シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記
2017.04.23 (日)

ランチョン

今日は年に一回のボランテア感謝ランチョンでありました。

去年、Jrとお母さんは表彰されたのだけど、Jrは腸に骨が詰まって死にそうになっていた。
胸のあたりまで詰まっていて、麻酔をかけて腸の中の引っかかった骨の残骸を引きづりだしてもらったのだが、ついでに腸が傷ついて、大出血を起こし、もう、ダメだ。Jrはガンじゃなくて、便秘で死ぬのだ、と腹をくくったのであった。
その為、この式典には出れず、ああー、あれから1年経ったのだ。

Jrは何度もうだめだを、繰り返したのだろう。

去年一緒に表彰されたグレートデーンのCaly.
耳が聞こえない子だったが、ハンドラーさんがドッグトレーナーでそれは良く訓練されていたのだが、横腹に大きな脂肪の腫瘍ができ、それがどんどんと大きくなり、Jrのガンの事もあったので、相談をされていた。

だが、最近見かけないので、マネージャーに聞くと、去年の9月に腸ねん転を起こし、安楽死されたというのではないか。

表彰式から丁度、5か月後だ。
本当に、命はどうなるか判らない。

今日の表彰台に上がった子たちが、入り口でゲストをお迎え。

CIMG6011.jpg

CIMG6012.jpg
この子はこの数年間で3代目だという。
Jrのように、10年も続けているというのは、本当に凄いことなのだよ。
(自分で言うのも何だけど)


CIMG6013.jpg

CIMG6014.jpg
この子はチームで唯一のロットワイラー。
やっぱりチチに似ていると思う。

CIMG6016.jpg
結婚式も行われるバンケット。
こうやってみると白髪と頭の薄い人ばっかりだ。
学生さんたちも、病院のボランティアで単位を貰えるらしい。

まあ、そのほかは、リタイアして時間のある年齢の方々ばっかり。
でも、皆生き生きとし、カクシャクとしている。

人間は幾つになっても、人生に目標ややらねばならない事があると、ボケていられないのだと思う。

CIMG6017.jpg
CIMG6019_LI.jpg
仲間のおっちゃん、オバちゃん達と。
本当に、いい人ばっかりだ。
どうしていい人ばっかり集まるのか?と不思議で仕方がない。
数名の方々をオバはんは、今日勝手に表彰した。
大変に喜んでおられた。
やっぱり、自分の行っていることが他人が認めてくれるというのは、実に嬉しい事だと思うのでござる。

CIMG6020.jpg

クリームチキンスープに山盛りサラダを食べたら、お腹がいっぱいになり、メインのステーキとチキンマサラには手が付けられず、ボックスに入れてお持ち帰りだ。

そして、コーヒーを飲んでミントチョコチップのアイスクリームを食べ、まだまだ、式典は続いていたが、さっさと帰って来た。

家に戻ると、Jr達が玄関先で、ヒーヒー言いながらお母さんの帰りを待ちわびていて、そのまま、お散歩。

CIMG6022.jpg
お天気が良くて、花が咲き始めている。

こうやって、この二匹を置いてどこにも行けないお母さんなのであった。
しかし。。人間変われば変わるものだとつくづく思う今日この頃。。。
スポンサーサイト
 
2017.04.21 (金)

結婚ラッシュ!

今朝、起きてすぐにメールをチェックすると、美人女将の息子のG君が、シテイホールで結婚したと報告が!
おおーー、オバちゃんにとっては、G君はおしめ姿がまず浮かぶ、そんな僕ちゃんだったのが、お嫁ちゃんを貰ったというのだ。
ああ、何と時間の流れのはやい事よ。

そしてJPAPAのシンガポール時代の友人の息子君も結婚するから式に来い、と招待状が来た。
ワシントンでするそうだが、行けない。
家を空けられない。

皆大人になっていく。
そのうちに、子供が生まれれば、皆グランパ、グランマだ。

ごめんねー。ダウンタウンシカゴに行くのも、メンドーになっているので、年に一回の日本行以外は、飛行機に乗りたくないんです。

この場を借りて、本当におめでとう。

それに、このところ、皆様のブログで、結婚22周年25周年というのを見て、オバはんは、20年以上も同じ人間と暮らし、そのうえ仲がいいなんてーのは、奇跡としか言いようがない!と思うのでございますよ。

自分の親と一緒に居た時間よりも、もっと長く一緒にいて、そのうえ、家族の歴史を作り続ける。
凄い事じゃ、あーりませんか?

オバはんとJPAPAも、今年で25周年を迎えます。
家も未だに仲良しフーフですが、これは、この出来た賢い妻の毎日の努力と忍耐の上に成り立っているのであります。
と、自分で思っておりますが、JPAPAも一生懸命働いていてくれて、毎日の感謝は忘れません。

新婚の君たちよ、
これから結婚する君たちよ。
育ってきた環境も、時には文化も違ったりするのだから、二人でそれをすり合わせ、自分たちのルールを作り、幸せになってほしい。
決して相手に対する感謝を忘れず、”ありがとう”は自然に言えるようにしなちゃいね。

自分が嫌な事は相手にしない。
大好きだ、というのは、ちゃんと伝える。
言葉で伝えなければ判らないことも沢山ある。

ありがとう、ありがとうと言うのは一銭も掛かりません。
タダで夫婦仲が保てるのなら、こんなに良いことはありまへんでえ。

そうそう、昨日の黒猫に対する、貴重なご意見、有難うございました。
オバはんは平らなものを見ていると、形にしなくてはいられない、そういう人間なんでございます。
まあ、一種の中毒です。
だから、自分では’きゃー、可愛い”と思って作りますが、それが、他人の目にはどう映るかは全く分かりません。
あの猫の抱き枕も、喜ばれていることが判った時点で、’おおー、それじゃ、もっと作ろう’となり、数百個、とか作ってしまう訳なのであります。

とにかく、シェルターに寄付やJrのセラピードッグのファンドレイジングに使うので、社会にほんの少し貢献できていると思う心が、まあ、原動力なのでございます。
 
2017.04.20 (木)

黒猫12匹

黒猫12匹出来上がった。
白と濃いブラウンのフェルトが手に入ったので、これでも、猫か犬にしてしまおうか?とも考えている。

溜まっていた七五三の着物もまだまだあるから、製作は可能だが、これを欲しがる人が居るかどうかが問題だ。

自分では可愛いと思うのだが、人はどう感じるのかが問題なのだ。
そうだ、アニマルクラブ石巻にも聞いてみよう。
こういうものでも、里親会で売ることが出来るのなら、沢山作ってあげれるのだから。
 
CIMG6002.jpg
CIMG6003.jpg

こんな感じで12匹。

顔は、何が足りなかったかというと、ひげだ。
ひげがないと間が抜けるという事に気が付いた。

CIMG6005.jpg
CIMG6004.jpg
 同じに作っているつもりでも、表情は違ってくる。

どうかしら?もっと作ってもいい??
 
2017.04.19 (水)

10年ぶりに行ったのだ!

行かなければならない用事があった。
先月から行こう行こうと思いつつ、天気が悪いだの寒いだのを理由に行かなかった。
要するに。。。面倒くさいのだ。

そして、やっぱり面倒臭かった。。。

ダウンタウンシカゴ。
10年振りに行ったんだよ。
田舎のオバはんにとっては大都会さ。
そして、全然興味のない場所なんだが、どうしても行かにゃーならない用事があったのだ。

ここの町の駅から1時間ちょっとかかる。
そして、一時間に一本しか電車は来ない。

9時台のに乗ろうと、駅に行ったが、駐車場は満杯で、どこにも駐車できない。
ウロウロしている前を電車は到着。
結局、乗り遅れた。
ウロウロ周りを走り回り、エイと路上駐車をして駅まで歩き、切符を買ったのだが、窓口のオバちゃんに、
「駐車スペースが見つからなかったから9時台の電車に乗れなかった」
「ああ、そうでしょうとも、7時には一杯になるんだから」

CIMG5989_LI.jpg

 これが駅。

1時間近くも次の電車に時間があるので、周りを散歩した。
歴史的価値のある建物をオフィスにしたり店にしたりしている。

CIMG5991.jpg
CIMG5993.jpg

会社のオフィスらしい。

CIMG5996.jpg

ここはブテックだった。

そうこうしているうちに電車が来た。

CIMG5997.jpg

二階建ての電車だよう。

そして1時間後、シカゴに着いた。
おおおー、10年ぶりだ。

お上りさん丸出しー。

CIMG5999.jpg
CIMG6000.jpg

 無事に用事を済ませたが、また1週間後に行かなければならない。

帰りのタクシーの中から、
CIMG6001.jpg


新名所。トランプタワーを見たぞ。

また1時間電車に乗り、大急ぎで家に戻った。
Jr達が待っている。

そして、湖に散歩。

CIMG5985.jpg

Jr達のためのシーシータイムの方がよっぽど重要なのだ。

CIMG5986.jpg

Jr達が近づいても逃げない太々しいカモたち。
しかし。。。たった一時間電車に乗るだけで、こののどかさは!!

というわけで、10年ぶりにダウンタンシカゴ行き、たったの30分だけいて、トンボ帰りしたのであった。
ああ、面倒くさい。
 
2017.04.18 (火)

近所の犬

今日は良い天気。
やっとチューリップや水仙が咲き始め、桜じゃないけれど、白い花が咲き始めた。

ドッグパークでは、いつものハスキーオジサンをチチが直ぐに見つけて、もうすっかり、ハスキーパックの一員だ。

CIMG5979.jpg
 ジャケットを着ていたが、段々と暑く成り、今年初の半そでTシャツ。

CIMG5980.jpg
CIMG5981.jpg

気温が上がってきて、Jrは暑さに弱いので、早めに切り上げて帰って来た。

そして、午後は、ご近所の散歩。
すると、この間出会った若い女の子がTカップナントかという小さい生後6か月のワンコを連れて外に出ていたのだが、そのパピーに大きな白い犬がなにかやっている。

どこからか逃げ出したらしい。
あ、あの犬は、この間家のポーチを覗いた犬だ。
Jr達と同じくらいのゴールデンドウードウル。

女の子はしつこい大型犬に困っていた。
「どうしたの?」とオバはんが声をかけると、
「また近所の犬が脱走してきたらしく、どうしていいのか分からない」
「この子がどこの家の子か、知っているの?」
「はい、知っています」

オバはんは、Jrからリードを外し、その白い犬の首根っこをつかんでリードをつけた。
このままじゃ、車に轢かれてしまう。

その女の子と脱走犬の飼い主の家に行った。

「あらー、どうも。さっきドアの隙間から逃げたんだけど、言う事聞かないから捕まえられなかった。そのうちに自分で戻ってくるかポリスに捕まるかで戻ってくると思っていた」

と全く探していなかったのだ。

「車に轢かれますよ。それに、今回、初めてじゃないでしょう。以前家のポーチにも来ましたよ」
「運動が必要なのは判っているんだけど、今日も娘の誕生日で風船がドウータラコータラ。別にわざと放したんじゃない」

と、とにかく言い訳三昧だ。

可哀そうに家の中に閉じ込められていて、散歩にも出ないから、ちょっとでも外に出るチャンスがあれば、脱走しているのだ。

脱走常習犯。

性格はヘラヘラしたハッピーな子だから、どこかに行って誰か人や犬を噛むようなそんな感じはしないけれど、こればっかりは判らない。
車に轢かれるのが一番心配だ。

どうして散歩もしないような生活をしているのに、こういうエネルギーが一杯で遊びたくて仕方がない大型犬を飼うのか?
判らない!!

可哀そうになあ。。。
大きなぬいぐるみみたいに扱われているんだろう。

またきっと脱走する。
そして、きっと事故にあったり、問題を起こすに違いない、とオバはんは他人事ながら、心配してしまうのだった・。
 
2017.04.17 (月)

スマホケース

アニマルクラブに送る物も、着実に作り進んでおります。
このところ、日本で買ってきた生地で作っていたのだけれど、日本に送るのだから、アメリカの生地の方がいいだろうという事で、1ダース。

CIMG5975.jpg
CIMG5976.jpg
この生地は多分10年くらい前に買ったもの。
少しだけ残っていた。
6個できました。

CIMG5977.jpg
CIMG5978.jpg
これも数年前に手に入れた生地。
8個できました。

というわけで、もう少したまったら、まとめて送りますので待っていてね。
 
2017.04.16 (日)

今日のセラピードッグ達

今日は、代打でお仕事だった。
検便で陽性が出たセラピードッグが働けないので、Jrが代打。

物凄くいい天気。
やっと春らしいというか、飛び越えて初夏のように暖かい。

病院の駐車場に水仙が咲き始め、今年はどの花も遅いから、きっと一気に咲くんじゃないだろうか?

今日のメンバーは、チャーリー。

CIMG1147.jpg
 
そして、オーストラリアンゴールデンドウードルのマレイ。

CIMG1149.jpg
 
ブリーダーがオーストラリアにいるので、オーストラリアンと呼ぶだけなんだとさ。

そして、
CIMG1148.jpg
 Jr.なのだが、カメラを変えて持って行ったら、良く撮れない。

沢山の患者さんを回ったが、この患者さんは私と同じくらいの年。
綺麗にお化粧していて、身だしなみに気を付けているのだと思う。

CIMG1150.jpg
 色々話をして、最後に折り紙のツルのGet well soonのカードを渡すと、感極まったのか、泣き出してしまったのだよ。

病気をして入院するという事は、やっぱり心細い事。
手術をしたり、ガンであれば連日のキーモや治療。
検査だ薬だと、きっと、色々考えてしまうのだと思う。

そんな時、セラピードッグが訪問して、傍に寄り添ったりすると、そんな不安な気持ちが溢れて来たり、癒されたりするのだと思う。

そして、オフィスに戻ると、デスクに大量のドッグクッキーのギフト。
教会の子供たちがJr達の為にパンプキンのクッキーを焼いてプレゼントしてくれたのだ。

CIMG1151.jpg
パッケージに手作りの骨の形のカードが添えられ、そこにそのパッケージを作った子供の名前も書いてある。

可愛いねえ。

家に帰ってJrとチチに与えたら、相当に美味しいらしい。
大喜びでありました。

今日もいい日でありました。
 
2017.04.14 (金)

黒猫ドール

昨日は朝から雨で寒く、前日動き回ったので、家にいたのでございます。
そこで、シェルターから頂いた黒の毛羽だったフェルトのような生地で黒猫プロトタイプを制作しましたの。
いつも型紙なしで頭に浮かんだものを形にするという、滅茶苦茶な制作方法のため、出来上がってみないとどうなるか判らないのでございますわよ。

まだまだ、お顔を何とかしなければいけないけれど、とりあえずプロトタイプ。

CIMG5964.jpg
 化繊の七五三の着物を持っているので、それでワンピースを作って着せることにしましたの。

CIMG5965.jpg
 後ろ姿。

生地を見ると、こんなものを作りたいと頭に浮かぶので、それを形にすると満足するという、本当に安上がりなオバはんです。

生地を切り出したら、10匹分取れたので、だーーと全部一気に行こうと思っております。

PS.
JPAPAと夫婦喧嘩が勃発しそうになりましたで。
その原因があのユナイテッドの乗客引きずりおろし事件。オバはんはニュースであの中国人だと言っていたのはベトナム系のアメリカ人医師だとやっとわかり、彼の経歴をズラズラ並べ立てるのに腹を立てました。
彼は被害者であるのに、まるで犯罪者のような扱いを受けていることにであります。
JPAPAはそれに対して、あれは、ユナイテッドがやったのではなくテレビ局がみんなが知りたいから出しているだけだというので、もし、自分があんなに全世界に恥をさらされるような理不尽な事をされた被害者なのに、過去をあれこれ探られて暴露されたら我慢できない。
あれは、意図的に、エアラインに向ける矛先をそらすためにやっていることだ。
どうも、降ろされた4人の乗客たちはアジア系だったという話も出ている。これは、人種差別だ。と言ったところ
、「あれは、コンピューターでランダムに選んだのだろう」
「じゃ、コンピューターはアジア人をランダムに降ろすという選択をしたのか?」
「それは、レイシャル プロファイリングと言って、アジア人はこういう事態になったら、文句を言わないから、イージーに事を済ませようとする場合は、そういう選び方をする」
「ぎぇー、ゆるせーん」で、自分たちに関係のない問題なのに、平和な家庭は、一瞬にして戦場と化したのでありました
。昨日の朝は、お出かけのハグハグはなしでしたのよ。
今日はもう、仲直りしましたけど。。。まだまだ、続くで、ユナイデット問題。
 
2017.04.13 (木)

何だか何だか嬉しい日だった

一昨日は気温が0度近くまで落ちて寒かったのに、昨日はまた天気が良かった。
今週は土曜日まで雨になるというので、昨日、そうだ!アニマルシェルターに寄付を届けてその足で、車のイグニッションテストに行ってこようと、家を出る前に思いたった。

ドッグパークは肌寒かったが、とにかく太陽が出ているので、気持ちがいい。
沢山の人が来ていた。

CIMG5952.jpg
 森の中で、この間出会ったハスキーを砂漠で拾った若いハンサムなお兄ちゃんとも遭遇。
ポケットに一杯ドッグクッキーを持っているらしく、チチが彼のポケットをクンクン。
「オヤツ上げてもいいか?」
「あげたら貴方を絶対に忘れない。OKです」
チチとJrは大喜びでおやつをもらった。

そして、駐車場に着くと、丁度若いカップルがコーギーを連れて中に入ってきたところ。
多分今まで見たコーギーの中で一番かわいいかも?というくらい、可愛いのだ。

2匹連れていて、一匹はゴールドと白の典型的なコーギー。
そしてもう一匹は、
CIMG5953.jpg

写真が上手く撮れていないが、姿かたちはコーギーだけれど、体の模様が、オーストラリアンシェパードみたい?
シルバーにところどころ黒のぶちが入っていて、小さくてピョンピョン撥ねていた。
「子犬ですか?」
「生後10か月。もうこれ以上は大きくならないよ」

可愛いのだよ。どうして足が短いと、こんなに愛くるしくなるんだろう。。。

その後、車を飛ばして、アニマルシェルターに寄付に行った。
またアトリエを掃除したら大きな袋5つ分くらい、古い着物や使わない生地が出てきて、私が使わなくても、誰かこの珍しい生地を使う人が居るだろうと寄付することにしたのだよ。
CIMG5955.jpg
 店の方にも寄って、どんな犬猫がアダプションに出ているのかを見て、何か買ってあげようと思ってウロウロしていたら、一人の女性が話しかけてきたのだよ。

「貴女はこの間猫のおもちゃを寄付してくれた人ですか?」
「はい、そうですよ」(どうして判ったの?寄付したのは1か月位前)
「あのおもちゃが可愛くて、店に出した分は全部売れました。ここの猫たちにも与えました。私も一つ貰って、タッグも取ってあります」
「まあ、それは嬉しい。今日も寄付に来たので、猫のおもちゃ、どうだったか結果を聞きたかったのよ。やっぱりフィードバックがあると、嬉しいの。それじゃ、また今度持ってきますね」
そこで、黒のぬいぐるみに使うような生地がワンロール出ていたので、これは幾ら?と聞くと、マネージャーを呼んでくれた。
「この女性が、あの猫のおもちゃを寄付してくれた人です」
「ああ、あれは、可愛くて物凄く評判が良くて、ラッフルのギフトバスケットの中にも入れたんですよ」
「もう、大きな箱一杯に作ったから、もし、使えるのなら、また寄付します」
「ところで、この生地で、フラットな黒猫を作りたいと思うので買いたいのだけれど、幾らですか?」
「持って行ってください。また何か作ってください」
「じゃ、黒猫を作ってくるから、楽しみにしていてください」

あの猫の抱き枕。
こちらでは、自分でもビックリするくらい、喜ばれているのだ。
そして、オバはんは、こういう風に褒められると、すぐに舞い上がり、もっと何かしてあげたくなるのであーる。
生地を貰っちゃったので、何かこれから作ってあげよう!
CIMG5963.jpg
ちょこちょこ作っているので、現在は箱に入りきれなくなっている。
次回、お届の時は色々見繕って、寄付したいと思っている。

物凄くうれしくなり、家に帰ると、アマゾンからもお届け物。

CIMG5960.jpg
CIMG5961.jpg
 思っていたのより、半分位のサイズだったけれど、お孫ちゃんは4歳だから、このサイズで大丈夫だと思う。
ワンコとキャリーバッグのセットなの。
まあーー、可愛い、きっと友人のお孫ちゃん、喜ぶだろうな。と思って買いました。
他に注文したものは、どこから送られてくるのか分からないんだけれど、相当時間が係るらしいので、それが届いたら、一緒にお中元で送ります。

孫がいたら。。。可愛いものを一杯買ってあげたくなるのだろうな。。。
いないから、もっぱら、犬のおやつばっかりだけど。

なんだか、幸せな気分になった一日だったのでアール。
 
2017.04.12 (水)

ボヤク。。。

渡辺謙さん。。。どうしたの?
大ファンだったのにな。。
渡辺謙、お前もか??

何故、不倫する?
どうしてバレるようなことをする。
NYだってこれだけ有名になっているんだから、東京と同じだ。
アメリカだからばれないとでも思ったか?
。。。
ガッカリだ、、ああ、ガッカリだ。

白血病を克服し、奥さんの支えで国際スターになり、去年は胃癌もやったんんでしょ。
奥さんも乳がんの治療をしたのでしょ?

その間も、他の女と不倫していたとなれば、人間としての資質を疑う。

ああ、残念だ、残念だ。物凄く。。。残念だ。

そして、昨日こちらで大騒ぎのユナイテッドが乗客を引きずり下ろした事件。
ご近所の奥さんたちと「あれは酷すぎる!」と大激論。

あれは、私たち誰にでも起きる事だ。
どうも、乗客の権利というものは無いらしい。

お金を払って座席を買っているのだ。
そして搭乗して席についている所を、ランダムに選ばれたから、降りろと言われている。
拒否したら、実力行使で引きずり降ろすなんて、一体、何時の時代の話??

それも、ユナイテッドの人間があの便に乗りたいので、4人降ろされたのよ。
確かに、いつもオーバーブッキングで、「この便に乗るのをギブアップしてくれたら、800ドルのバウチャーを上げます」なんているのは日常茶飯事だ。
だが、大体自分のエアラインの人間をその便に乗せたいのに、オーバーブッキングをしていること自体、全く準備も何もないのか?

今回は1000ドルのバウチャーを上げると言ったらしいが、それでも、誰も手を上げなかったので、”ランダム”に選んで降りてもらう事にして3人は受け入れたけれど、最後の一人の中国人男性が拒否した。
医者で、患者が待っているから、と言っているのを3人の警官が来て嫌がる乗客を座席から無理やり剥がし、乗客は通路側のアームレストに顔を強打して血だらけ。

周りの乗客たちも何するんだ!と悲鳴を上げている。
皆携帯でこの一部始終を録画しネットにアップしたのだから、もう、言い訳はきかない。

そして、CEOが初めに言っていたのは、
「乗務員は何も悪いことをしていないのに、これは乗客が抵抗したのが悪い」
この後、全面的に謝ったけれど、もう、言ってしまったのは消せないよ。

そして、昨日のニュースでは、えええええええーとビックリして頭にきた。
この中国人医師の経歴や逮捕歴や医師と言っても大したことないような、そんな話を流している。
関係ないでしょ?
この人が道路工事の人間だろうと、学校の先生だろうと、大したことない医師だろうと、主婦だろうと、犬の散歩人だろうと、無理やり降ろされた乗客だという事には変わりない!

結局、どうも、降ろされた中国人はこんな人間ですから、そんなに同情しなくてもいい、という話の流れに持って行こうとしているとしか思えない。
それと、何故、彼なのか?
アジア人をランダムに選んだんじゃないのか?
人種差別じゃないのか??

本当に腹の立つ事件だ。

これから、ユナイテッドは訴えられるから、巨額の賠償金を払う事になるだろうね。

怖いじゃない?
お金を払って飛行機に乗っても、乗客には権利がないなんて!
こんな事、想像もしなかった。

一体如何なっているのでしょうか??