シカゴ郊外で犬達と暮らすちょっと、古くなったお姉さん日記
2017.07.21 (金)

怖い事が起きている!

昨日、JPAPAがガンの疑いがあるので、組織検査を受けた。
近くの施設まで送って行って、終わったら迎えに行くことになっていたので、そのまま買い物に行ったら、電話が鳴った。
出ようと思ったのだが、幾らやっても出れない。
横にスライドしないと出れないことを知らなかった。
直ぐにかけなおすと、もう終わったから迎えに来てくれという。

30分もたっていない。
10分で終わったんだという。

「麻酔掛けたの?」
「掛けない」
「ええー、じゃ、針をタ0にぶちって刺したの?」
「違うよ、お尻の穴からだ」
「痛かった?」
「ウン。。。。でもドクターは何もヘンなものは見つからないと言っていた」
「大丈夫。あなたは大丈夫。でも年だから、ちゃんと検査した方がいい」

そして、午後はベッドで休んでいたが、5時になり、犬たちがパパと散歩したいとおねだりしたので、出かけたのだ。
「大丈夫?」
「ゆっくり歩けば大丈夫」
そして、帰ってくると
「ルーシーの所のハズバンド、肺癌だって」

ええええーーーー、一体ここで何が起きているのだ!!

私の知っている人たちだけで、今年に入って5人、肺癌。
それも、症状が同じなんだよ。
咳をして肺炎だと言われて、検査したら肺癌。

まず、友達の旦那。
今年に入って右腕が腫れて、病院で検査を受けたら肺右上にガンが見つかったが、治療できる種類だという事で、化学療法と放射線治療を開始。
一時は、車の運転も出来るようになったと言っていたら、家の中で何度もつまずき、倒れて救急に運ばれたら、キーモをしたときの針が汚染されていて、血液インフェクションを起こしてしまい、そのあと、毎日大量の抗生物質を点滴で打つことに。
それが終わったと思ったら、今度はおしっこが出なくなり、腎臓がやられてしまい、おしっこを排せつする処置をしたら、何リットルも出たという。
今はバッグをつけて、出している。
そして、数日前に友人と話したら、”予防の意味で”脳に放射線をかけるというのだ。

ええええーーーー、確かに肺癌が脳に転移するという話は聞いたことがあるが、まだ転移していない健康な脳に放射線を掛けるって、おかしくないのか?

そして、その次はドッグシッターさんで、咳をして病院に行ったら肺炎だと言われ、検査したら肺癌で、たったの一か月なのに、治る見込みはないという。彼女はタバコは吸わない。

そのあとは、ここのいわゆる町内会長みたいな人。
冬の間にフロリダに行っていて、咳を始めて肺炎だと診断されたが収まらないので帰ってから検査したら肺癌で、もうすでに脳に転移。

ハス前の夫婦。
フロリダに引っ越しすると言っていて、引っ越し前に奥さんがすい臓がんになった。

そして、今度は、ルーシーというワンコを飼っている方の旦那さんだ。
やっぱり、咳をして肺炎だと言われて、検査したら肺癌。
彼はゴルファーで犬の散歩も毎日していた。
20年前までタバコを吸っていたという。

一体、何なのだ!
近所の人達だけで、これだけ今年に入ってから病に倒れている。

何が原因なんだろう。
水だろうか?
それとも、裏のゴルフ場に撒かれる農薬か?

怖い話じゃないか。
 
変だ!~
私が知っている人たちだけでこれだけいるんだから、
知らない人たちの中でも、病に倒れている人が沢山いるのかもしれないじゃないか。

怖い。
JPAPAの検査が、何でもありませんように。
(JPAPAは酒もたばこもやりません)

タバコは、止めた方がいいよー。
何十年も経ってから、影響が出たりするんだね。
スポンサーサイト
 
2017.07.20 (木)

昨日作ったもの

暑かった。
当り前なのだが、日差しが尋常ではなく、焦げる感じだ。
毎朝、とりあえずドッグパークにいかないと、家の坊ちゃんたちは納得しない。
余りに暑かったので森の中を歩くことにしたが、
今度は蚊の大群に襲われた。

CIMG6492.jpg
CIMG6493.jpg
 
殆ど誰もいない。

CIMG6495.jpg
僕は、毎日、時間通りにここに来るって決めてるの。
来れば満足。

そして、余りにも暑いので、早々に切り上げて家に帰ると

CIMG6496.jpg
 ジャングル化した猫額庭のポットのトマトが一個だけ、赤くなっているではないか!
初収穫だ。

そして、午後は、また物作った。
今回は、Jrのセラピードッグ仲間だった故プリンスのママが、プリンス2号をブリーダーさんから引き取るという話を聞いたからだ。
これから、徹底的に訓練して、1年後にはセラピードッグデビューを目指すのだそうだ。

何かギフトを想ったが、ペットショップのギフトカードでは詰まらないな。
そうそう、ママさん、以前私がプレゼントした眼鏡ケースを気に入って使っていると見せてくれたが、かなりくたびれてきていた。

そこで、シェルテイーのデザインで、眼鏡ケースと、ポーチをお揃いで作ってみた。

CIMG6497.jpg
 左の犬のプリントの眼鏡ケースを以前数百個作ってみんなに配ったのだ。
だが、このサイズは、普通の眼鏡を入れるサイズ。
プリンスママはサングラスを入れているため、小さくて口が閉まらない。
そこで少し大きくした。

それに、お揃いのポーチ。
CIMG6498.jpg
 で、二つ並ぶ後こうなる。
CIMG6501.jpg
 
これは、デニムトートを作った時の余りを使ったので、もう一つ。

CIMG6499.jpg
 つけたベルトは取り外しができる。

そして、昨日の夜中から大嵐。
今朝も雷を伴っての集中豪雨。
どーなっているの?
川沿いの家々はまだ水没したままで、水が引かないのに、この集中豪雨じゃ、被害がもっと広がるんだろう。

日本でも池袋で大きなひょうが降ったっていうし、世界的に大変な異常気象!
 
2017.07.18 (火)

犬の誘拐事件

Jr.の行方不明事件にコメントを沢山頂き、有難うございました。

本当に、犬の誘拐事件はあるので、それを心配しました。
何しろ、Jrは子犬の時から優等生なので、自分でフラフラ好き勝手をする子ではないのです。
チチの方が、可能性がありますが、お母さん大好きなので、絶対に離れません。

先週も、誘拐事件がありました。
隣町で2歳のロットワイラーが横付けされた白いバンに連れ込まれて、誘拐です。
身代金などの要求はないようです。

それは、以前ドッグパークで多発していた誘拐と同じ理由だと思う。
ドッグパークでは、犬を連れてこない若い男たちが、駐車場のあたりで犬を物色。
大人しそうな犬を取り囲んで、’あっという間に連れ去るという手口。

これは、闘犬を訓練するときの”噛ませ犬”というベイトに使うため、大人しそうな犬を誘拐するのだそうです。

昨日は、もしかしたら、とこの事が頭をよぎり、ジーさんでマイルドで、大人しいJrがそんな闘犬の噛ませ犬にされたら、悲劇です。

ま、昨日のJrはお母さんがポーランド人のご夫婦とお喋りして動かなかったのが気に入らず、じゃ、自分でどっかに行っちゃうよ、という事だったんだと思う。

それでも、人間年齢91歳のJr.
耳が聞こえなくなったり、目が見えなくなったり、混乱したりすることは、これから起きるかもしれないので、
よく観察しながら、目は離せなくなったという事なんでございます。

妖怪年齢まで長生きしてほしいので、
頼むよ、Jr....

PS.私が毎日夕飯を作る話。
実は料理も掃除も家事は苦手なのであります。
仕方がなくやっておりますが、決してピカピカな掃除は出来ず、犬の毛がフロアーに溜まるので、掃除機をかけるくらい。
料理は、”素材の味を利かす’とかなんとか言っちゃって、手をかけない(掛けられない)殆ど料理とは言えないようなものばかり。
旨けりゃいいんだ、とテキトウなものばかりを作っております。
面倒な手のかかることは嫌いだ。なのでございます。
他に、やりたいことが沢山あり、それを考えると、飯は栄養バランスが取れて、安くて、簡単で美味しいものを食べるという、そういう方向性なってまいります。

出来れば、メイドさんがいて、全部やってくれればなあ、と夢見る毎日でございます。
 
2017.07.18 (火)

Jr.行方不明になる!(一時的)

おおー、ショッキングなタイトルだ。

今朝も涼しかった。
半袖Tシャツではうすら寒かった。

ドッグパークに行ったのだ。

CIMG6484.jpg

こんなにいい天気なのに、風が涼しく、ワンコたちは大喜び。

CIMG6485.jpg
 
こんなに涼しいのは異常だが、今日はロングで行くか?と何時も行かない拡張したエリアに行った。

CIMG6486.jpg
 前を歩くのは、毎朝会うポーランド人のご夫婦。
仲がいいのよ。
今日も手を繋いでいる。
マルチーズのチャーリー君を連れてくるのだけれど、毎朝、二人で一緒。

夫婦は仲がいい方がいい。
見ていてもほっこりする。

追いついてしまったので、奥さんとお喋りをし、彼女が私に毎日何を食べているのだ?と聞いてきたので、
「毎日、色々なメニューで料理している。買ってくると、塩が大量に入って居たり、砂糖が大量に使われていたりで私は食べられない。自分で料理すれば、どんな肉、どんな野菜を食べているのか安心できるからだ」
「ライスを食べるのか?」
「白いライスは、何にでも合う」
「ライスクッカーを使うのか?」
「日本のライスクッカーは優秀だ」
「買いたいのでアマゾンで見たが、どれがいいのか判らない。どのブランドを買えばいい?」
「例えば、象印とか、日本の会社のならどこでも大丈夫。日本人はライスを毎日食べるから、物凄くファッシーなんだから」

とお喋りをしていて、足元を見ると、チチしかいない。
あれ?Jrはどこ?

ここから、大捜索が始まったのだった。

「ジュニアー、ジュニアー、バイバイーーー」と叫んだが、出てこない。
このポーりッシュのご夫婦も、一緒に探してくれたが、忽然と姿が消えた。

誘拐された?
もしかすると、認知症が始まった?
耳が遠くなって呼んでいるのが聞こえない?

ええー、今、1分前まで、いたじゃない?
一体どこに行ってしまったの?

このご夫婦に、大丈夫ですから、先に行ってください、と言ってお母さんは一人で行ったり来たり。

ま、ここに通って10年以上だから、もしかすると、自分で駐車場に戻ったかもしれないと思い少し歩き始めると、後ろから誰かが叫んでいる。
何を言っているか判らないけれど、また戻ると、
「ここにいるわよー、Jr.!」

後ろからJrが出てきてお母さんの所に駆け寄った。

「この人の帽子と貴女の帽子を間違えて、彼に付いて行ってしまったらしいわ」

オジサンがお母さんと同じようなベージュの帽子を被っていて、途中でそのおじさんをお母さんと勘違いして追いかけて行ってしまったらしい。

おーーーーーーーい、目も悪くなったのか?
お母さんの匂いも判らなくなったのか?

この時は太陽が急激に照り付けて、灼熱地獄だったのだ。

認知症の始まりかもしれない。。。

そのまま、暑いので森に入り、
「何やっているのよ?どこに行っちゃったのよ」と説教をしたら、

CIMG6487.jpg
 聞こえない振りをしやがりました。

もーーー、心配かけやがって、ジーさん犬!!
 
2017.07.17 (月)

黒猫30匹

シェルターに行って煽てられて木に登ってしまったオバはんは、週末、黒猫30匹、フィニッシュいたしました。

まず、アニマルクラブ石巻に行く分。

CIMG6478.jpg

 カラフルなチェックのお洋服を着せましたの。
着物で作ると、逆輸入になってしまうので、ちょっとアメリカっぽい方がよいかしらん、と思ったのでありますよ。

 CIMG6479.jpg
CIMG6481.jpg

それとは別に、近所のシェルターに寄付の分。

CIMG6476.jpg
CIMG6477.jpg
 これは、カラフルな卵柄?
卵だとイースターになっちゃうか。
じゃ、卵じゃなくってドロップだと勝手に思う事にする。

周りに糸くずが一杯ついているけれど、これは後で、取りますよ。

この子たちは
CIMG6436.jpg
 この巨大なクマをリサイクル。
この熊はバレンタインの時に誰かがギフトで貰っていらないから教会に寄付したのを買ってきた。

皮の方も、全部猫ピローに変身させる予定でございます。

全部使う。
全部リサイクル、再利用。

面白いよー。
 
2017.07.16 (日)

怖い映画

昔から、ホラーが好きだった。
だから、沢山見てきたが、最近はみんな同じ。

リメイクだったり、日本のホラーを真似したものだったり。

詰まらん!

Youtubeを開けると、あのおばはんの浮腫んだ顔と素人さんの投稿ホラービデオばかりが並ぶが、嘘ばっかりだしなー、
本物だ、とうたってあっても、ああ、ここに挿入したのね、とかどうしてちらっと見える幽霊を撮るのに、カメラを振るのか?とか。。

それと、幽霊として出てくるのはどうして、髪が長くて白い服?
アメリカの素人ビデオも、出てくるのは黒髪で長くて白い服(大体はネグリジェ)
これは、リングや呪怨の影響がホラー業界にどれだけあったか?という証拠ねえ。。。


それに最近日本では、昼間から出るんだね。
恨みつらみ怨念を持って死んだ人が、その辺にたーくさん幽霊になってウロウロしているらしい。
日本は幽霊天国か?

などと冷めた目で見てしまうのは、オバはんだからか・・

それが、昨日観たのよ。
この映画!怖かったでー。

幽霊物じゃない。
宇宙物だ。

CIMG6475.jpg
LIFE

元祖エイリアンを見たときも衝撃的だったが、これも負けていない。

国際宇宙センターみたいな中で、火星だかどこかで見つけた小さなミジンコみたいな顕微鏡で観なければ見れないような生命体らしきもの。
それを培養して、温度を上げたり窒素の濃度を上げてみたり、動かない生命体を動かそうとする。
そして、活動を始めた生命体を見て、乗務員たちはみんな喜びぶ。
だが、その生命体は急激に成長する。
培養器に入れて作業していたドクターの手に絡みつくと、彼の手を砕いてしまう。

そこで、やっとみな気が付く。
「危険な生命体」

そこから、お決まりの宇宙船内での生命体との戦いが始まる。

これが、ヒトデとクラゲとタコを足して割ったような生命体。

見ていて、ぎゃーとかワーとか声を上げてしまったが、
とにかく一番怖いのは、映画の最後なのだよ!

こういう終わり方は今までなかった。
幽霊話なんかより、ずーーと怖い。

本当に最後は、
「ぎゃーーーぐあーー」で終わったのだ。

怖かった。。。。
あり得る事だ。

もし、こんなことが起こったなら。。。
地球は終わりだ。

宇宙船の乗務員の中に真田様がおられました。
すっかり国際スターです。
彼が出てくると何だか嬉しいのであります。

猛暑の中、怖い映画を観たかったら、
”LIFE”はお勧めです。
 
2017.07.15 (土)

シェルターに寄付に走った

2日ほど前、猛烈な嵐が直撃し、空は真っ暗。
集中豪雨の上、雹までバリバリと降ったのだ。
この辺りが、一番被害が出たとニュースで見たが、隣町は、膝下まで水が出て、未だに、水没している所が多数。
もしこれ以上雨が降ると、川が氾濫したり湖の水があふれだすと、大騒ぎなのだよ。

だが、ラッキーなことに、家の周りは大丈夫。
裏のゴルフ場が水没して池になったが、家の地下室浸水までは起きなかった。

良かった良かった。

そこで、今日、どうしても用事があり、ちょっと遠い町まで行かなければならないので、途中にあるシェルターに寄ることにした。

朝は肌寒くて、カーデガンを1枚羽織ったが、それでも寒かった。
おかしい天気。異常だ!!

ドッグパークに行くと、

CIMG6463.jpg
 この空。
不穏な感じがする。トルネードなんか発生しませんように。。

CIMG6464.jpg
 ジーさんも元気です。
でも、ジーさんには見えないよねえ。。。
親ばかで言っているのではなく、Jrは物凄く若いと思うよ。
毎朝走っているし、人間だったら91歳の仙人みたいなジーさんとは、全くイメージが合わないのだ。

やっぱり、真っ黒なサングラスをかけて、アルマーニを着たちょい悪エロジーさんよ。

CIMG6465.jpg

世界のブスカワも元気です。
ま、この子の場合は、イメージは、デブ夫人かしらね。

CIMG6467.jpg
肌寒い位だから、Jr達も連れて行こうかと思ったけれど、これで雲が切れて太陽が出れば、真夏の暑さになる。
やっぱり、ダメだわと、一旦家に帰って、寄付の物を積み込み、シェルターに行ったのだ。

 そうしたら、店の中に、コレクタブルな絵皿が並んでいたのよ。
それが、珍しいヨーキーが数枚。

CIMG6469.jpg
CIMG6470.jpg

アメリカでは、コレクタブルな絵皿ってあって、数を限定で売っているの。
それを1枚1枚、買って、コレクションする。

ヨーキーは珍しい。
これを見て、この間作ったバッグの、UMIちゃんを思い出してしまったわ。
UMIちゃんの方がずっとかわいいけれど。

CIMG6472.jpg
ここは、シェルターのアダプションセンターだから、大量の犬猫ちゃんはいない。
殆ど、フォスターさんのところで待機している。

でも、沢山の猫。

CIMG6473.jpg
 この子は落ち着いていると思ったら、8歳でよく目が見えないという。
近くに行ったら、猛烈な吠え方をした。
他にも大型犬がいたけれど、皆歯をむき出しに攻撃的。
一度アダプトされたけれど、戻されたと言っていた。
うーーん、この攻撃性は子供がいるファミリーでは、危険なレベル。

この子たちを世話していた女性に
CIMG6458.jpg
猫のお昼寝ピロー渡すと、

「キャー可愛い。猫エイズの子たちがいるから、その子たちにピローを使わせたい」と
大喜びされた。

「また作ってくるから」

猫の抱き枕と福猫も一箱。

CIMG5516.jpg
CIMG5515.jpg
CIMG0932.jpg

置いてきた。

黒猫ちゃんも一匹持って行ったら、その女性が欲しいというので、
「貴女に上げる。また沢山持ってくる」というと、
「車のダッシュボードの上に載せたい。嬉しい。有難う」
と喜んでもらえたよ。

この女性だってボランティア。
たまにはご褒美、貰ったていいのだ。

そして、オバはんは喜ばれて嬉しくなって、
「もっとつくちゃろうい」と思ったのであった。

煽てられると。。。木に登る。。。
 
2017.07.14 (金)

命は儚い。。。

毎日おちゃらけた事ばかりを書いているが、
今日は非常に真面目な少し重い話なので、週末にそんな話は聞きたくないという方はどうぞ、スルーしてください。

昨日の晩、メールが来た。
それは、以前何度も一緒にセラピードッグの仕事をした方が亡くなったというお知らせだった。
去年、彼女の犬が急に亡くなり、それでセラピードッググループから抜けたのだが、1年後に、今度は飼い主さんの方が亡くなったのだ。。。

ビックリしてしまい、そのまま考えてしまった。
何て、命は儚いのだろう。。。

ドッグシッターさんは6月初めに入院したが、肺炎だと言っていたのが、肺がんで手術を受けたが、もう、治るとかそういう段階ではないと知らされている。

そして、思うのは、人の命は判らない。
明日かもしれないし、10年後かもしれない。
それは、誰にもわからない。

だから、毎日大事に生きなくてはいけないのだよ。

若いから、年取っているから、
なんていう事は関係ないのだ。

そして、思う事は、自分はどれだけ人に支えられているかという事。
今まで日本に帰る、JPAPAのお供でラスベガスに行く、これを20年以上続けてきたが、それも、誰かが、大事な犬たちの面倒を見てくれていたから出来たこと。
ドッグシッターさんに、どれだけお世話になったことだろう。
安心して家を空けられたのも、彼女のお陰だ。

友人たちの顔も浮かぶ。
どれだけ皆にお世話になり支えて貰って来たのだろう。。。
日本に帰るたびに泊めてくれる美人女将。
20数年も本当にお世話になっている。
帰るたびに美味しいものをご馳走してくれる友人たち。
お買い物をお願いしても快く引き受けてくれる友人たち。
一年に一度の再会でも、お互いの無事を確認し、会うだけでも嬉しい。
何十年も友人でいてくれてありがとう。
皆、私の心の支えです。

愛してくれる旦那。
彼がいるから自分がいる。
もしもの事があったなら、私は後を追うかもしれない。
世界で一番大事な人だ。

大切にしなければ。
縁があって、この世で巡り合った人たちは、大切にしなければ。

私たちには、この世に生きるのにはタイムリミットがある。
それは、お金で買うことも、何かで変更することも出来ない。

だから、時間は大切なのだよ。

そこで、また思う。
YOUTUBEを見ようとすると、あのおばさんの顔が沢山出てくる。
スッピンで浮腫んだ顔をしながら、夫の不貞をなじっている。
何故、こんな事をするのだろうか。
不貞をした夫が許せないから、秘密を世界に暴露して、全面的に潰すつもり?
この姿が、みっともないという事を教えてくれるたった一人の友達もいないのか?

自分が投げた球は必ず自分に戻ってくる。
自分が吐いた毒も必ず自分に戻ってくる。

もう、そんなに時間がありません。
こんな姿でタイムリミットは、
寂しくありませんか?
 
2017.07.13 (木)

有難うごぜーますだ。

オバはんの最高の感謝の気持ち。

有難うごぜーますだ。

”4コマ日記 ざれ言たわ言 世迷い言”のもん母様が行われている”しりとり”に勝手に立候補したのだけれど、家の世界のブスカワチチ(乳)を選んでいただいた。

そして、似顔絵を描いてくださったの。
うちの子、こんなに可愛かった?
鼻のピンクのストライプが自慢です。

2017071316181995e.jpg
 
親ばかは承知です。
重症なのも承知です。

でも、なんて可愛いのだろうか?
さっそく、Tシャツにしてその辺を歩き回ってやるのだ。

もん母様、本当に有難う。
何かお礼をいたしませう。

そして、他の方のブログでペットを人間化するというのを見てやってみた。

Jr.は

CIMG6453.jpg
 人間年齢91歳。(ガーン)

憧れの長寿世代。
マイペースで多少の事は動じなくなりました。

だって。。。。。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そして、チチは

CIMG6454.jpg

人間年齢77歳
花のシルバー世代
常に若くいるために休んだら負けと思っている。

だって。。。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

世の中には物凄く才能が有り、そして、素晴らしいユーモアを持っている人が沢山いる事を、このブログを始めて知ったのである。

そして、世の中には面白いことが沢山あることも知ったのである。

人生は( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
些細な事でも楽しいと思えば、こんなに楽しい事はない!

さて、このところ、色々リメイク中だが、またそぞろ、シェルターに寄付に行こうと思っている。
そこで、昨日作ったのは、

CIMG6458.jpg
 ケージの中の猫達のため、お昼寝枕を作った。

CIMG6460.jpg
黒のフェルトが手に入ったので、黒猫ちゃんを30体ばかり同時制作。
後は、洋服を作って着せるだけだ。

どーーん、と寄付しようと思っている。
 
2017.07.13 (木)

いぬのえ工房さんコラボトート第6弾。

コラボトート第6弾はニャンコ達です。

コタロウ君とNailちゃん。。

中トートデニム。

CIMG6455.jpg
CIMG6456.jpg

落ち着いた大人の感じになりました。

CIMG6457.jpg
 後ろはこんな感じです。

COCOMAMA、気に入ってもらえましたか?