シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記 | TOP > CATEGORY > セラピードッグ
2017.07.23 (日)

今日のセラピードッグ達

本当に変な天気。
昨日の夜から朝方までまた大嵐。
雷はピカピカ。
また集中豪雨。
一体どうしてしまったのだろうか?

早朝はまだ雨が降っていたので、雨の中出かけると、Jrが濡れてしまう。
レインコートを着て、バスタオルを大きなバッグに入れて持って行こうかと色々考えていたら、8時ごろになると、ピ~カンだあ。

良かった良かった、と出動したのであった。

CIMG6503.jpg
 
流し目のJr.
おおー、ええじゃないか。

今日のメンバーは、

CIMG6505.jpg

イエローラブのマリー。

CIMG6504.jpg

そして、ミックス犬のミンデイー。

CIMG6507.jpg

CIMG6508.jpg

そしてJr.の3匹シフト。

結構忙しかったのだ。
次々と、リストにない患者さんの家族から、訪問のリクエストが来る。

CIMG6509_LI.jpg

この患者さんは大喜びで、Jrを揉みくちゃ。
ご自分も2匹小さい犬を飼っているという。

CIMG6511.jpg
 この患者さんは、リストになかったのだが、旦那さんが廊下でJrを見つけて、訪問のリクエストをしてくれた。
後、10分で手術なんだとか。
大写真撮影会になり、何枚もスマフォで、Jrと奥さんの写真を撮っていた。
「もうすぐ、手術だけれど、Jrが来てくれたら、何だか気持ちが安らいで、怖くなくなったわ」と
患者さんが大喜び。
「明日も、明後日も、違うセラピードッグたちが毎日お見舞いに来ますよ」

CIMG6510.jpg
 本当に良い顔をする。
流石に、ベテランだ。
Jr.12歳と4か月で人間の年なら91歳。と今日も言い続けた。

この後は小児科。
10年前にこのプログラムが発足したときは、小児科とあと数か所しか犬たちが回れなかったのだ。
勿論14匹で始めたので、あちこちに行けと言われても、手は回らなかった。

だから、小児科の看護婦さんたちは、Jrを良く知っている。
2歳の若かったJrの事も良く知っている。

「まだ、引退しないで働いてますよー」というと、みんなびっくりしていた。
そして、若い看護婦さんたちにJrはモミクチャにされ、嬉しくて尻尾ぶんぶん。
「Jrは患者さんを回るより、看護婦さんたちにハグはぐされるために、未だに働いているようなものだ」
と言っておいた。

CIMG6512.jpg
 小児科で撮った写真。

今日は忙しかったから、丸々2時間セラピーをして回った。

ジーさん犬、頑張りました。
スポンサーサイト
 
2017.07.09 (日)

今日のセラピードッグ達

今日もいい天気。
暑くなるかと思ったが、風が心地よい。

病院に到着すると、そこに今日初めて一緒に仕事をするマルチーズちゃんと一緒になった。

CIMG6426.jpg

写真撮るよ、と言ったらポーズしたが、
すぐに、

CIMG6427.jpg
 
これだ。

今日のメンバーはこのマリチーズ君のレイシーちゃんと

CIMG6429.jpg
CIMG6430.jpg
 トルーマン。

そして、
 メリーの4匹シフト。
CIMG6431.jpg

だが、病院は異常に静かで、1時間ほどで全部回ってしまったのだ。

今日は患者さんよりも、看護婦さんや、クリティカルケアーのファミリールームの家族たちを20人ほど回って来た。

なんだか、4匹も今日はいらなかったね、という話になったのだ。
そして、マリーのハンドラーさんに
「実は10年以上お願いしていたドッグシッターさんが、肺癌に掛かり、どうも末期らしく、たったの1か月なのに、大変な状態に陥ってしまった。あなたは、どんなドッグシッターさんを使っているの?」と話したところ、
「私がJrの面倒を見てあげるわよ」
「でも、遠いいわよ。」
「私は家で仕事しているから、時間にはフレキシブル」
「ええー、本当に?ちゃんとお支払いします。私が日本に行っている間、お昼間にお散歩していただきたいの」
「いいわよ、じゃ、メールで詳しい事をやりとりしよう」

おおー、誰か、探せなばと思っていたが、知らない人たちに鍵を渡すのは信用できないし、困ったなあ、と思っていたのだ。
彼女はラブラドールを数匹飼っているし、大きな犬を取り扱うのは慣れているうえ、Jrも良く知っている。
もし、彼女が面倒を見てくれるのなら、これ以上のドッグシッターさんはいない。

話してみるものだ。。。とつくづく思ったわ。

そういうわけで、今日は患者さんとの興味深い話はないのだけれど、毎日お邪魔する”まめつぶろぐ”さんで七夕のお願いをウソコメーカーでやったというのを見て、真似ちゃったよ。

Jrとチチはどんなお願いかと思ったのだよ。

Jrは
CIMG6421.jpg

ピッタリじゃないか!

EGD(エロジジードッグ)のJrを知っているのか?
と思う程で、大笑いした。

チチは
CIMG6423.jpg
 あんたはト0ンプの犬か?

時期、大0領を狙っているのか?

で、また大笑い。

まめつぶろぐさん、面白いものを教えてくれてありがとう。

今日も一人で大笑いしてしまったのでありました。
 
2017.06.25 (日)

今日のセラピードッグ達

今日もお仕事、お仕事。
昨日シャワーすると、山のように毛が抜けて、今朝も30分ブラッシングしたら、また山のように毛が抜けて、こんなに抜けたら、0ゲになっちゃうんじゃないか?と思う程、毛が抜けた。
もう、仕方がないからサマーカットしてもらおうか?
いや、高いから、お母さんの下手くそカットで我慢してもらおうか?

CIMG6357.jpg
今日も男前です。
やる気満々でございます。

メンバーは、久しぶりのシーラ
CIMG6358.jpg

ニューファウンドランド、
大きいよねえ。
お風呂に入れたら、どうやって毛を乾かすんだろうか?
Jrのクラスだって大変なのに、考えただけで、頭が痛くなってくる。

CIMG6359.jpg

シーラとJrは仲良しなので、シーラが内緒話をしていたようだ。

もう一匹は、ゴールデンのコビー。

CIMG6360.jpg

今日は一般病棟の後リハビリと、最後にホスピスを受け持った。
ホスピスと聞いて、一瞬迷ったのだ。
もし若い患者さんだったら、悲しくなるので、気持ちが揺らぐ。

一般病棟では、頭の手術を終えた患者さんを訪問。
ちゃんと話ができるかどうか心配だったが、大丈夫。

頭を半分剃って、右側の手術だったようだ。
ケガなのか?それとも脳の手術だったのかは判らない。

だが、Jrがこの患者さんがとても好きだったようで、あっという間に椅子に座った後、頭を膝の上に載せた。

CIMG6363.jpg

この時だけカメラがアート使用になってしまったのだが、とにかく、Jrが彼と一緒にいてリラックスした。
患者さんもJrの頭を優しく優しくなで続け、そこにお兄さんが部屋に入って来たのだ。

「ああ、良かったな。可愛い訪問者じゃないか?」
「うん、そうなんだよ。来てくれたんだよ」

この患者さんは相当な犬好きで、それをJrが感じ取ったらしい。
「Jrはマイルスに似てないか?」
「うん、似ている、似ている」
(マイルスはお兄さんの犬)
「Jrの写真を撮ってもいいかい?」
「いいですよ」
「マイルス君の写真はありますか?」
「あるよ」
とスマートフォーンのアルバムみたいなところでサーチすると、写真が出てきた。
「あ、ソックリ!」

Jrにそっくりな犬だ。
ご飯を食べている写真だった。
「これは、最後の食事だったんだ」
「え?最後の食事?」
「うん、この後、マイルスを安楽死させたんだ」
「どうしてですか?」
「ガンだったんだ。。。」
「それが、本当に辛い事ですね。幾つだったんですか?」
「12歳」
「あ、Jrと同じ年ですね」
「でも、マイルスは90パウンド(45K)あったから、Jrの一回り大きかったよ」

一般病棟の後はリハビリに行き、希望者を回り、最後はホスピス。
エレベーターを降りて、ホスピスに向かっていると、若い女の子がお母さんに抱きついて泣いている。
家族の誰かが、さよならの時を迎えているのかもしれない。

Jrを見つけると、「あ、犬だ」と言って飛んできて、Jrを抱きしめた。
そこに、他の部屋にいた家族たちも廊下に出てきて、こっちも来てくれ、こっちも来てくれ、とあっという間に8部屋位からリクエスト。

患者さんは、皆殆どコーマでJrが部屋に入ってきても判らない。
家族たちがセラピーが必要だったのだ。

CIMG6364.jpg

このお婆ちゃんは車いすだった。
お爺ちゃんがベッドの上で、虫の息となり、もうそろそろ、お別れの時が近づいてきているらしい。
息子さんや娘さんが部屋の中に沢山いた。
息子さんが、お婆ちゃんがセラピーを必要としていると考えて、訪問のリクエストをしてきたのだった。

Jrの事をとても気に入って、なかなか離してくれなかったが、
「いい子だ、いい子だ。この子は特別だ」とずっと言い続けていた。

その後も、沢山の部屋を回り、つくづく、Jrはこの為にこの世に生を受けた犬なのだと思う。
教えて出来る事ではないのであるよ。

当分は。。。リタイア出来ないかもしれない。
Jrがもう、病院に行きたくないよ、というまでは。。。

PS.トートバッグの後ろに書いてある文字”Purrfect”は造語です。辞書で探しても出てきません。Purrはネコが満足そうにゴロゴロ喉を鳴らす。人間が悦に入って喉を鳴らすという意味がございます。これとperfectを足したものでありますが、オバはんはこの言葉が何だかモフモフしているようで好きなのであります。そこで、海ちゃんは犬だから、合わないのではないかというご意見を頂きましたが、犬も猫もみんな一緒にPurrfectという事にしてあります。わざとなのであります。
 
2017.06.11 (日)

今日のセラピードッグ達

Jrは走るのを止めて、また復活です。
今朝は、週末森大爆走の日だったのですが、お母さんはすっかり熟睡。
JPAPAが家を出たのも気が付かず、ハっと気が付くと5時半。
もしかして、Jrも連れて行ってしまったのか?と大パニックになり、寝ぼけながら、Jrの名前を連呼。
すると、Jrは階段の下で、じっと待っていたのでございます。
「どうして起こしてくれないの?ウーとかガーとか声出せば、気が付くのに」

JPAPAに置いて行かれた後、ドアの前で、ずっと待ち続けていたのでございます。
健気な子なのでございますよ。

さて、今日のセラピードッグたち。

病院について、今日のJrの様子を撮影。
CIMG6260.jpg

横顔でお願いします。
CIMG6261.jpg
後ろ姿はどうですか?

とそこに、

CIMG6258.jpg

イエローラブのアレックスが。。
Jrはヒーヒー鼻をならして「あの子知ってる」と言っていた。

CIMG6259.jpg

アレックスとは、図書館に特別出動したときに一緒にお仕事した仲だ。

そして、ゴールデンのバデイ。

CIMG6262.jpg

Jrの仲良しだ。
CIMG6265.jpg

どうもね、久しぶり。

そして、もう一匹もゴールデンのコビー
CIMG6263.jpg
 
今日はベージュゴールデン色大型犬4匹のシフトだったのだ。
CIMG6266.jpg

Jr.とアレックス。
CIMG6268.jpg
 
Jrとバデイ
CIMG6267.jpg

今日はとても暑くて、患者さんの為に病室はクーラーをかけていない。
その為、暑さに弱いJrはかなり参ったようだった。

だが、沢山の患者さんを回って、とても喜んでもらった。

一人のお婆ちゃんは
「私は今まで9匹犬を飼ってきたのよ。コリーの00、リトリバーの00.。。。(全部の犬種と名前をすらすらと言った)犬は凄いわ。本当にこういうお仕事は素晴らしい。Jrもこの落ち着き方は凄いわね」
と褒めてもらった。

次の方は、
「嬉しい嬉しい。ああ、自分の犬たちが恋しいわ」
「まあ、どんなパピーですか?」
「ピットブルとピットブルとマスチフミックスと、テーカップチワワ」
「ええー、どこの子がボスですか?」
「テーカップチワワ」

オバはんは頭の中でピットブルマスチフミックスがテーカップチワワにガウガウやられて、従う姿を思い浮かべてしまった。

その後も、
「Jrには前に会ったことがある」という患者さんにも沢山会った。
何度も入退院を繰り返している方を何度も訪問したというのは、あり得る事だ。
なーーにしろ、10年もやっているプロセラピードッグだものねー。

そうそう、トートバッグの事でお問い合わせがあったので、一寸参考まで。
ピノホリちゃん大型トートのほかに中型トートと小型があります。
小型のは、もう5-6年セラピードッグの時に使っておりますが、生地がしっかりしているので、全く問題ありません。
サイズは
CIMG6257.jpg
こんな感じで、

CIMG6271_LI.jpg
CIMG6272.jpg
 後ろには3つに仕切ったポケット付き。
足跡リボンでトリミングも出来(まだ在庫在り)マグネットの留め金かマジックテープをつけて閉じられます。
セラピードッグのマークの所に、ご自分のワンちゃんの写真をプリントします。

一番小さいのはこーんな感じでありますのよ。
ほほほ・・・

PS.
この間の肉が安かったという話。どのくらい安いかピンと来なかったと思うのでもう一度。
1パウンドは454グラムなのよ。だから、1パウンド99セントという事は。
100gなら22セント。日本円なら24円チュー事よ。
100g24円のビーフのひき肉だよ。安い!!
ステーキ肉の方は、1パウンド3ドル50セントだったから、
100gならば、85円なんだぜ。
それも、USDAのお墨付き。
どうも、スーパーが仕入しすぎて、売れなくて、あの日だけ大放出したという事らしい。
ヘンな肉じゃないし、もしも食中毒何て起こしたら、訴えられるから、そんな変なものは売らないの。
やーーー、安くて感激した意味、分かって頂けた?
 
2017.05.28 (日)

今日のセラピードッグ達

今日はいい天気であった。
月曜日がメモリアルデーなので、世の中は3連休。
昨日は大雨の中、JPAPAが道が大渋滞で帰るのに時間が掛ると電話してきたのがウソのよう。

今日も元気に出勤してまりました。

CIMG6183.jpg

よ、男前!
最近、いぶし銀のような人間で言えば、ロマンスグレー(死語?)な落ち着きが加わり、お母さんにとっては、原田芳雄( 亡き父が似てた。ちょい悪だったのだ。だから好き)なのだ。

惚れ惚れしてしまう。。。
自分の犬なのに。。。馬鹿だ。。。

さて、今日のメンバーは

CIMG6184.jpg

ミックス犬のチャーリー。
写真を撮るのに慣れてきて、ちゃんとポーズしてくれる。

そして、

CIMG6185.jpg

ゴールデンのコビー
なぜこんな顔をしているかというと、チャーリーにガオをやられて、困ってしまったのだ。
どうも、オフィスの中にJrとチャーリーが先に入っていて、チャーリーはJrが大好きなのだよ。
きっと仲間に入るな、という気持ちだったんだろうな。

今日は2フロアーを回ったが、
一人のお婆ちゃんが大喜びで、はじめっから泣きっぱなし。
Jrが椅子に横になり頭をベッドの上に載せると、いとうしそうに、ずっと撫でていた。
「私の犬を思い出すわ」
「まあ、どんなに犬ですか?」
「今のコンドに移った時に。。。仕方がなかったのよ。。。あれしか方法が。。。」
と言って涙をぽろぽろ。

余り話したくない事だったらしいので、それ以上は聞かなかったが、
来てくれてありがとう、ありがとうとずっと言い続けていた。

看護婦さんも一緒で、
「Jrは今年で10年、セラピードッグをしている」と言ったら、
他の看護婦さんを連れてきて
「Jrを見て。この子はプロフェッショナル」と言ってくれた。
「まだ引退はしないけれど、朝、Jrがもう病院に行きたくない、と言ったら、その日が引退の日です」

その次の患者さんは鳥を飼っているという。
Jrが何でも時間通りにスケジュールで動くのを好むと言ったら、鳥もそうだというのだ。
携帯で写真を見せてくれた。
オレンジやグリーンの極彩色の鳥たち。
「アマゾンの鳥みたいですね。」
「中には南米から来た子もいるわ」
「何羽いるんですか?」
「26羽」
「それは凄い」
とひとしきり鳥の話を聞かせてもらった。

そしてその次の患者さんはお爺ちゃん。
リストに名前はなかったのだが、娘さんが部屋から飛び出してきて、訪問してほしいとリクエストだった。

お爺ちゃんは何か肺の病気なのか絶えず、何かを吐き出していたのだが、Jrがベッドの横に行くと、顔がパッと明るくなり、嬉しそう。
「訓練するのは大変だったのか?」
「いえ、この子はシェルターから生後2か月でアダプトしましたが、その前の犬の生まれ変わりだと思う程、子犬時から何でもできて、何でも理解していたので、生後3か月位からトレーニングしましたが、大変ではありませんでしたよ」
「僕も今まで沢山犬を飼ってきたが、最後の犬はコッカスパニュエルだったんだ。トレーニングしないのに、僕から離れず、ヒールと言えば、ついてくる。車に乗るのが大好きで、助手席に乗って必ず前足をダッシュボードに載せて、喋るんだ。僕とコミュニケーションを取ろうとしていたよ。僕もあの子の言う事は理解していた。早く車を出せ、ドライブに行こう。楽しいね、とかね」
「そうですよね。犬は、コミュケーション取ろうとしますよね。こちらが理解しようと思ったら、こんなこと考えているんだな、ってわかりますよね」

そのほかも色々回って、今日も頑張りました。

昨日の、Jrが何か言いたそうにお母さんの顔色を窺ったり、ガレージの前で立ち尽くした意味が判ったのであります。
あれは、
「ちょっともう少し歩かせてよ。僕、う0こしたいんだよ」でした。
午後の散歩で、大量に出たので、我慢していたようです。

さて、帰ると、JPAPAが”A DOG'S PURPOSE”を一人で観ておりました。
私が先に観てしまったので、いない間に観なさいと言っておいたのです。

JPAPA。。。泣いちゃって、ハナをすすって、チーンしていました。
でも、泣いているのが恥ずかしくて、泣いてない振りしたりしておりましたが、鼻をかむ回数がどんどんと多くなり、時々目をこすっておりました。
「いい映画だったでしょ」
「まあね」
泣くのは、恥ずかしいのかい?

というわけで、おじさんも思わず泣いてしまう映画ですので、もしご覧になるときは、テイッシュの箱を忘れずに。