナンバーを入れるの?
それは、出来ない相談だ。

とたんに、この会社が胡散臭く思えてきて、止めた。

危なかった。。。
最近、この前の見えない糸で顔をリフトするとかいうのに、ちょっと心を動かしてしまってから、こういう、リフトだ肌がぱっつりするとか若返るとかいうのに、引っかかりそうになる。

危なかった。。。
39ドルというのが、つい、買っちゃおうか、と思わせる危ない罠だわね。
でも、本当のところ、この化粧品、いいのかね?
誰か買った人いる??






 
2011.07.04 (月)

Quilts for Hope ハワイの生地で犬キルト

先日、東京本部長のSさんからハワイの生地を送って貰った。
勿論、ハワイからだ。
どうして、発色がいいんだろう。
勿論、生地を選ぶ人のセンスちゅーものもある。
アンマリ綺麗なので、一気に犬キルトを3枚同時に完成させた。
同じようなものなのに、ボーダーが違うとこんなに違う物か、とちょっとビックリする。
今回は9枚のパッチで小ぶりである。
この他にも、CAのキンダ―ガーデンのクラスの2枚も完成した。
勢いがつくと、こういう芸当が出来るのだ。
出来れば、キルトをさっさと作って、Sさんの娘ちゃんから依頼された、バッグを作ってあげたいのである。

hd 005

このピンクというか、オレンジというか、ピンクにハイビスカスがプリントしてある。
これが一番のお気に入り。

hd 008

これは、THANK YOUキルトで”助けてくれて有難う”とメッセージを入れた。
レスキューにあげたいな。

hd 003

これも、パープルに細かくハイビスカスやヤシの木がプリントしてある。

まだまだ、綺麗な生地を送って貰ったので、残さず、全部使えるよう、工夫しようと思っている。

どうかしら?
可愛いと思うのだけれど。。。
これだったら、あと4枚は作れると思うのよ。
犬プリントが終わったら、お終いだけど、被災地の子供たち、喜んでくれるかな??