シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記
2017.02.24 (金)

ペットロス

昨日はドカンと気温が下がり寒いの寒くないのって。。
それまで、異常な暖かさだったため、体がそれに慣れてしまった。
今朝は、雷雨にヒョウ混じり。
トルネード注意報まで出ております。
寝ていたら、外はドカンドカンと音がしてバラバラザラザラ、ピカピカ。

本当に。。。どうなっているのでございましょう。
明日は雪だとか。。Jrはお仕事であります。

地下の荷物の整理。放っておくと、足の踏み場がないので、昨日ちょっと手を付けた。
JPAPAから貰ったカードは全部取ってある。
昔は、バレンタインの時だって母の日だって、何かあるごとにカードをくれたのに、最近は”高いから”と段々とくれなくなった。
それでも、取っておいたカードは懐かしく、思い出の大切なもの。
その間から先代の玉之助の写真も出てきて、それを見て泣いちゃったり。。。

犬猫を可愛がってその子が亡くなったことにより、悲しみで体調が崩れる事って本当にある。
玉之助が腕の中で息絶えて、オバはんは関節の痛み、手が硬直、起き上がれない、階段の登りも出来ない。24時間泣く。やる気をなくす。と人生が一遍で真っ暗になり、ペットロスの重症に掛かった。

今まさに、お隣の奥さんがそうだと思う。

お隣のご夫婦は、Lucyというゴールデンリトリバーと暮らしていた。
ちょっとおデブで可愛い子で、良く”おばちゃん、オヤツ頂戴”と顔を見せて、Jrとチチのお友達でもあった。
お隣はミシガンに家があり、こちらには旦那さんの仕事の関係でいるので、奥さんはミシガンと行ったり来たり。
その時もLucyはいつもお供だった。

去年、久しぶりに奥さんと外で会ったので話すと、”Lucyが亡くなった”と言うのだ。
体調が悪くて獣医さんの所に行き、MRIを撮って検査したところ、すい臓に血管肉腫が出来ていることが分かった。
そして、検査結果が出て3日目に、Lucyは急死してしまったのだ。

その後、奥さんは足の付け根の関節に激しい痛みを覚えて検査し、手術したが、痛みは消えるどころか益々激しくなり、6週間のリハビリをしてもやっと立ち上がり、歩けるようになったが、こちらの別のドクターにセカンドオピニオンを貰いに行ったら、今度は背骨のスパインの問題かもしれないと言われてまた検査だという。

彼女は私と同じ年。
スラッとした綺麗な人で、旦那さんと自転車を乗り回し、ジムにも通い、勿論、Lucyともお散歩を欠かさなかった。
だから彼女が関節の病気になるなど、思いもよらなかったのだ。

この間、お隣に招かれて一緒にお茶を飲んだが、Lucyの命日が3月7日で丁度一年なんだそうだ。
”ここでいつもLucyが寝ていたのよ。ソファーに座っていると足元にLucyがいるから、今でもそこにいるような気がして立ち上がった時、あ、ごめん、って居ないLucyに謝ってしまったりするのよ”

オバはんもあのペットロスの苦しみを体験し、何か月も第二の玉之助を探してさ迷い、そしてJrに巡り合った。
Jrは絶対に玉之助の生まれ変わり。きっとLucyも戻ってくる。きっと戻ってくる。と話をした。
そして、鼻水を垂らして泣いてしまった。

Lucyが生まれ変わって戻ってくれば、きっと体の痛みも、ずっと良くなるはず。

本当に。。。
辛いペットロス。

ポートレイト1

Jr.は3月で12歳。玉之助が亡くなった年齢になる。
いつまで一緒にいてくれるのか。。
スポンサーサイト
 
2017.02.23 (木)

本当に異常だ

昨日の朝は少し雨が降ったが、午後になると太陽が出てきて、気温が上昇。
2月の天気としては記録的な気温となった。

だが、今日から気温が下がり始めて、金曜日は嵐。土曜日は雪だというので、昨日、Jr達をお風呂に入れた。
爪を切って耳掃除してドライヤーで乾かしたけれど、外は暖かくて気持ちがいい。
外で昼寝してきなさい、とポーチに出したのだ。

CIMG5808.jpg
 ポカポカしてJrは気持ちよさそうにお昼寝をした。

これは、異常だ!

ドッグパークで会ったおじさんが
「僕は30年ここに住んでいるが、こんな2月は初めてだ」

オバはんもここに住んで18年になるが、こんな2月は初めてだ。

マグノリアのつぼみが膨らんだとニュースでも言っていた。
植物たちが芽吹き始めてアレルギーを起こす人が沢山出てきたとも言っていた。

オバはんもクシャミに目は痒いし、今年は、3,4月は、どんなことが起きるのだろう。。。
 
2017.02.22 (水)

天気が良すぎて気持ちが悪い。

オカシイ、絶対におかしい。
地球温暖化はここまで来たか!!

オバはんは、先週一週間の地下室掃除で、すっかり嫌になり、まだ途中なのだが、やる気が失せている。
またその内にやる気になるのだろう。

とにかく、天気が変だ。
良すぎる。平年ならば、ドッグパークもアイスリンク状態。
当たったら死ぬような巨大つららが屋根から下がり、時折ブリザートのはずなのに、毎日毎日4月のような天気が続いている。

絶対に、変!!
何かあるのか?心配だあ。

朝はドッグパークに行き、会う人会う人、ニコニコ。
犬たちは大暴れ。

午後には、湖に散歩。
氷が全部溶けていた。

CIMG5800.jpg
CIMG5801.jpg

CIMG5802.jpg

僕、犬生について考えている。
幸せだと、思っている。

CIMG5803.jpg

チチ、君はどう思う?
あたしも同感よ、お兄ちゃん。

と言ったかどうかは分からない。


CIMG5806.jpg

帰り道のゴルフ場。
誰もプレーしていない。
そりゃそうだ。
2月だもの。。。。
明日は20度以上になるらしい。

庭の掃除だな。。。。
 
2017.02.21 (火)

荷物の中から

週末も掃除は続いた。
今日は疲れてしまって、お休みだ。

自分の荷物はいるものいらないものと区分けできるが、おとーちゃんの物は、判らない。
箱を開けるたびに、
「これどーするの?」
昔の栄光の数々。
JPAPAは子供のころ神童だったのだ。それが、今はただのおじさん。

だが、沢山の栄光の記録は残っている。
神童時代の新聞の記事だのなんだの。
リトルリーグのヘッドコーチだった頃の写真や、昔執筆して出版された本。
これは、学術書のようなもので、中を覗いたが、何かの研究の成果らしく、全く何のことなのか分からない。

一つの箱を開けると、ボーリングのボール。
以前どこにやった、と大騒ぎしたあれだ。
会社でボーリングに行くから、マイボールを持って行くと言い出した。
そんな物は知らない、と言ったが、結局ボーリングに行って転んでケガをした。

もう。。。若くないのに、どうして気が付かんの??

一つ箱を開けると、書類とともに出てきたのが古い雑誌。

CIMG5797_LI.jpg
1973年の4月号

CIMG5798.jpg
1974年の号。

大事にとっておいたもの。
好きだったのね、昔から。

「どうするの。これ?」
「スペシャルエデイションだから価値があるかもしれない。でも、もういらない」
「イーベイに出したら売れるかもしれないが、面倒なので、今度ガレージセールの時に並べてみよう。欲しい人が居るかも?」

今日も天気がいいのであります。
こんなに1週間以上暖かい日が続くというのは150年以上ぶりらしいで。

土曜日、日曜日は、試験的にJPAPAがJr.を森に連れて行った。
大丈夫らしい。
大体、Jrだけを置いて、パパとチチだけ走ることに、非常に不公平感を持っていたと思う。
今朝も、朝走った。

ジーさんになって関節炎になっても、大好きなパパとの走りを取り上げることは出来ない。
2週間、休んだことで回復したらしい。

今日もJrはハッピーで、それを見ているお母さんも
胸いっぱいハッピーであります。

CIMG5727.jpg
 
2017.02.19 (日)

残り物を買った

バレンタインは14日のみ。
15日になると、誰もチョコレートに見向きもしなくなる。
ウオールグリーンは、25ドル何か買ったら7ドル分のポイントをくれるとクーポンをくれたので、貧乏性のオバはんは、買いに行ったのだ。
そして。。残り物のチョコレート買いました。

CIMG5795.jpg
50%オフ。多分今日あたりは75%オフになっているだろう。
ただ、欲しいのはもうないだろう。

誰もくれないので自分で買ったのだ。
当分、チョコレートは買わない。

午後のお茶タイム。
コーヒーを飲みながら、一日1個だけと決めているチョコレートを食べると、何だか幸せな気持ちになるんだから、安上がりだ!!

そうそう、先週の日曜日。
JPAPAに手伝ってもらって乾燥機のベントを掃除したが、あの時に荷物の大移動をしなければならなかった。
そして、ふと見まわすと、ゴチャゴチャと物があふれ、どーするのこれ?状態となっていた。
考えてみれば、2年年半前にキッチンリノベーションをやった時に、荷物を地下室に移動し、そのまま放置していたのだ。

もし。。私が今死んだら、このゴミを誰が片づける?と思ったら、やるしかない。

この一週間、地下室の掃除だ。
忘れていたものが沢山出てきた。
シュノーケルだ足ひれだ。。。もう潜らないだろうさ。
ドレスの数々。派手な色の上、胸元がグーと開き。。確かにこれはフランスで買った、イタリアで買った。だったが、今のこの老けた顔でこんなもの、着れるはずがないじゃないか!!
ジャケットを着てみたら、「あら、私はこれを着れたほど痩せていたの?」

ピンヒールのブーツだの靴だの。
こんなもの履いて歩けねい。
こけたら、骨折!!!!

と言うわけで、開ける箱、開ける箱に過去の残滓が詰まっていて、全部寄付。
車一台分寄付したが、まだあと一台分の寄付の物が出て、ごみで捨てるものも、車一台分。

ようするに、地下室には、車3台分のゴミが溜まっていたという事だ。

これから身軽に生きたい。
余計なものはどんどんと排除して、必要なものだけで生きていくのだ。

もう、消化できないものは、増やさなーい。
 
2017.02.18 (土)

買ってもらったの

約束通り、お母さんにお誕生日のお祝い、買ってもらいました。

CIMG5793.jpg

沢山のお祝いコメントもThank you very muchです。

今晩は、おやつをたらふく食べる予定です。   Chichi より
 
2017.02.17 (金)

Happy Birthday, ChiChi

今日はチチのバースデー。
10歳になりました。
あっという間の10年。
未だに、クレージードッグです。

普通に撮った記念写真。
ちょっとオスマシ。

CIMG5769.jpg
一応、カメラを向けられたら、ポーズをする。
この後、オヤツをチラつかせながら、
「Happy Birthday To Me」と歌わせようと頑張ったが、今日は鼻をフガフガ言わせるだけで、ちゃんと言えないので、断念。

この後は、
お母さんの大好きなアート処理をした写真。

CIMG5770.jpg
CIMG5772.jpg
この鼻のストライプが、自慢なのだ。
凄い鼻だ!
DNAというのは本当に凄いことをやってのける。
黒い部分はロットワイラーからでピンクの所はハスキー?
シルバーのアンダーコートはハスキーの毛で、今ごっそりと抜け、
目は絶対にロットワイラー。

こんな子も、作ろうと思って出来たのではなく、神様の創造のたまもの。
ぶすかわ。だとお母さんは思っちょる。

CIMG5788.jpg
 誕生日だから特別にローハイドを上げた。
チキンジャーキーの方がよかったらしく、あまり喜ばない。

仕方がない!
これからペットショップに繰り出して、好きなもの選びなさーい。

長生きするんだよ。
アンタは、しぶといんだから。
期待しているよ、チチ。
 
2017.02.16 (木)

ちゃんと歩いてます。

バレンタインデーには友人たちにバラの花束を配って歩いた。

CIMG5756.jpg

赤いバラは3-4倍も高い。
バレンタインの時に大儲けしようとどこでも、手ぐすね引いて待っている。
ラブだったら、赤いバラだから。

でも、友人たちにだから、黄色とオレンジにした。

この花束は、友人のキャシーに。
旦那さんの腕が腫れて病院に行ったら、肺に腫瘍が見つかり、昨日は、キーモに6時間もかかったという。
家の中にバラの花束があったら、気持ちも少し晴れるかなと思ったのだ。
とても喜んでくれた。

ドッグシッターさんにも届けた。
出掛けているようだったのでドアの前に、Jrとチチからのカードを添えて置いた。

丁度外でお隣の奥さんと久しぶりにあって話している所に、ドックシッターさんが、通りかかり、車を止めた。
実はキャシーから「貴女がラスベガスに行っている間、Jrがご飯も食べず、散歩にも出かけたくないと駄々こねて、ドッグシッターさんから困って電話があったのだが、貴方は旅行中だから、絶対に言わないでほしいと口止めされた」と聞いていたのだ。

「ごめんなさい。Jr.が面倒かけたのね」
「一日だけよ。あなたも知っているでしょう。Jrはママがいなくなると落ち込んでご飯食べない、外に出ないとプロテストするのよ」

と、彼女の顔を見ると、右側の目のあたりに青タンが。
「私、転んで肩の骨折ってしまったの。でも、運転しているし、Jr達のような大きい子は面倒見れないけれど、小さい子の散歩はしているわ」
「大丈夫?目の周りが黒くなっているけれど」
「頭も打ったの。でも頭は大丈夫。あ、お花アリガトウ」

バレンタインでお花を贈ったのが、お見舞いのお花になってしまった。

Jr.は本当に、ママがいなくなると、物凄い落ち込み方をするらしいのだ。
もう10年以上、ドッグシッターさんが面倒を見てくれているのに、今回キャシーに電話をしたという事は、本当に困ったんだと思う。

こうやって。。。ママはどこにも出かけられなくなるのでアール。

毎日、異常な天気が続き、今日も晴天。
CIMG5765.jpg

CIMG5764.jpg

朝、JPAPAと走らないので、ドッグパークでロングの散歩を毎日している。
でも、ギャロップするし、ちゃんと歩いているし、手術はしなくても大丈夫だと思う。

[広告] VPS
 
2017.02.14 (火)

ハッピー バレンタインデー

まず、家の旦那の秘密の件。
大したことではないのであります。
きっと、隠し子がいた、浮気していた、女装が趣味だった、などと想像を掻き立てたかもしれませんが、実は。。。。
HなDVDを隠し持っていただけなのでございます。

ただし、発覚したのが、間抜けなのです。
私のベッドの上に黒いプラスチックの犬のうんこ袋のようなものがおいてあり、なんだこれは?と中を覗いたら、5-6枚のDVD.
それも裸のまま。
何だろうと、出してみた所、Hな奴でしたのよ。
「?????」

ソレをつかんですぐに、下でスーパーボールを見ていたJPAPAに、突きつけて
「これはなんじゃ?」と聞いたところ、アッという顔をしたのございます。
「こんなもの見ておるのか?」
「Sometimes」

ここで、JPAPAの事をご存知の方はえ?と思うと思うのであります。
キャラクターじゃないんでございますが、おっちゃんも男だったのだという事で
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \で済ませようと思ったのでございますが、ここで問題は、何故、私のベッドの上に置いてあったんじゃ・という事なんでございますよ。

これは、何かのメッセージ?
「僕だってコソコソこういうものを見ているのだ。分ったか?ざまーみろ」

「一緒に見たい」
か。。。

その後、どこで買った・いつ見ておる?などの質問には黙秘権を行使し、全く口を割らないのでございます。

そうか。。。時々、Hな事を楽しんでいるのか?と20数年の夫婦生活で、知らない夫の心の中を覗いたようなそんな気になりましたのよ。

今日はバレンタインデーなので、
CIMG5761.jpg
CIMG5760.jpg
こんなカードを用意して、チョコレートケーキのストロベリー添えも用意いたしました。

JPAPAはデイナーを買ってくる予定であります。

そして、もうこのHなDVDを発見したことは、触れないことにしましたが、次の夫婦喧嘩の時には、HなDVD攻撃の必殺技を持ちましたので、一撃で、喧嘩は収まる事でございましょう。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、これで、トーちゃんはまた、私に頭が上がらなくなるのだ!!

昨日のJr達。
お友達が訪ねてきてくれたので湖に散歩。

CIMG5757.jpg
CIMG5758.jpg
コートもいらないほど暖かく、2月の半ばとは思えない。
凍っていた湖が、溶け始めている。

ハッピー、バレンタインデー!!
 
2017.02.13 (月)

夫の秘密

見つけてしまった夫の秘密。。。
20数年間夫婦をしていて、「ええええええー」とビックリこいた。
ああ、書きたいが、彼を知る友人たちも多い。
名誉のためにも、笑って流すことにしたのだが、どんなに真面目な顔をしていても、おっちゃん。。。男なのねえ。。。

時々、「Dirty old man」とボソっと言うと、苦笑い。

あああああー、書きたいが書けない。
このもどかしさよ。

でも、頭にきたことは書けるわね。

週末の朝ごはんはコーヒーだけを入れてあげれば、自分でトーストしたり、シリオを食べたりする。
トーストには、バター、ピーナッツバター、グレープジェリーをたっぷり。
そこで、使ったバターナイフにはピーナッツバターがくっついている。
それをチチが舐めるのが大好きなので、そのまま、ボールの中に入れる。

所が、ふと、足元を見ると、ナイフが入っている。
バターナイフじゃない、野菜を切ったり肉切ったりするシャープな奴だ。

「ぎゃー、貴方がこれを置いたのか?」
「そうだよ」
「馬鹿者!これは、ナイフだ。もし、チチが舐めたら舌を切ってしまう。もし舌を切ったら、事故じゃない!判らないのか、バターナイフと普通のナイフの違い!」
で奥さんは頭から火を噴いた。

時々、洗濯機を回して、ドライヤーにも入れてそれをバスケットに入れて上に運んでくれることがある。
たたみはしないが、気を使ってくれているのだなあ、と思う。

だが、洗濯機にはその辺のものを全部突っ込み、回らない量。
ドライヤーも入れすぎで、乾かない。
「ダメだってば。沢山いれると洗濯できない」
と言っても馬耳東風。

まあねえ。。。協力してくれるという部分は評価するけど。

ご飯の時も、何か頼むと、言った事はとりあえずするけれど、それ以上は出来ない。
これもなあ、子供相手だと思えばいいのか。

でも、今日は、地下室のドライヤーのベントの掃除を手伝ってもらった。
とにかく、古い家のためどうしてこういうデザインにしたのだ・と思うよ。
ドライヤーからベントは6M位天井に張り付いている。
それを時々掃除しないと、中にへばりついた糸くずが発火して火事の元となるのだが、業者に頼むと、数百ドルは取られる。
そこで、
「乾燥機を使っても乾かないのは、ベントが汚れているからだと思う。一人では出来ないので、手伝ってえー、ダデイ」と甘えた声でベッドに入って昼寝しようとしていたJPAPAを叩き起こした。

3時間かけて、パイプを外して中の掃除。
もう、大便秘の宿便落としのような、凄いことになっていた。

「ほらーー、これは凄い。危機一髪だった。一人では出来ない。手伝ってくれてありがとう」
と持ち上げたら、せっせと働いてくれた。
文句を言わなかったのは、先に、「やっぱりダデイが手伝ってくれると、出来る事があるのねえ」と持ち上げておいたからだ。

長い間、夫婦をやっていると、トーちゃんをいかに動かすかについては、エキスパートになるのだ。

だが。。。夫の秘密。
ビックリなのよ。ウッカリしてバレたのか。。。
それとも、何かのメッセージが込められているのか。

一体、これは何なのよ!と問い詰めたが、へへへと笑ってごまかし。。
黙秘権を行使して、全く口を割らない。

全く、外で何やっているのか、判らん!